ヤマレコ

記録ID: 1225285 全員に公開 ハイキング金剛山・岩湧山

金剛山のモミジ谷↑妙見谷↓

日程 2017年08月14日(月) [日帰り]
メンバー
天候涼しげな曇り空。
アクセス
利用交通機関
電車バス

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間45分
休憩
13分
合計
4時間58分
S水越峠バス停08:5509:00水越峠09:0109:30金剛の水09:3809:42カヤンボ10:32第6堰堤10:35本流ルート分岐10:3611:13金剛山11:1511:58山頂広場12:03九合目(千早本道)13:14妙見滝13:49金剛登山口バス停13:5013:53ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻

写真

終点・水越峠。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
終点・水越峠。
2
紫陽花、頑張ってます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紫陽花、頑張ってます。
2
段々、入り口が広がっているような。。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
段々、入り口が広がっているような。。
1
左はダメでも。。。。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左はダメでも。。。。
2
右ならいけそう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右ならいけそう。
2
今回は、確認だけで、
右側の巻き道を使うヘタレです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回は、確認だけで、
右側の巻き道を使うヘタレです。
1
前回は、此処を左に行きました。
苔生す幽玄空間です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前回は、此処を左に行きました。
苔生す幽玄空間です。
1
これが、案内板。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これが、案内板。
1
いつも見惚れる!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いつも見惚れる!
4
左へ進めば良かった、と反省!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左へ進めば良かった、と反省!
1
写真を忘れた、と言うより、
撮れなかった、が正解の状況。
感謝、感謝のソフトクリームでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
写真を忘れた、と言うより、
撮れなかった、が正解の状況。
感謝、感謝のソフトクリームでした。
2
妙見谷、最初は結構キツイ下りです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
妙見谷、最初は結構キツイ下りです。
1
結構、神経減らします。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
結構、神経減らします。
1
人が見えると、ホッとします。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
人が見えると、ホッとします。
1
今日の水は多目。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日の水は多目。
3
四組目は、近付き過ぎて、断念。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
四組目は、近付き過ぎて、断念。
3
濡れずに歩くのが難しい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
濡れずに歩くのが難しい。
2
イワタバコは今日も健気。
出口(入口)では、
撮影会をしている方々も。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イワタバコは今日も健気。
出口(入口)では、
撮影会をしている方々も。
5

感想/記録

寝坊して、始発には間に合わない。
そんな時は、困ったときの<水越峠>
バスの始発が、8時20分。

ザックに、山道具と水、
冷蔵庫の有り合わせを詰め込んで、
家を出る。
コースは、乗り物の中で考える。
地下足袋も履いていることだし、
モミジ谷から妙見谷へと歩くことに。

ほとんどの方が、葛城山で降り、
私を含めた5人が、終点<水越峠>まで。
毎度のことながら、誰も着いて来ないが、
毎日登山の方々が三々五々と下りてくる。
頭が下がる思いです。

其の上、今日は沢山の方に会います。
<金剛の水>で水汲みの方々や、トレランの方。
モミジ谷では、初めてと言う方とも。
御一緒したのですが、
第六堰堤上部の崩壊場所で、
直進すると言う失態に付き合わせてしまい、
申し訳なかったです。。。。。。(涙)
恥ずかしいやら、悔しいやら。。。。。。

その上、その崩壊場所の写真を撮らないなんて。。。。
身体は、大分良くなったのですが、
頭は、もう少し叩かないとダメなようです。
訪問者数:113人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

ザック 巻き道 堰堤 モミジ クリ モミ
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ