また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1204509 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

南高尾山稜

日程 2017年07月23日(日) [日帰り]
メンバー
天候曇り後雨
アクセス
利用交通機関
自転車

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち50%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間35分
休憩
0分
合計
5時間35分
S清滝駅06:0011:35高尾山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
途中スマホのGPSがおかしくなってしまい、ログが途切れてしまいました
過去天気図(気象庁) 2017年07月の天気図 [pdf]

写真

清滝駅前では、ナイトハイク帰りらしき高校生の集団が
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
清滝駅前では、ナイトハイク帰りらしき高校生の集団が
あちこちにヤマユリが咲いていました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あちこちにヤマユリが咲いていました
高尾山から大垂水までの最短ルートは閉鎖中
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高尾山から大垂水までの最短ルートは閉鎖中
平成30年2月いっぱいまで閉鎖のようです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平成30年2月いっぱいまで閉鎖のようです
というわけで、一丁平から大垂水へ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
というわけで、一丁平から大垂水へ
一丁平から大垂水の間の区間は誰にもあわず、静かでした
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一丁平から大垂水の間の区間は誰にもあわず、静かでした
この分岐(左に降りる道)の先は少し寂しい感じでした
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この分岐(左に降りる道)の先は少し寂しい感じでした
大垂水峠。いつもクルマやバイクで通ってる甲州街道の上の歩道橋渡ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大垂水峠。いつもクルマやバイクで通ってる甲州街道の上の歩道橋渡ります
大洞山の手前のこのベンチで小休止したとき、帽子を落としたのに気がついて、10分ほど戻りました。見つかってよかった
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大洞山の手前のこのベンチで小休止したとき、帽子を落としたのに気がついて、10分ほど戻りました。見つかってよかった
南高尾山稜は、よく整備されていて気持ちよい道でした
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南高尾山稜は、よく整備されていて気持ちよい道でした
住宅の脇に出ました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
住宅の脇に出ました
清滝駅から見て甲州街道の向かいにある橋本屋の脇の道(写真中央)に出てきます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
清滝駅から見て甲州街道の向かいにある橋本屋の脇の道(写真中央)に出てきます

感想/記録

初めて南高尾山稜を歩いてみました。
お散歩気分だったので軽い気持ちで行ったんですが、意外と細かいアップダウンがあり、7月の暑い時期なのでなかなか消耗しました。
トレーニングのつもりで荷を重くするために水を4リットル担いで行ったんですか、3リットルほど飲んでしまった…
飲み過ぎかもしれませんが、そのくらいの大汗かきました。
夏の低山はキツイですね〜。
訪問者数:82人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

ヤマユリ ナイトハイク
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ