また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1222815 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走日光・那須・筑波

男体山

日程 2017年08月13日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
二荒山神社の駐車場は無料です。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち96%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間7分
休憩
6分
合計
6時間13分
S二荒山神社中宮祠06:0807:16四合目07:1708:29七合目08:3109:43二荒山神社奥宮09:4409:52男体山09:5310:12二荒山神社奥宮10:1311:01七合目11:38四合目12:21二荒山神社中宮祠12:21ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
前夜降った雨で少々ぬかるみスリップしやすいところがありました。6合目から上は荒々しい岩場の直登で落石には要注意です。
過去天気図(気象庁) 2017年08月の天気図 [pdf]

写真

中禅寺湖のほとりから見上げる男体山。
2017年08月13日 05:50撮影 by 507SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中禅寺湖のほとりから見上げる男体山。
二荒山神社で受け付け。500円払ってお守りをもらいます。
2017年08月13日 05:56撮影 by 507SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二荒山神社で受け付け。500円払ってお守りをもらいます。
登拝門からいざ出発。
2017年08月13日 06:07撮影 by 507SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登拝門からいざ出発。
途中で見えた中禅寺湖。
2017年08月13日 06:55撮影 by 507SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中で見えた中禅寺湖。
荒々しい岩場を登ります。さすがは修行の山。
2017年08月13日 08:52撮影 by 507SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
荒々しい岩場を登ります。さすがは修行の山。
やっと9合目。傾斜も緩やかになりほっとします。
2017年08月13日 09:19撮影 by 507SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと9合目。傾斜も緩やかになりほっとします。
最後は火山の砂礫を登ります。富士山みたい。
2017年08月13日 09:26撮影 by 507SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後は火山の砂礫を登ります。富士山みたい。
山頂に到着。
2017年08月13日 09:42撮影 by 507SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂に到着。
御神像。
2017年08月13日 09:43撮影 by 507SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御神像。
ここが山頂です。
2017年08月13日 09:52撮影 by 507SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここが山頂です。
降りてきたら中禅寺湖は霧に覆われていました。
2017年08月13日 12:24撮影 by 507SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
降りてきたら中禅寺湖は霧に覆われていました。
下山後に行った東照宮の三猿。
2017年08月13日 13:26撮影 by 507SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山後に行った東照宮の三猿。

感想/記録

 こんなに大変な山とは思っていなかった。
 コースタイムからはちょうど良い感じの日帰りコースだなとなめていたら、さすがに修行の山。思った以上にしんどくて消耗した。
 前日の日光白根山の疲労が残り、出だしは超スローペース。後から来る人にどんどん追い越されたが、いつまでたってもペースは上がらない。特に6合目から上の岩場の直登は足への負担が大きく、喘ぎながらやっとの思いで登った。
 9合目からは傾斜が緩やかになりほっとしたものの、火山性の砂礫の登りでけっこう歩きにくい。山頂の奥宮が見えてきたときにはうれしさがこみ上げた。
 楽しさを求めるのではなく修行だと思って登れば良いのだが、観光ついでのお気楽なハイキングと思っていると大変な思いをする山だ。
 せっかくの頂上もガスで眺望は得られず、登る途中で雲の切れ目から中禅寺湖と戦場ヶ原をチラ見できただけだったが、それで良いのだ。修行は苦しいからこそ意味があり、得られるものは楽しさではなく、苦しさを乗り越えたことで得られる心身の成長なのだ。
 皆さんも修行にどうぞ。
訪問者数:335人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

ガス 直登 落石
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ