また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1218682 全員に公開 ハイキング六甲・摩耶・有馬

裏六甲 有馬温泉〜瑞宝寺谷西尾根〜一軒茶屋

日程 2017年08月06日(日) [日帰り]
メンバー 子連れ登山, その他メンバー2人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち70%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間54分
休憩
51分
合計
4時間45分
Sスタート地点10:2410:31有馬温泉 太閤の湯10:42瑞宝寺公園11:13展望台11:1612:52一軒茶屋13:4015:03池之坊駐車場15:09ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
その他周辺情報瑞宝寺谷西尾根は、途中、道が不明瞭な箇所があります。漫然と歩いていたら、道迷いになる可能性があります。
過去天気図(気象庁) 2017年08月の天気図 [pdf]

写真

瑞宝寺公園入口
2017年08月06日 10:42撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
瑞宝寺公園入口
公園内はモミジの木が多い
2017年08月06日 10:43撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
公園内はモミジの木が多い
筆屋道から降りてきたら、ここが公園の入り口
2017年08月06日 10:46撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
筆屋道から降りてきたら、ここが公園の入り口
このあたりは道標もしっかりある
2017年08月06日 10:57撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このあたりは道標もしっかりある
道も明瞭です
2017年08月06日 11:05撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道も明瞭です
急登の階段を登れば。。。
2017年08月06日 11:10撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急登の階段を登れば。。。
展望デッキ
2017年08月06日 11:14撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望デッキ
1
有馬富士が見えます
2017年08月06日 11:14撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
有馬富士が見えます
瑞宝寺谷西尾根が分岐するポイントにある道標
2017年08月06日 11:23撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
瑞宝寺谷西尾根が分岐するポイントにある道標
ここを左折する
2017年08月06日 11:23撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここを左折する
もはや、道というより崖
2017年08月06日 11:27撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もはや、道というより崖
たまにロープも出てきます
2017年08月06日 11:28撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
たまにロープも出てきます
「木製ベンチ」もすでに残骸
2017年08月06日 12:02撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「木製ベンチ」もすでに残骸
日差しキツイ!
2017年08月06日 12:02撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日差しキツイ!
1
後半は痩せ尾根になってきます
2017年08月06日 12:25撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後半は痩せ尾根になってきます
最後は笹の道
2017年08月06日 12:45撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後は笹の道
赤テープが目印の出口
2017年08月06日 12:49撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤テープが目印の出口
車道に出て終了
2017年08月06日 12:49撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車道に出て終了
一軒茶屋。賑わってます。
2017年08月06日 12:53撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一軒茶屋。賑わってます。
下山は「魚屋道」でスピードアップ。
2017年08月06日 13:35撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山は「魚屋道」でスピードアップ。
途中、崩壊で仮設の階段もありました。
2017年08月06日 13:50撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中、崩壊で仮設の階段もありました。
先週で階段はもうお腹一杯やって。
2017年08月06日 13:50撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先週で階段はもうお腹一杯やって。
筆屋道への分岐。ここを右へ降りると、往路の西尾根分岐へ行くはず。
2017年08月06日 14:13撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
筆屋道への分岐。ここを右へ降りると、往路の西尾根分岐へ行くはず。
絶景ポイント?
2017年08月06日 14:15撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
絶景ポイント?
絶景もこんな感じでした
2017年08月06日 14:15撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
絶景もこんな感じでした
広く歩きやすい魚屋道
2017年08月06日 14:24撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広く歩きやすい魚屋道
最後、車道に出てきます。
2017年08月06日 14:50撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後、車道に出てきます。
お決まりの「炭酸煎餅」直売所。
2017年08月06日 14:56撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お決まりの「炭酸煎餅」直売所。
割れて正規の商品にならない、爐海錣讚瓩鯒笋辰討泙后
2017年08月06日 14:55撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
割れて正規の商品にならない、爐海錣讚瓩鯒笋辰討泙后
カラスにも美味しいんやろね
2017年08月06日 14:54撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カラスにも美味しいんやろね
有馬温泉風情を楽しんでから駐車場へ
2017年08月06日 15:04撮影 by Canon PowerShot G5 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
有馬温泉風情を楽しんでから駐車場へ
撮影機材:

感想/記録

有馬から六甲山に登りました。
有馬から登るコースといえば、「魚屋道」、「紅葉谷」、「白石谷」あたりが思いつくところだけど、今日登ったのは、どマイナーな「瑞宝寺谷西尾根」。
「山と高原地図」はもちろん、2万5千分の1地形図にも載っていません。

有馬のにぎやかな町から、瑞宝寺公園まで炎天下の車道を上がります。
公園内は紅葉の名所だけに、モミジの木が目立ちます。
公園最奥から山道へ。
ここらは、まだ道や道標が整備されています。
しばらく進むと、展望台デッキに出ました。
有馬富士の方向が遠望できます。
展望台から少し西に進み、道標のあるところから西尾根に取り付きます。
赤テープで印はあるけど、常に左手の尾根を意識して地形図を見ていないと、通り過ぎるかもしれません。
ここからは、踏み跡に近い道を所々に現れるテープを確認しながら、ひたすら尾根を登ります。
なかなかの急登です。

「木製ベンチ」と呼ばれる箇所のそれは、残骸になっていました。
途中、ちょっとした岩場が出てきて、ルート上のスパイスになってます。
後半はヤブやササが増えてきて、ちょっと登りづらくなりますが、
最後は、ほぼ水平道になり、一軒茶屋近くの山上道路に飛び出します。
入口はヤブに覆われ、一般の人がこの先に道があるとは、まず思わないでしょう。
下山に使うには、道が不明瞭なところもあり、明らかに向きません。
間違って谷に降りると、たいへんな目に遭いそう。

六甲最高峰は、昨年も登ったのでパスして、一軒茶屋の建物の日陰で昼食。
帰りは、素直に魚屋道を下山しました。
訪問者数:197人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ