また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1225913 全員に公開 アルパインクライミング八ヶ岳・蓼科

赤岳天狗尾根

日程 2017年08月13日(日) 〜 2017年08月14日(月)
メンバー
 NOAH(CL)
, その他メンバー1人
天候曇り一時晴れ、夜は雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
7時間30分
休憩
1時間50分
合計
9時間20分
S美し森山駐車場05:5008:20出合小屋08:3009:10小尾根取付き09:2009:50天狗尾根稜線11:00カニのハサミ11:2012:00第2岩峰12:2012:50大天狗13:2013:40小天狗14:0014:10登山道15:10キレット小屋
2日目
山行
6時間0分
休憩
1時間0分
合計
7時間0分
キレット小屋05:3006:00ツルネ06:2009:30東稜入口09:4010:00出合小屋11:00林道終点11:3012:30美し森山駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
ツルネ東稜の2450m付近で主尾根が左に曲がる所で、正規ルートの踏み跡はシャクナゲが被さり分かり難く、まっすぐの枝尾根の方が踏み跡が濃く見えて誘い込まれた。しばらく下降してうろうろした後に登り返したので約1時間のロスタイムだった。
コース状況/
危険箇所等
最近雨が多かったので、渡渉が困難なほどでは無いが地獄谷は増水気味だった。
その他周辺情報たかねの湯で入浴(820円)
過去天気図(気象庁) 2017年08月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 着替え ザック 昼ご飯 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 針金 ガムテープ 常備薬 保険証 携帯 時計 タオル ツェルト ナイフ カメラ ロープ ハーネス ヘルメット 確保機 ロックカラビナ カラビナ クイックドロー スリング ロープスリング セルフビレイランヤード
共同装備 ロープ

写真

キレット小屋付近から振り返った天狗尾根。右から第2岩峰、大天狗、小天狗。
2017年08月13日 15:10撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キレット小屋付近から振り返った天狗尾根。右から第2岩峰、大天狗、小天狗。
1
撮影機材:

感想/記録
by NOAH

今回は大天狗直登ルートを登るのを第一の目的にしていた。歩き出す直前まで雨が降っていたので、岩が濡れていないか不安だったが、カニのハサミに着く頃には時折り日も差し始めて岩は乾いてきたので、快適に登ることが出来た。第2岩峰は右から巻いて、コルから折り返してピークに立ったがとても岩が脆かった。大天狗はハイマツ帯を出て岩壁の左手の傾斜の緩いスラブを登って、残置ハーケンとシュリンゲの所からロープを付けて登った。大岩の左を登ると一段上に垂直な凹角があり、左手のフェースはホールドが少ないが、右壁との接点にクラック状のガバがあるので、これを掴んで左足を上げて身体を引き上げた。4級位だが難しい所は短く、数m登ると傾斜が緩んで右へ進むとすぐにピークに達した。要所に残置ハーケンがあったので中間支点は取れる。ピークからは懸垂下降が一般的のようだが、クライムダウンで降りられた。小天狗にも途中に2箇所ハーケンがあった。下降はプルージックで自己確保してクライムダウンした。脆い岩があるということさえ頭の片隅に入れておけば、天狗尾根の岩場は爽快に登れるルートだった。
訪問者数:310人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ