また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1221767 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走日光・那須・筑波

日光白根山

日程 2017年08月12日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー2人
天候曇り時々小雨
アクセス
利用交通機関
ケーブルカー等
下りの最終は4:30です。乗り遅れると自力下山なので時間に余裕を持った計画を。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち77%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危険個所は特にありません。五色沼避難小屋からしばらく登ると森林限界を超えてガレ場になります。山頂付近は荒々しい岩稜で少々注意が必要です。
その他周辺情報丸沼高原のペンション「ストーンアイランド」に宿泊。清潔な館内、美味しい料理で良いところです。
過去天気図(気象庁) 2017年08月の天気図 [pdf]

写真

歩き出しは平たんな遊歩道。らくちん。
2017年08月12日 10:11撮影 by 507SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩き出しは平たんな遊歩道。らくちん。
血ノ池地獄。まったく血の色はしていない。
2017年08月12日 10:32撮影 by 507SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
血ノ池地獄。まったく血の色はしていない。
座禅山火口。定かには見えない。
2017年08月12日 11:17撮影 by 507SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
座禅山火口。定かには見えない。
弥陀ヶ池。
2017年08月12日 11:34撮影 by 507SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
弥陀ヶ池。
山頂には霧がかかっている。
2017年08月12日 11:39撮影 by 507SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂には霧がかかっている。
弥陀ヶ池から五色沼へ。気持ちの良いトレッキング。
2017年08月12日 11:39撮影 by 507SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
弥陀ヶ池から五色沼へ。気持ちの良いトレッキング。
五色沼。エメラルドグリーン。
2017年08月12日 11:53撮影 by 507SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五色沼。エメラルドグリーン。
上から見た五色沼。きれい。
2017年08月12日 12:57撮影 by 507SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上から見た五色沼。きれい。
山頂付近の奥宮。
2017年08月12日 13:29撮影 by 507SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂付近の奥宮。
2578メートルの山頂。
2017年08月12日 13:37撮影 by 507SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2578メートルの山頂。

感想/記録

 お盆の渋滞を避けて早朝2:30に自宅を出発し長い時間をかけて日光白根山ロープウェイに到着。寝不足のぼんやり頭でいざ出発。
 すぐに鹿よけのゲートを通り抜け、しばらくは平たんな樹林帯歩きで良いウォーミングアップになります。座禅山の登りにかかると登山らしくなってきますが、まだまだそんなに体に負荷はかかりません。途中でパラパラと小雨が降り出しましたが雨具を着るほどでもなく、かえって涼しくてありがたいくらいです。
 歩き出して1時間20分ほどで直登ルートと弥陀ヶ池、五色沼をめぐるルートの分岐に到着。どちらに進むか協議の結果、少々時間は余分にかかっても大した雨は降らなさそうだし、体調も良いので池方面に決定。
 山に囲まれたエメラルドグリーンの五色沼は、ここに住みたいと思うくらい素晴らしい景色です。来て良かった。
 避難小屋前で昼食休憩後はいよいよ白根山本体に取り付きます。ここからは徐々に高度を上げて傾斜も急になってきます。森林限界を超えると火山らしい様相を見せ始め、足への負担が増してきますが、息を切らして一歩一歩登る眼下には美しい五色沼が見え疲れを癒してくれます。
 少し傾斜が緩やかになると、時計回りに巻くようにして山頂に向かいます。山頂手前の奥宮から岩場を少し下り、登り返すといよいよ頂上に到着。残念ながらガスで眺望はありませんが、登頂の達成感は変わりません。
 樹林帯を歩き池をめぐり、最後には荒々しい岩稜帯を登る楽しい山です。お盆休み中で山頂付近は大変多くの人でにぎわっていました。 
訪問者数:176人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ