また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1223797 全員に公開 ハイキング大山・蒜山

伯耆大山(夏山登山道〜行者登山道)

日程 2017年08月13日(日) [日帰り]
メンバー
天候曇り時々晴れ
アクセス
利用交通機関
バス

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間40分
休憩
1時間5分
合計
4時間45分
S大山寺バス停08:1708:23夏山登山口09:04五合目09:0909:18六合目避難小屋09:2209:45八合目10:05大山頂上碑10:5611:10石室11:57行者谷分かれ12:22元谷堰堤右岸分岐12:36大神山神社12:4012:47大山寺12:54大山寺橋・南光河原駐車場12:5513:02ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
全体を通じてよく整備されています。夏山登山道は8合目までひたすら階段、そこから木道になります。行者登山道も夏山登山道との分岐から元谷へ降りるまでは急な木の階段、土砂が流出して歩きにくい箇所あり。その後は緩やかになります。
その他周辺情報行き:日本交通路線バス本宮・大山線
米子駅 (7:20) → 大山寺 (8:15)
\720
帰り:大山るーぷバス(期間限定)
大山寺 (13:30) → 米子駅 (15:10)
\720
過去天気図(気象庁) 2017年08月の天気図 [pdf]

写真

大山寺バス停から登山口までわずかながら舗装路を歩きます。山頂付近はガスがかかっているようですが果たして
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大山寺バス停から登山口までわずかながら舗装路を歩きます。山頂付近はガスがかかっているようですが果たして
しばらくは石段で、後に木の階段となり8合目あたりまでずっと続く。段差が大きい所もありなかなか疲れます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらくは石段で、後に木の階段となり8合目あたりまでずっと続く。段差が大きい所もありなかなか疲れます
2
あまり目を楽しませてくれるものも無くひたすら進む。しかし飛ばしすぎたようで後半ペースダウンしました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あまり目を楽しませてくれるものも無くひたすら進む。しかし飛ばしすぎたようで後半ペースダウンしました
6合目休憩所では崩壊の進む北壁が目に飛び込んできます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6合目休憩所では崩壊の進む北壁が目に飛び込んできます
2
展望がよかったのはこのあたりまで
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望がよかったのはこのあたりまで
シモツケソウ。残念ながらアジサイなど終わりかけの花が多かったです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シモツケソウ。残念ながらアジサイなど終わりかけの花が多かったです
3
登るにつれだんだん雲が多くなっていき
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登るにつれだんだん雲が多くなっていき
8合目手前でついにガスの中に入ってしまいました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8合目手前でついにガスの中に入ってしまいました
2
遠くが見えないので足元の花を見つつ進む。キュウシュウコゴメクサ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠くが見えないので足元の花を見つつ進む。キュウシュウコゴメクサ
3
木道になりました。ガスが無ければもっと気持ち良さそうなのですが
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木道になりました。ガスが無ければもっと気持ち良さそうなのですが
2
休憩していると一瞬だけガスが切れる瞬間がありました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
休憩していると一瞬だけガスが切れる瞬間がありました
2
崩壊により縦走禁止となっている最高峰・剣ヶ峰は見えず、残念
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
崩壊により縦走禁止となっている最高峰・剣ヶ峰は見えず、残念
1
何とか麓の景色と日本海が見えました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何とか麓の景色と日本海が見えました
4
山頂で1時間近く粘るも晴れないので渋々出発。この花は名称分からず
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂で1時間近く粘るも晴れないので渋々出発。この花は名称分からず
2
山頂一帯は周回できるので登りに使わなかった石室経由の道を通って下山します
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂一帯は周回できるので登りに使わなかった石室経由の道を通って下山します
3
相変わらず視界は悪いながらも気持ちのよい道でした。人が少なかったのもマイペースで歩けてよかったです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
相変わらず視界は悪いながらも気持ちのよい道でした。人が少なかったのもマイペースで歩けてよかったです
2
石室前の小さな池
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石室前の小さな池
2
ちょっと晴れる瞬間もあり、お花畑が映える
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっと晴れる瞬間もあり、お花畑が映える
1
サラシナショウマ?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
サラシナショウマ?
1
5合目の少し上で夏山登山道から分岐する行者登山道へ進んでみます。元谷へ下りるまでこちらも急な階段が続く
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5合目の少し上で夏山登山道から分岐する行者登山道へ進んでみます。元谷へ下りるまでこちらも急な階段が続く
ヤマジノホトトギス
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤマジノホトトギス
4
谷へ下りるとなだらかで歩きよい道になってきます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷へ下りるとなだらかで歩きよい道になってきます
1
途中、堰堤の場所で谷の対岸へ渡ります。山頂はやはりガスの中
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中、堰堤の場所で谷の対岸へ渡ります。山頂はやはりガスの中
1
堰堤から豪円山を望む
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
堰堤から豪円山を望む
2
行者登山道起点の大神山神社奥宮に辿りつきました。このあと長い石畳の道を下り、大山寺から参道を下ればバス停です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行者登山道起点の大神山神社奥宮に辿りつきました。このあと長い石畳の道を下り、大山寺から参道を下ればバス停です
2
振り返るとガスが切れているような…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返るとガスが切れているような…
3
帰りの特急列車から最後に見た大山。再びガスに覆われていました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りの特急列車から最後に見た大山。再びガスに覆われていました
1

感想/記録

せっかくの連休なのでと、出雲観光に出かけたあと米子で一泊して翌日大山に登ってきました。
登山口で20℃と涼しかったせいもあって最初にペースを上げ過ぎ、後半スタミナ切れになってしまいましたがなんとか頂上にたどり着けました。延々と続く階段がなかなか厳しかったです。山頂は生憎の天候で大パノラマとはいきませんでしたが、山頂お花畑の周回路は高原の雰囲気を楽しめて気持ちよく歩けました。迫力満点の北壁の姿もはっきりと目に焼きついています。
訪問者数:190人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2015/5/11
投稿数: 85
2017/8/15 12:47
 追い越して行きましたね‼
私も米子の駅前に前泊しました。大山の山予報は曇り。

朝の大山はてっぺんがガスでしたが取り敢えず登るかと 8:00 にスタートしました。
しかしハナからシンドイ。大量に汗が流れる。沢山の人に追い抜かれました。field8usさんにも四合目辺りで追い抜かれた  多分。気が付かなくて失礼しました。
私はその内に腹痛までしてきて下痢気味になってしまい、六合目避難小屋で大休止。具合も何とか良くなってたところで再発のリスクと雨を恐れて撤退しました

山頂はガスも心配するほどではなくて、大山の雰囲気が楽しめてよかったですね。しかしさすが百名山で、大勢のハイカーには驚きました。
20番の写真の花はヤマハハコの終わりかけではないでしょうか?葉っぱが写ってないので定かではありませんが。ではまた
登録日: 2016/1/10
投稿数: 40
2017/8/15 16:26
 Re: 追い越して行きましたね‼
naojiroさんも登っていらしたのですか!
こんなに人が多い山に登ったのは初めてです。まさか知り合いがいるとは思いもしなかったので私も全く気付きませんでした。
撤退されたとは残念です。私も汗冷えで気付かぬうちにお腹が冷えていたので夏だからこそ気をつけないといけませんね。
花の名前もありがとうございます。ヤマハハコで合ってそうですね。また機会があればご一緒しましょう

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ