ヤマレコ

記録ID: 1205936 全員に公開 沢登り近畿

≪沢登り≫万ヶ谷(阿舎利山)

日程 2017年07月23日(日) [日帰り]
メンバー
 bucch(CL)
 cerro(SL)
, その他メンバー4人
天候くもり
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

10:50ソーメン滝(入渓)→12:30連瀑帯(昼食)→14:50最上段20m滝高巻き(終了)→16:00下山

写真

R29ソーメン滝
2017年07月23日 10:49撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
R29ソーメン滝
1
入渓地点は苔で滑りやすい
2017年07月23日 10:50撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
入渓地点は苔で滑りやすい
2
登山道を下山
2017年07月23日 15:29撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道を下山
1

感想/記録

2014年07月05日(土)万ヶ谷(阿舎利山) 兵庫に残された秀渓を遡行しよう
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-475221.html

感想/記録
by bucch

【MMさんの例会記録】
交通渋滞も無くスムーズに走れて、若干の遅れで日ノ原集落に到着し、スタートできました。
入渓地点であるソーメン滝横の緩い岩斜面は苔と泥で滑りやすく、早々から、みんながズルズル.....。谷から“なめんなよ!!!”と言われている気がしましたが、おかげでみんなの気合がしゃきっと入ったと思われます。
必要に応じてお助けヒモも使いながら、順調に遡行し、連瀑帯の下流で12時を過ぎたので昼食。
昼食後、再度気合を入れなおして連瀑帯を通過し、本コース最後の高巻きに挑戦です。滑りやすい苔のついた岩壁を含む急斜面にロープを張り、自己ビレイをしながら、順に登攀しました。ロープ張りのリードクライマーが登攀時に一回と、張られたロープで確保しながらの登攀時に一回、それぞれスリップによる1m程度の滑落がありましたが、滑らかな岩面、近くに立木があったことなどが幸いし、大事には至りませんでした。緊張と細心の注意を要する登攀でしたが、全員無事にクリアできました。そこからは、ほぼ平坦な沢歩きの後、よく手入れのされた杉林のなかの登山道を経て、日ノ原集落へ下山しました。
暑くも無く、寒くも無いお天気と、冷た過ぎない水温で、適度なスリルのある、快適な歩きになりました。帰りは、帰路沿いすぐ近くの「波賀温泉・楓湯」。窓が広く、明るくゆったりしたお湯で、ゆっくり、さっぱりできました。

<コース状況>苔で滑りやすいところがあり、慎重・注意深い歩きが必要。駐車できる日ノ原集落と入渓地点が近く、アクセスが便利。
訪問者数:233人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

滑落 高巻き 登攀 クリ ビレイ
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ