ヤマレコ

記録ID: 1218003 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走北陸

あじち山〜五軒丁山【石川百名山最低峰はオニユリとSUNSETの楽園】

日程 2017年08月05日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
白山市八田町の八田農村公園「オニユリの里」を目指そう。
駐車場には10台程度停められます。
男女別のトイレもございます。
詳しくは下記HPもご覧くださいませ。
http://www.urara-hakusanbito.com/spot/view/241
また五軒丁山情報に関してもこちらのHPをご参考になさってくださいませ。
http://kimassi.net/hana/takematukaihin.html
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
1時間10分
休憩
3分
合計
1時間13分
S八田農村公園駐車場17:4017:44あじち山17:4517:50サイクリングロード18:15五軒丁山登山口18:24五軒長山18:2618:28五軒丁山登山口18:53八田農村公園駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登山ポスト登山届ありません。
あじち山の道(公園散策路)はきっちり整備されていますので危険個所はありません。
五軒丁山の道(ハマナス群生地散策路)も整備は行き届き山頂まで明朗ですが一部だけ若干藪が覆い尽くしている箇所がございます。

あじち山のオニユリ群生地及び五軒丁山のハマナス群生地では共に蚊やハチが飛び交っていますので虫よけ対策を万全に施し、出来れば長袖シャツ&長ズボンで挑まれるのが無難であります。
いくら目の前が海水浴も楽しめそうな砂浜が広がっているとは言えども海パン&ビーサンで挑むのは無謀でございます。
ちなみに私は太ももとふくらはぎをハチに刺され、その日の夜はジンジンビリビリしていました。

尚こちら両座には日本の山岳地帯に数多く生息するクマやイノシシ、サルといった獰猛な獣は確認されておりません。
稀に確認されるのは真夏の浜辺でたむろする通称「ヤンキー」と呼ばれるバカ明るい性格をした二足歩行動物でございます。
主に群れを成して夜間を中心に活動していますが時には超危険な無差別型急襲を謀る類も存在しますので注意すること。
納涼を兼ねたナイトハイクを挑まれますと、「おっ!あそこにカモがいるぜ!」とターゲットにされる恐れあるので極力単独山行はしないこと。
その他周辺情報お近くには徳光S.A横に「松任CCZ温泉」がございます。
この時期ですと海水浴を終えられた直後にご利用していただけますと便利よね。
詳しくは下記HPをご覧下さいマセ。
http://www.hakusan-spa.com/c6032.html

装備

備考 五軒丁山の稜線上でヤブ漕ぎがあったのでそれを踏破するのに長靴を履いてきたのは正解だったと思ったのですがステテコで挑んだのは失敗だった
やっぱ山登りをしているんだから舐めた軽装をしてちゃダメね。

写真

八田農村公園

オニユリのお花が旬を迎えたわよ。
地元民である私としてはこれを見ない訳にはいかない。
だけど今回のMISSIONは「石川百名山最低峰二座制覇」を重点に置いてお花と共に楽しんでみる事にするわ。
駐車場には園内の案内板がございましたけれどお目当ての「あじち山(三角点の場所も)」の表記がされていないのよね。
それは「自分で探せ」って事を意味するのかしら?。
フフン、上等だわ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八田農村公園

オニユリのお花が旬を迎えたわよ。
地元民である私としてはこれを見ない訳にはいかない。
だけど今回のMISSIONは「石川百名山最低峰二座制覇」を重点に置いてお花と共に楽しんでみる事にするわ。
駐車場には園内の案内板がございましたけれどお目当ての「あじち山(三角点の場所も)」の表記がされていないのよね。
それは「自分で探せ」って事を意味するのかしら?。
フフン、上等だわ。
登山開始

駐車場を出発し「入口」と書かれた表示板が真っ先に目に付くわよ。
あじち山登山口とはなっていませんがこの公園一帯全てがあじち山の総称と思えばいいのかしらね。
って言うかこちらに訪れる行楽者の内であじち山を意識して来られるお方は1%もいるかしら?
まぁそんな事はどうでもいいわね。
それよりも主役を担うバレンシアカラーのお花が遠目からでもかなり目立ちますわよ。
わ〜お!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山開始

駐車場を出発し「入口」と書かれた表示板が真っ先に目に付くわよ。
あじち山登山口とはなっていませんがこの公園一帯全てがあじち山の総称と思えばいいのかしらね。
って言うかこちらに訪れる行楽者の内であじち山を意識して来られるお方は1%もいるかしら?
まぁそんな事はどうでもいいわね。
それよりも主役を担うバレンシアカラーのお花が遠目からでもかなり目立ちますわよ。
わ〜お!
オニユリさま

どうでしょうか、まだツボミもチラホラと見受けられますがほぼ満開に近い状態と言っていいわね。
「OH!NICEね〜」。
ただ私のアップが世に出る頃には散っているかも…。
いや、散っているに違いないわ(スマン)。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オニユリさま

どうでしょうか、まだツボミもチラホラと見受けられますがほぼ満開に近い状態と言っていいわね。
「OH!NICEね〜」。
ただ私のアップが世に出る頃には散っているかも…。
いや、散っているに違いないわ(スマン)。
5
最盛期

先日地元新聞の記事にも載っていましたがこちらには約15000本のオニユリが咲き乱れるらしいねん。
ホントかどうかちょっと数えてみましょうかしら。
「1本、2本、3本、…、14999本、15000本!」。
「あらまぁホントだわ!」。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最盛期

先日地元新聞の記事にも載っていましたがこちらには約15000本のオニユリが咲き乱れるらしいねん。
ホントかどうかちょっと数えてみましょうかしら。
「1本、2本、3本、…、14999本、15000本!」。
「あらまぁホントだわ!」。
5
あった!

園内を見回して何となく一番標高が高そうな場所をチェック!
「おそらくこの辺りかな〜?」みたいな場所に標準を定めてみたがそこは結構藪が覆い尽くされていてかなり難儀しそうやねん。
でも何となく踏み跡もあるのでモソモソと藪を漕いでみる事にしたわ。
「BINGO!」。
ほ〜ら思った通りだったわ!。
つってもあったのは国土地理院の三角点表記の白い棒だけなんだけど…。
肝心の三角点はどこにあるのよ???
ちょいともう一度藪の海の中を平泳ぎで潜ってみるわね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あった!

園内を見回して何となく一番標高が高そうな場所をチェック!
「おそらくこの辺りかな〜?」みたいな場所に標準を定めてみたがそこは結構藪が覆い尽くされていてかなり難儀しそうやねん。
でも何となく踏み跡もあるのでモソモソと藪を漕いでみる事にしたわ。
「BINGO!」。
ほ〜ら思った通りだったわ!。
つってもあったのは国土地理院の三角点表記の白い棒だけなんだけど…。
肝心の三角点はどこにあるのよ???
ちょいともう一度藪の海の中を平泳ぎで潜ってみるわね。
1
ターゲット1GET!

あった!あった!
念願の三等三角点点名「八田」を見事GETしたわよ。
毎年この時期にここへ訪れては探していたんだけど中々見つけられなくてね〜。
かなり藪がボーボーと生い茂る中をこんなに埋まっていたんじゃ分かんないわよ。
でも今は川口浩になった気分でとてもHAPPYよ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ターゲット1GET!

あった!あった!
念願の三等三角点点名「八田」を見事GETしたわよ。
毎年この時期にここへ訪れては探していたんだけど中々見つけられなくてね〜。
かなり藪がボーボーと生い茂る中をこんなに埋まっていたんじゃ分かんないわよ。
でも今は川口浩になった気分でとてもHAPPYよ。
2
あじち山PEAK1753cm制覇!

ここが地図にも載っていない幻の石川百名山最低峰の頂なのか。
藪の中で謎のベールに包まれたシークレット三角点を見つけた時にはめっちゃ興奮したが、その反面PEAK HUNTの達成感はこれっぽっちも芽生えやしない。
だってここはどう見たってただの丘なんだもん…。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あじち山PEAK1753cm制覇!

ここが地図にも載っていない幻の石川百名山最低峰の頂なのか。
藪の中で謎のベールに包まれたシークレット三角点を見つけた時にはめっちゃ興奮したが、その反面PEAK HUNTの達成感はこれっぽっちも芽生えやしない。
だってここはどう見たってただの丘なんだもん…。
6
お花畑の山頂

でもまぁ、これが本来のお山のあるべき姿なのよ。
どこぞのお山にでもありうるような山頂一帯を小綺麗に刈り払い、ウチの墓石よりも立派な標柱が立ててあるようなロケーションに比べたら断然好感が持てるわ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お花畑の山頂

でもまぁ、これが本来のお山のあるべき姿なのよ。
どこぞのお山にでもありうるような山頂一帯を小綺麗に刈り払い、ウチの墓石よりも立派な標柱が立ててあるようなロケーションに比べたら断然好感が持てるわ。
5
満開

青空にスパニッシュな色合いは良く栄えるわね。
お花の爆咲度で言ったら白山北弥陀ヶ原のニッコウキスゲにも負けちゃいないわよ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
満開

青空にスパニッシュな色合いは良く栄えるわね。
お花の爆咲度で言ったら白山北弥陀ヶ原のニッコウキスゲにも負けちゃいないわよ。
9
お淑やかな美しい横顔

私は鬼百合子さんの美しい横顔に見惚れてしまった。
「ん?、私の顔に何か付いてる?」。
「い、い、いえ…」。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お淑やかな美しい横顔

私は鬼百合子さんの美しい横顔に見惚れてしまった。
「ん?、私の顔に何か付いてる?」。
「い、い、いえ…」。
2
緊張の接近(ZOOM)

百合子さんが頬を赤らめながら恥ずかしそうにボクに語った。
「もっと…、こっちへ…、来て…」。
ボクはドキドキした(これって…)。
「えっ⁉…。あ、あ、あの…、ボ、ボク、しゅ、しゅ、宿題があるので失礼いたします…」。
(くわぁ〜バカ!、、、俺のバカ!。何でこのタイミングで目を閉じなかったんだ〜!!!。ウウウウ〜)
青い少年の夏の恋物語は終わった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
緊張の接近(ZOOM)

百合子さんが頬を赤らめながら恥ずかしそうにボクに語った。
「もっと…、こっちへ…、来て…」。
ボクはドキドキした(これって…)。
「えっ⁉…。あ、あ、あの…、ボ、ボク、しゅ、しゅ、宿題があるので失礼いたします…」。
(くわぁ〜バカ!、、、俺のバカ!。何でこのタイミングで目を閉じなかったんだ〜!!!。ウウウウ〜)
青い少年の夏の恋物語は終わった。
2
1977(Eagles)

あじち山のオニユリ天国から離れしおさいロードをまたぐ歩道橋に進み海を目指す。
そこで目の当たりにした景色を見てなんとなく1977年にフィードバックした。
Eaglesの名曲「ホテルカリフォルニア」のジャケットphotographっぽいロケーションを連想してしまったのだ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1977(Eagles)

あじち山のオニユリ天国から離れしおさいロードをまたぐ歩道橋に進み海を目指す。
そこで目の当たりにした景色を見てなんとなく1977年にフィードバックした。
Eaglesの名曲「ホテルカリフォルニア」のジャケットphotographっぽいロケーションを連想してしまったのだ。
4
ハマゴウさん

浜辺の丘陵地にやってきた。
この一帯は八田の町内会の皆さまでも手に負えないぐらいの雑草がボーボーに生い茂っているわ。
でもそんな中で見事な群落を見せているハマゴウさんが目に付いたわ。
近寄ってみますとほのかないい香りが漂ってくるの。
花の名前の由来も「浜辺で香りを放つ植物」ということで「浜香」からきているようよ。
葉っぱをお風呂に浮かべるといい香りがするらしいねん。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハマゴウさん

浜辺の丘陵地にやってきた。
この一帯は八田の町内会の皆さまでも手に負えないぐらいの雑草がボーボーに生い茂っているわ。
でもそんな中で見事な群落を見せているハマゴウさんが目に付いたわ。
近寄ってみますとほのかないい香りが漂ってくるの。
花の名前の由来も「浜辺で香りを放つ植物」ということで「浜香」からきているようよ。
葉っぱをお風呂に浮かべるといい香りがするらしいねん。
3
八田ビーチ

丘陵地からは海が一望できる。
波も穏やか。
沖までゴムボートを出してキス釣りを楽しんでいる釣り人がいるわね。
夏の海の風物詩って感じね〜。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八田ビーチ

丘陵地からは海が一望できる。
波も穏やか。
沖までゴムボートを出してキス釣りを楽しんでいる釣り人がいるわね。
夏の海の風物詩って感じね〜。
4
サイクリングロード

海辺に沿って走るサイクリングロードに出たわよ。
と言っても車が普通に行き来してんねんけどな。
ギアを1速からシフトチェンジしようともせずにガーガーとエンジン音をうるさく走らせる漁師ジジーの軽トラが通り過ぎていきよんねん。
全く杉山清貴のThe Dream的雰囲気が台無しだわ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
サイクリングロード

海辺に沿って走るサイクリングロードに出たわよ。
と言っても車が普通に行き来してんねんけどな。
ギアを1速からシフトチェンジしようともせずにガーガーとエンジン音をうるさく走らせる漁師ジジーの軽トラが通り過ぎていきよんねん。
全く杉山清貴のThe Dream的雰囲気が台無しだわ。
4
BEACHのダンボー君

おお〜、ダンボー君は海をバックにしても結構イケてるわね。。。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
BEACHのダンボー君

おお〜、ダンボー君は海をバックにしても結構イケてるわね。。。
2
次なるMISSIONへ

最終ターゲットの五軒丁山へは今歩いているこのつまんないサイクリングロードをひたすら南下すりゃそのうちに登山口に辿り着くの。
浜辺にビキニ姿の美しい女性でもいれば目の保養にもなって気が紛れるんだけれど(もちろんその時は篠山紀信テンションよ)、いるのはイガグリ頭をしたイモっぽい地元中学生のボクちゃん3人組だけなのよ。
やはり湘南海岸とは格が違い過ぎるわ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次なるMISSIONへ

最終ターゲットの五軒丁山へは今歩いているこのつまんないサイクリングロードをひたすら南下すりゃそのうちに登山口に辿り着くの。
浜辺にビキニ姿の美しい女性でもいれば目の保養にもなって気が紛れるんだけれど(もちろんその時は篠山紀信テンションよ)、いるのはイガグリ頭をしたイモっぽい地元中学生のボクちゃん3人組だけなのよ。
やはり湘南海岸とは格が違い過ぎるわ。
3
アングラーたちのシルエット

太陽をバックに人が写っているシーンってのは躍動感があって実にいいよね。
「ツ・レ・マ・ス・カァァァァ???」。
…。
釣れてないみたい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アングラーたちのシルエット

太陽をバックに人が写っているシーンってのは躍動感があって実にいいよね。
「ツ・レ・マ・ス・カァァァァ???」。
…。
釣れてないみたい。
5
五軒丁山登場

歩くと退屈すぎて長く感じたサイクリングロードであったがようやく最終ターゲットの五軒丁山に迫ってきたわよ。
ちなみにこのお山なら海抜0mから挑む気になれそうだ。
んが、心の中のもう一人の自分が「おいおい!めんどくせ〜事を言うんじゃね〜よ!(砂浜だって熱いじゃね〜かよ)」と猛反発し結局は押し切られる形となる。
ですので私がズボラだとは思わないで。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五軒丁山登場

歩くと退屈すぎて長く感じたサイクリングロードであったがようやく最終ターゲットの五軒丁山に迫ってきたわよ。
ちなみにこのお山なら海抜0mから挑む気になれそうだ。
んが、心の中のもう一人の自分が「おいおい!めんどくせ〜事を言うんじゃね〜よ!(砂浜だって熱いじゃね〜かよ)」と猛反発し結局は押し切られる形となる。
ですので私がズボラだとは思わないで。
4
倉部川河口

恋と魚釣りは粘ってこそナンボって言うけどな、上手い事いかへん時の方がナンボでもあんねん。
「ね〜、デートで釣りってつまんないわ」。
「だって全然釣れないじゃな〜い…」。
「あ〜退屈!」。
「私、暇だから携帯で釣りゲームしているわね」。
「キャ〜!、釣れた釣れた!」。
「ほら見て見て!、マグロよ」。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
倉部川河口

恋と魚釣りは粘ってこそナンボって言うけどな、上手い事いかへん時の方がナンボでもあんねん。
「ね〜、デートで釣りってつまんないわ」。
「だって全然釣れないじゃな〜い…」。
「あ〜退屈!」。
「私、暇だから携帯で釣りゲームしているわね」。
「キャ〜!、釣れた釣れた!」。
「ほら見て見て!、マグロよ」。
3
攻略ルート

ほ〜ら五軒丁山の取付きが見えてきたわよ。
山頂まで攻め込むコース取りは画像に記したように進むからね。
って言うか、やっとヤマレコっぽくなってきたのでホッとしたわ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
攻略ルート

ほ〜ら五軒丁山の取付きが見えてきたわよ。
山頂まで攻め込むコース取りは画像に記したように進むからね。
って言うか、やっとヤマレコっぽくなってきたのでホッとしたわ。
2
五軒丁山登山口

さぁ登山口に到着よ。
つってもここが「五軒丁山登山口」と記された標識はありません。
だけどいかにも「ここからどうぞ!」みたいな踏み跡もございますので迷い様がありませんわ。
それでも分からない様でありましたら「竹松海岸ハマナス群生地」の立て看板もありますのでそれを目印にするといいわね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五軒丁山登山口

さぁ登山口に到着よ。
つってもここが「五軒丁山登山口」と記された標識はありません。
だけどいかにも「ここからどうぞ!」みたいな踏み跡もございますので迷い様がありませんわ。
それでも分からない様でありましたら「竹松海岸ハマナス群生地」の立て看板もありますのでそれを目印にするといいわね。
2
ハマナスさん

花期は残念ながら終盤を迎えていた。
どこかに売れ残りはないものかと探してみたら何とか一株だけ見つけたわよ。
だけど今日はもう閉店時間に迫ってきているので30%引きのおつとめ品となるのは時間の問題かしらね。
このお花は流石にバラ科に属していますのでとても良い香りを放っていたわ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハマナスさん

花期は残念ながら終盤を迎えていた。
どこかに売れ残りはないものかと探してみたら何とか一株だけ見つけたわよ。
だけど今日はもう閉店時間に迫ってきているので30%引きのおつとめ品となるのは時間の問題かしらね。
このお花は流石にバラ科に属していますのでとても良い香りを放っていたわ。
5
ハマナスさんの実

ハマナスさんは花期を終え代わって実がボコボコ生っていた。
ひょっとしてコイツぁ食えるんじゃね〜の?
まぁパッと見プチトマトにも似ているからね。
※ジャムにすると旨いらしいねん。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハマナスさんの実

ハマナスさんは花期を終え代わって実がボコボコ生っていた。
ひょっとしてコイツぁ食えるんじゃね〜の?
まぁパッと見プチトマトにも似ているからね。
※ジャムにすると旨いらしいねん。
3
標高1900cmの稜線

登山口から取付き始め、のんびりと登っても2分30秒で稜線に出られたわよ。
そうね、登山口でカップヌードルにお湯を注ぎそろりそろりと稜線まで登ってきてたら丁度食べごろになるって程の距離よ。
稜線は標高の割には高度感もしっかりあってオマケに見晴らしも良い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高1900cmの稜線

登山口から取付き始め、のんびりと登っても2分30秒で稜線に出られたわよ。
そうね、登山口でカップヌードルにお湯を注ぎそろりそろりと稜線まで登ってきてたら丁度食べごろになるって程の距離よ。
稜線は標高の割には高度感もしっかりあってオマケに見晴らしも良い。
2
稜線からの見晴らし

俗に言う竹松海岸よ。
五軒丁山は石川県で一番夕陽が美しく楽しめるお山じゃないかしら。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線からの見晴らし

俗に言う竹松海岸よ。
五軒丁山は石川県で一番夕陽が美しく楽しめるお山じゃないかしら。
5
稜線からの見晴らし

こちらは東方向の金沢市街地方面。
その奥には我がホームグラウンドの医王山が鎮座しているわ。
今日は残念ながら見えないんだけど空気の澄んだ日には医王山の左隣に劔立山連峰のシルエットも浮かび上がるのよ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線からの見晴らし

こちらは東方向の金沢市街地方面。
その奥には我がホームグラウンドの医王山が鎮座しているわ。
今日は残念ながら見えないんだけど空気の澄んだ日には医王山の左隣に劔立山連峰のシルエットも浮かび上がるのよ。
3
いざ!

さぁ泣いても笑ってもこれが最後よ。
これからいよいよ敵城本丸攻めと行きますわ。
五軒丁山山頂方へ延びる道にはオレンジ色のお花がたくさん咲いていて、この美しい夕景と見事にマッチしていたわ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いざ!

さぁ泣いても笑ってもこれが最後よ。
これからいよいよ敵城本丸攻めと行きますわ。
五軒丁山山頂方へ延びる道にはオレンジ色のお花がたくさん咲いていて、この美しい夕景と見事にマッチしていたわ。
1
夕陽とオニユリさん

オレンジ色のお花の正体はオニユリさんだったわ。
夕陽と海をバックにした貴女は素敵すぎよ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夕陽とオニユリさん

オレンジ色のお花の正体はオニユリさんだったわ。
夕陽と海をバックにした貴女は素敵すぎよ。
8
核心の藪こぎ

五軒丁山山頂までもうほんのチョイってところで腰上くらいの藪に阻まれる。
(足元の道は何とか確認できる)
オラオラ〜!とお構いなしに進軍すると足がチクチクして痛い。
この藪の一部はハマナスさんも迫出しており、流石はバラ科とあって茎にチクチクしたトゲがあり容赦なくズボンの上から太もも辺りを攻撃してきよんねん。
また、それとは別に藪の中にハチの巣もあったようでヤツらからの猛攻撃まで食らう始末となった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
核心の藪こぎ

五軒丁山山頂までもうほんのチョイってところで腰上くらいの藪に阻まれる。
(足元の道は何とか確認できる)
オラオラ〜!とお構いなしに進軍すると足がチクチクして痛い。
この藪の一部はハマナスさんも迫出しており、流石はバラ科とあって茎にチクチクしたトゲがあり容赦なくズボンの上から太もも辺りを攻撃してきよんねん。
また、それとは別に藪の中にハチの巣もあったようでヤツらからの猛攻撃まで食らう始末となった。
1
祝 五軒丁山PEAK1994cm制覇!

最終MISSION四等三角点点名「村井」GET!
当初の目論見としては鼻歌混じりでサクっと攻略して速やかに下山と思っていたのですが、思いのほかPEAK前の藪&ハチ攻勢を食らってしまい山頂制覇の喜びも3割くらいに留まっている。
とにかく太ももがジンジンして痛くて、また下山時に同じ場所を通過しなくちゃいけないと思うと気が重くなっていた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
祝 五軒丁山PEAK1994cm制覇!

最終MISSION四等三角点点名「村井」GET!
当初の目論見としては鼻歌混じりでサクっと攻略して速やかに下山と思っていたのですが、思いのほかPEAK前の藪&ハチ攻勢を食らってしまい山頂制覇の喜びも3割くらいに留まっている。
とにかく太ももがジンジンして痛くて、また下山時に同じ場所を通過しなくちゃいけないと思うと気が重くなっていた。
2
五軒丁山山頂からの眺め

倉部川河口では粘りのアングラーたちが魚に対してストーカー行為を続けている。
彼らの晩御飯のおかずが掛かっているから中々諦められないようだ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五軒丁山山頂からの眺め

倉部川河口では粘りのアングラーたちが魚に対してストーカー行為を続けている。
彼らの晩御飯のおかずが掛かっているから中々諦められないようだ。
1
Realtime To Paradise

若い男女が手を握り波打ち際に立っているシルエットも含まれていたら五つ星だったわ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
Realtime To Paradise

若い男女が手を握り波打ち際に立っているシルエットも含まれていたら五つ星だったわ。
4
そしてこんな事もする二人

「チッ、何これ?」。
私は浜辺でこんなのを見つけたら容赦なく踏むわ。
そして海水をブッ掛けるわ。
ふっふっふっふ。
どうぞ、お幸せに…。
※この画像はネットからの抜粋です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そしてこんな事もする二人

「チッ、何これ?」。
私は浜辺でこんなのを見つけたら容赦なく踏むわ。
そして海水をブッ掛けるわ。
ふっふっふっふ。
どうぞ、お幸せに…。
※この画像はネットからの抜粋です。
2
クライマックス

彼らにしてみればこれからがクライマックス。
彼らは水面と竿先の当たりに全神経を集中させる張り詰めた時間帯を迎えるがこの素敵なロケーションも勿論堪能するのよ。
私も堤防にどっかりと座りボーっとしながら眺めていたいわ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クライマックス

彼らにしてみればこれからがクライマックス。
彼らは水面と竿先の当たりに全神経を集中させる張り詰めた時間帯を迎えるがこの素敵なロケーションも勿論堪能するのよ。
私も堤防にどっかりと座りボーっとしながら眺めていたいわ。
3
復路も長い

長大な倉部専光寺アルプスの1800cm級の峰々が海岸沿いに連なる。
それを横目にしながらサイクリングロードを歩いているがはっきり言って飽きる。
気晴らしにサザンのミスブランニューディーを大声で歌いながら歩いてみるが途中で歌詞が分からなくなり口パクに変わる。
それを浜辺で聴いていた漁師のジジーと目が合ってしまった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
復路も長い

長大な倉部専光寺アルプスの1800cm級の峰々が海岸沿いに連なる。
それを横目にしながらサイクリングロードを歩いているがはっきり言って飽きる。
気晴らしにサザンのミスブランニューディーを大声で歌いながら歩いてみるが途中で歌詞が分からなくなり口パクに変わる。
それを浜辺で聴いていた漁師のジジーと目が合ってしまった。
2
フル装備

今日の私のコスチュームはステテコに長靴よ。
はっきり言ってBEACHでこのbyシマムラファッションは浮きまくっているわ。
「この人、何処から来たん?」みたいな夢遊系徘徊者を見るような視線がビシビシ来よんねん。
でも想定外のヤブ漕ぎ遭遇時ではこの長靴がめっちゃ威力を発揮してくれましたので敢闘賞の表彰状を贈りたいと思っています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
フル装備

今日の私のコスチュームはステテコに長靴よ。
はっきり言ってBEACHでこのbyシマムラファッションは浮きまくっているわ。
「この人、何処から来たん?」みたいな夢遊系徘徊者を見るような視線がビシビシ来よんねん。
でも想定外のヤブ漕ぎ遭遇時ではこの長靴がめっちゃ威力を発揮してくれましたので敢闘賞の表彰状を贈りたいと思っています。
4
出航

沖には夜の漁に出向くイカ釣り船でしょうかしら?
太陽に向かって航行しているわ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
出航

沖には夜の漁に出向くイカ釣り船でしょうかしら?
太陽に向かって航行しているわ。
1
刻一刻

山ではご来光をよく見に行くが夕陽となるとやっぱり海がいいね。
丁度航行する船がいいアクセントになって構図的にはグーだわ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
刻一刻

山ではご来光をよく見に行くが夕陽となるとやっぱり海がいいね。
丁度航行する船がいいアクセントになって構図的にはグーだわ。
1
カウントダウン

もうすぐで日没を迎える。
今日は陽が沈むまでのんびりと眺めていこうっと。
とその時。。。
「ジリリリリリリ〜ン!!!」。
ハニーちゃんからの電話だった(イヤな予感…)。
シカトしよっと。
だが直ぐにLINEが…。
「ちょっと!何やってのよ!(北斗百裂拳)」。
「ソーメンがのびちゃうから早く帰ってきなさいよ!(北斗二指真空把)」。
既読してんのに帰らなかったら北斗残悔拳を食らう運命になるかもしれない…。
絶好の日の入り&日没タイムだったがウチの北斗の将に粉砕されてしまった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カウントダウン

もうすぐで日没を迎える。
今日は陽が沈むまでのんびりと眺めていこうっと。
とその時。。。
「ジリリリリリリ〜ン!!!」。
ハニーちゃんからの電話だった(イヤな予感…)。
シカトしよっと。
だが直ぐにLINEが…。
「ちょっと!何やってのよ!(北斗百裂拳)」。
「ソーメンがのびちゃうから早く帰ってきなさいよ!(北斗二指真空把)」。
既読してんのに帰らなかったら北斗残悔拳を食らう運命になるかもしれない…。
絶好の日の入り&日没タイムだったがウチの北斗の将に粉砕されてしまった。
7
SEE YOU

夕景の八田海岸は素晴らしかった
そしてホテルカリフォルニアも素敵だった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
SEE YOU

夕景の八田海岸は素晴らしかった
そしてホテルカリフォルニアも素敵だった。
2
MOON NIGHT

結局ダッシュで帰宅したが夕食のソーメンはのびていた。
食後に入浴し直ぐに就寝しようと思ったが今日も熱帯夜で中々眠れやしなかった。
家にいても暑いのでハニーちゃんと一緒に深夜徘徊することに決め自宅からブラブラと歩いて徳光海岸へ向かったわ。
今日は満月、沖合に浮かぶ漁火が綺麗だった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
MOON NIGHT

結局ダッシュで帰宅したが夕食のソーメンはのびていた。
食後に入浴し直ぐに就寝しようと思ったが今日も熱帯夜で中々眠れやしなかった。
家にいても暑いのでハニーちゃんと一緒に深夜徘徊することに決め自宅からブラブラと歩いて徳光海岸へ向かったわ。
今日は満月、沖合に浮かぶ漁火が綺麗だった。
2
ド〜ン!

何処で花火の音が鳴っている。
お空を見上げると雲が赤く色付いていた。
そうか、今日は川北の花火大会だわ。
ならば五軒丁山の山頂から眺めるのも良かったかな〜。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ド〜ン!

何処で花火の音が鳴っている。
お空を見上げると雲が赤く色付いていた。
そうか、今日は川北の花火大会だわ。
ならば五軒丁山の山頂から眺めるのも良かったかな〜。
3

感想/記録

みなさま、こんにつは。
ご機嫌いかがかしら?
連日とても暑い日が続いていますわね〜。
私も犬じゃありませんけれどアゴを地べたに付けて、ベロもダラ〜ンと出して、グタ〜っとしながらハァハァしちゃってますわ。
皆さまもどうぞお身体にお気を付けなさってこの暑さを乗り切りましょうね。

さてさて夏山本番を迎えまして「歩いてヨシ!」「見てヨシ!」「泊まってヨシ!」ってな心がスカーっとさせてくれる良い季節となったもんだよね〜。
皆さまもきっとルンルンしちゃって次なるお休みがとても待ち遠しいんじゃないのかしら。
私もね皆様方と一緒よ。
次はあのお花に会いたいわ。
そしてその次の週になるとあのお花が咲いているといいな〜なんてね。
実はそんな待ち遠しいお花が毎年ウチの近所に咲いてくれるの。
そうよ、何も標高の高いお山に行かなくたって咲いてくれるお花なのでとてもありがたい存在なのよ。
そのお花の名前はオニユリさん。
白山市の海岸沿いにある八田町にこちらのお花がドッチャリと咲いてんのよ。
もともとはただの殺風景な雑木林だったんだけど地元町会の愛と努力の賜物で人の心を引き付ける魅力あふれる素敵な公園に変わったの。
そんな皆様方から愛されるお花に私も毎年魅了されているのよ。
毎年7月下旬から8月上旬に花期を迎え約15000本のユリが咲き乱れる姿は圧巻としか言いようがないわ。
で、今年も勿論見に行くつもりでいたのでしたが、実はユリを見に行く以外の動機もございましたの。
それは「石川100(名)山」という地元のお山を紹介したローカル本に「五軒丁山&あじち山」が載っているのであります。
五軒丁山に関しては私が小4の時にこのお山が遠足の場所として選定されましたから既に攻略済となっていますので今更ワクワク感を抱くことはこれっぽっちもありませぬ。
問題はあじち山なの。
こちらのお山は国土地理院地図にも記載されていない上に元々がただの雑木林だったために訪れた事は一度もなかったのよ。
お山登りを趣味にするようになって石川100山の本に目を通すと地元の八田にある「あじち山」の存在を知ったって訳。
でもこの地には綺麗な公園も整備されて「百万本のバラ」なみにオニユリさんが有名となったため「あじち山」の存在は微塵の欠片もありゃしないのよ。
私はオニユリさんの花期も待ち遠しいがそんな謎のベールに包まれた「あじち山」の方が惹かれるようになった。

今回はそのあじち山探索と花期絶頂のオニユリさん、更にはゴールデンタイムを迎える日本海の美しい夕景を重点に置いて石川百名山最低峰の魅力を探ってみたわ。
魅惑のオニユリさんの他にも厳しい環境下でも育つ砂丘のオアシス的存在のハマゴウさんとハマナスさんの生命力の強さを感じ癒しよりもパワーをいただけました。
そして久々に訪れた海の偉大さや美しさの他に癒し度満載のさざ波の音と澄み渡る水の色に感動を覚えました。
海の近所に住んでいながら年間を通じてほとんど山に出向いているので今回はとても新鮮な気持ちになれましたわ。
山にはない魅力、海でしかない魅力、そして双方の融合。
今回はダサい姿でウロウロしちゃったけれどめっちゃ自然の楽しさ&素晴らしさの幅の広がりを見つけたような気がいたしますわ。

さぁアナタも夕方になったらご近所の海を歩いてみたらいかがかしら?

おしまい。
訪問者数:133人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ