また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1229022 全員に公開 ハイキング甲信越

雁ヶ腹摺山〜大樺ノ頭

日程 2017年08月18日(金) [日帰り]
メンバー
天候曇り&ガスたまに日射し
アクセス
利用交通機関
車・バイク
大月インターより16キロくらい、大峠駐車場(10台 無料 トイレあり男女共用 非水洗)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち98%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間47分
休憩
0分
合計
2時間47分
S大峠(大ドウミ)06:5907:38雁ヶ腹摺山08:13大樺ノ頭(大カンバ・丸岳大樺)09:45大峠(大ドウミ)09:46ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
休憩0分はさすがにどうかと思うが食事休憩は一切取らなかった。
コース状況/
危険箇所等
雁ヶ腹摺山までは明瞭かつ道標も随所にあり
大樺ノ頭までは道標はあまりなくそれまでの道より荒れた感じ、ガスっていたり雨後のあとは少し分かりづらいと感じるかも
お弁当広場までは道標なし、やはり荒れた感じで分かりづらいと感じる場所もあった
大峠まての道は平坦な部分が多いが渡渉が多く渡渉後に登り、というのが多かった。また崩落箇所も数ヶ所確認できて足場が脆く通りづらい所もあったので注意。あと雨後では滑りやすい苔むした所が多かったのもこの区間。
その他周辺情報利用無し
過去天気図(気象庁) 2017年08月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ザック レインウェア ヘッドランプ 懐中電灯 ファーストエイドキット シップ 解熱鎮痛剤 芍薬甘草湯 下痢止め 小はさみ コンパス 熊よけ鈴 予備靴紐 スマホ予備バッテリー 山と高原地図 手拭い 手袋 帽子 登山靴 カメラ 時計 食料 飲料 予備食

写真

出だしはいい感じの空
2017年08月18日 06:59撮影 by Canon PowerShot SX60 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出だしはいい感じの空
水場のようだが枯れていた
2017年08月18日 07:02撮影 by Canon PowerShot SX60 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水場のようだが枯れていた
ピストンの場合下山路専用があるらしい
2017年08月18日 07:09撮影 by Canon PowerShot SX60 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピストンの場合下山路専用があるらしい
なかなか長い木橋
2017年08月18日 07:14撮影 by Canon PowerShot SX60 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なかなか長い木橋
開けたがガスが濃くなってきた
2017年08月18日 07:36撮影 by Canon PowerShot SX60 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
開けたがガスが濃くなってきた
姥子山の縦走路
2017年08月18日 07:38撮影 by Canon PowerShot SX60 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
姥子山の縦走路
休憩1分程度でさようなら
2017年08月18日 07:42撮影 by Canon PowerShot SX60 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
休憩1分程度でさようなら
可愛いの見つけました!
ルリビタキの幼鳥かな?
2017年08月18日 07:50撮影 by Canon PowerShot SX60 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
可愛いの見つけました!
ルリビタキの幼鳥かな?
3
お前は誰だい?
2017年08月18日 07:51撮影 by Canon PowerShot SX60 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お前は誰だい?
正体はゴジュウカラでした
2017年08月18日 07:51撮影 by Canon PowerShot SX60 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正体はゴジュウカラでした
4
同じ場所で今度はミソサザイも
ルリ・ゴジュウ・ミソサザイを一歩も動かず撮れたのは幸せ。
2017年08月18日 07:52撮影 by Canon PowerShot SX60 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
同じ場所で今度はミソサザイも
ルリ・ゴジュウ・ミソサザイを一歩も動かず撮れたのは幸せ。
3
大樺ノ頭へ続く道
2017年08月18日 07:56撮影 by Canon PowerShot SX60 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大樺ノ頭へ続く道
1
ようやく道標が出た
2017年08月18日 07:58撮影 by Canon PowerShot SX60 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく道標が出た
所々で咲いてた
2017年08月18日 08:03撮影 by Canon PowerShot SX60 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
所々で咲いてた
コケが美しかったが写真の腕がなかった
2017年08月18日 08:19撮影 by Canon PowerShot SX60 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コケが美しかったが写真の腕がなかった
1
白さ際立つ
2017年08月18日 08:33撮影 by Canon PowerShot SX60 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白さ際立つ
1
お弁当広場
その割にベンチ・テーブルの類は無い
2017年08月18日 08:37撮影 by Canon PowerShot SX60 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お弁当広場
その割にベンチ・テーブルの類は無い
大峠方面はいきなり登るよ
2017年08月18日 08:39撮影 by Canon PowerShot SX60 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大峠方面はいきなり登るよ
群生地は下るのでパスした
2017年08月18日 08:50撮影 by Canon PowerShot SX60 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
群生地は下るのでパスした
牛奥ガンハラらしきピーク
2017年08月18日 09:18撮影 by Canon PowerShot SX60 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
牛奥ガンハラらしきピーク
藪の中に見つけたよ
2017年08月18日 09:27撮影 by Canon PowerShot SX60 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
藪の中に見つけたよ
2
この区間は小さな渡渉が幾度となく現れる
2017年08月18日 09:36撮影 by Canon PowerShot SX60 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この区間は小さな渡渉が幾度となく現れる
ゴールはすぐそこ
2017年08月18日 09:45撮影 by Canon PowerShot SX60 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴールはすぐそこ
帰着後は雲が増えてた
2017年08月18日 09:47撮影 by Canon PowerShot SX60 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰着後は雲が増えてた
下山後によった道の駅甲斐大和でフジテレビの木村アナがやってる人力車の旅の収録をやっていた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山後によった道の駅甲斐大和でフジテレビの木村アナがやってる人力車の旅の収録をやっていた。
2
撮影機材:

感想/記録

8月の長きにわたる悪天候ですっかり山に足が遠退いてる昨今。どうにか天気が持ちこたえられそうな雁ヶ腹摺山を目指し、深夜の天気予報を確認してから出発、丑三つ時の談合坂で車中仮眠。
目覚めると圧倒的なガス模様だった。

一抹のがっかり感を抱えながら大峠へ。着く頃には青空が垣間見られ、テンション上昇中のまま登山を開始した。
樹林帯のキツめな登りだが時折日射しもあったりして、いいぞいいぞ!とすっかり日光欲が出てしまった。
欲が出ればツキが遠退くのが世の常、月ではなく太陽がガスの彼方に
遠退いてしまったのもまた必然だったのかもしれない。雁ヶ腹摺山頂では秀麗富嶽を見ることはやはり叶わず、富士山は不視山となってしまった。

大樺ノ頭まではまた晴れたりかと思えば濃くガスったりと一喜一憂しながら進み、十中八九そうだろうと思われた曇り空での山頂を堪能した。

しおじの森方面へは悪天候が続いたせいもあるのか出だしの登山道がわかりづらく、百戦錬磨とは到底言いがたい私は少しだけ判断に手こずった。

道が安定してきてもこの区間には道標が一切なく荒れた道とガスった風景で少し心細い。ぼやけた視界にようやく見えた道標がお弁当広場という分岐点であった。ほっと胸を撫で下ろすが辺り一面濡れていて腰を下ろす気にはならなかった。

こことこの先の分岐とでしおじの森にシオジを見に下りられるが千載一遇のチャンス、という程のこともないのでスルーして大峠へ向かった。

峠までは小さな渡渉後登り、というのが多く地味に疲れた。でも下り基調で派手にコケる、というリスクが低いのは良かったのかもしれない。

大峠に到着してそこそこ涼しいので窓全開で発進しようとしたら蜂が2匹入り込んで追い出すのに苦労した。

雁が腹を摺るという山で自分の腹を摺り減らすことは今一つだったが追い出したはずの蜂がもう1匹舞い込んでおり、まさか圏央道走行中にそれに気づいたときは神経をすり減らしながらの運転であった。

訪問者数:253人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ