また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1228213 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走剱・立山

剱岳 早月尾根

日程 2017年08月14日(月) 〜 2017年08月16日(水)
メンバー
天候8月14日 曇り時々雨
8月15日 曇り
8月16日 曇り
アクセス
利用交通機関
電車タクシー
富山地方鉄道で富山から上市まで。運賃600円。
上市駅から馬場島までタクシー。運賃8920円。
帰りは逆コース。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち44%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
5時間27分
休憩
0分
合計
5時間27分
S馬場島08:2809:29松尾平13:55早月小屋
2日目
山行
5時間55分
休憩
53分
合計
6時間48分
早月小屋05:5709:09カニのハサミ09:2109:29剱岳09:5610:07カニのハサミ10:2112:45早月小屋
3日目
山行
3時間36分
休憩
0分
合計
3時間36分
早月小屋05:4608:40松尾平09:22馬場島G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
コースタイムで休憩が0分になっていますが、1日目70分、2日目80分、3日目15分の休憩を取っています。

登り始めは階段状の登山道が続きます。
樹林帯は木の根や岩の難路が続きます。
標高2400mからは岩の難路。2800m以降岩場、鎖場が続きます。
過去天気図(気象庁) 2017年08月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 雨具 ゲイター 日よけ帽子 着替え ザック ザックカバー 昼ご飯 行動食 非常食 調理用食材 飲料 ハイドレーション ガスカートリッジ コンロ コッヘル 食器 ライター 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット ロールペーパー 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト ストック ナイフ カメラ ヘルメット

写真

登山道で見かけた巨木。
2017年08月14日 09:55撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道で見かけた巨木。
標高2000m標識から10分位の所にあるサンショウウオが住む池。
2017年08月14日 13:13撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高2000m標識から10分位の所にあるサンショウウオが住む池。
2日目、標高2400m地点から望む毛勝三山。
2017年08月15日 06:41撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2日目、標高2400m地点から望む毛勝三山。
2400mからの急登を登り切った所で剱岳山頂が望めました。この後すぐにガスがかかり真っ白な中を進みました。
2017年08月15日 06:55撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2400mからの急登を登り切った所で剱岳山頂が望めました。この後すぐにガスがかかり真っ白な中を進みました。
1
上と同じ場所から。早月小屋、馬場島、早月川、遠く富山平野、富山湾が望めました。
2017年08月15日 06:58撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上と同じ場所から。早月小屋、馬場島、早月川、遠く富山平野、富山湾が望めました。
剱岳山頂。
2017年08月15日 09:38撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剱岳山頂。
1
登山道脇に咲く百合の花。
2017年08月15日 11:21撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道脇に咲く百合の花。
1
早月小屋。剱伝蔵小屋の看板が玄関上にあります。早月小屋の看板は右に柱の陰になってしまいました。
2017年08月15日 15:13撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
早月小屋。剱伝蔵小屋の看板が玄関上にあります。早月小屋の看板は右に柱の陰になってしまいました。
馬場島に下山。長くつらかった山行を振り返りました。
2017年08月16日 09:18撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
馬場島に下山。長くつらかった山行を振り返りました。

感想/記録

3年ぶり二度目の剣岳も早月尾根から上がりました。
3年前は早月小屋泊まり一泊二日の山行でしたが、下山後体調を崩してしまいました。身体への負担は大きかったようです。
今回は早月小屋二泊で計画しました。
余裕を持った山行であったので体調面では特に問題無く帰って来れました。

今回改めて思ったのは、長くて辛い歩きを経て漸く山頂に到達でる山の遠さでした。
山頂までの距離約8km、標高差約2200m。これを9時間かけて(二日かけてですが)歩く、私にとってはハードな山行でした。

それでもまた行きたいと思います。それは早月尾根が麓から直接山頂に到達するルートだからです。私の山登りに対する考え方に合うものだからです。
訪問者数:261人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

ガス 急登 鎖場 山行 サンショウウオ
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ