また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1220185 全員に公開 ハイキング甲信越

美ヶ原高原トレイル 〜鉢伏→三峰→王ヶ頭→一之瀬〜

日程 2016年07月24日(日) [日帰り]
メンバー
天候曇り
アクセス
利用交通機関
始発電車で松本駅から村井駅へ。村井駅からタクシーで牛伏寺まで行き、牛伏寺から徒歩スタート。前日夕方、一之瀬に車を置き、そこから自宅付近までバスで帰宅。※2016年秋からこのバス路線は廃止になっています。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間43分
休憩
45分
合計
10時間28分
S牛伏寺駐車場06:5707:52ブナノキ権現07:58車道出合07:5908:30鉢伏山荘08:3411:10三峰山11:47扉峠駐車場11:5112:39茶臼山13:17烏帽子岩13:33美ヶ原13:3613:38王ヶ頭ホテル13:4413:46美ヶ原13:4814:00美ヶ原自然保護センター14:0114:42武石峰14:4414:53思い出の丘14:5416:20烏帽子岩16:3517:19三才山出合ドライブイン17:2517:25一の瀬 登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
特に危険箇所はありません。
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ベースレイヤー(FineTrak) 長袖シャツ(Millet Zip) ズボン(phenix) 靴下(DARN TOUGH) グローブ(AXESQUIN) 防寒着(NorthFace LightHeatVest) 雨具(Phenix & mont-bell) 日よけ帽子(Northface) 着替え(mont-bell silk 長袖&タイツ) 靴(Millet) 予備靴ひも ザック(OMM Classic32) 行動食 非常食 飲料 地図(山と高原地図+mont-bell map case) コンパス(SILVA) 笛(ザックのチェスト) ヘッドランプ GPS(EPSON SF-510) 筆記用具 ファーストエイドキット 針金 常備薬 ロールペーパー 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ナイフ カメラ ポール

写真

鉢伏山へ行く途中ブナの木権現
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉢伏山へ行く途中ブナの木権現
ヤバイ。ちょっと近すぎるか。
(※このあと牧場の方に怒られました・・・午後は入っちゃいけないみたい)
2016年07月24日 13:47撮影 by PENTAX Optio X, PENTAX Corporation
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤバイ。ちょっと近すぎるか。
(※このあと牧場の方に怒られました・・・午後は入っちゃいけないみたい)
雲が多くて、逆にそんなに暑くなかったのが幸い。
2016年07月24日 13:57撮影 by PENTAX Optio X, PENTAX Corporation
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲が多くて、逆にそんなに暑くなかったのが幸い。
鹿まん♪ 害獣食べちゃう(゜д゜)
2016年07月24日 14:55撮影 by PENTAX Optio X, PENTAX Corporation
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鹿まん♪ 害獣食べちゃう(゜д゜)
思い出の丘到着
2016年07月24日 16:06撮影 by PENTAX Optio X, PENTAX Corporation
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
思い出の丘到着
烏帽子大権現到着。
2016年07月24日 17:34撮影 by PENTAX Optio X, PENTAX Corporation
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
烏帽子大権現到着。

感想/記録

この後の8月に予定していた東京から長野まで歩いて帰ろうプロジェクトの前のお試しロングハイク。
家からもっとも近場で歩ける山道、ということでちょこちょこ歩き続けていた美ヶ原高原トレイルを一息で駆け抜ける計画。(戸谷峰までは行かなかったけど・・・(^^;))
これが行ければ、もっと遠くの山にチャレンジしてみても良いかな?という試金石のつもりもありました。

前日に車をデポしておくという凝った計画ですが、この車をデポして松本まで戻ってくる路線バスは2016年秋に廃止になっており、この作戦は現在2017年時点では使えません。

鉢伏山までの登りは、前日前夜に雨が降ったんだっけか忘れましたが、道の脇の笹薮からの露ですごくズボンのすそ〜ひざが濡れて大変だった。靴下もこれで湿っちゃったような。雨具のズボンを履いたら履いたで蒸れて暑苦しいし、こういうのってどうしたらいいの?と思ったものでした。(現在は解決済み。)
しばらく登ったところにあるブナの木権現に旅の安全を祈りました。

鉢伏山から二つ山への道は、いつ行っても人があまりいないのですが、非常に気持ちのいいお奨めルート。
ただし二つ山から先は、まず急勾配を下り、三峰山まで平らな部分はあまり眺望もなく、三峰山の登りでまた急勾配と言う、ドSコース。正直お奨めしません( ̄  ̄;)。

三峰山をおりて扉峠から茶臼山の上りは最初の登りが少々キツイですが、ほどなく抜群の眺望の道行きが楽しめます。茶臼山頂上からの展望も、これまでの辿ってきた道を振り返ることができてとても良かったです。

茶臼山からはあまりアップダウンなく、牧場を抜ける高原のハイキングといった風情でラクといえばラク。ただしこの時点で午後になっており、お牛様が茶臼山側の牧草地に放牧されており、そこを抜けてきたために管理人の人に怒られました(。。;)。

王ヶ頭、武石峰、思い出の丘と抜けるのですが、さすがにここまでの道のりも長くって、ほぼ平らとはいえ細かなアップダウンがツラかったです。
そして一之瀬までの下りの途中、烏帽子大権現にて、ここまでの旅の無事を感謝しつつ、家に帰るまでの安全を誓います。

ようやく一ノ瀬までおりて、愛車にたどり着き、ホッと安堵しました。
よう歩いたなぁ・・・

お疲れ様でした、みー(^^)。
訪問者数:20人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

高原 ブナ ロング デポ
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ