ヤマレコ

記録ID: 1229326 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走伊豆・愛鷹

愛鷹山越前岳 もうすぐ3歳の娘と十里木ピストン

日程 2017年08月18日(金) [日帰り]
メンバー 子連れ登山, その他メンバー2人
天候曇り後雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク
十里木高原登山口駐車場(無料)にマイカー駐車。当日は平日で天候が良くなかったですが、9時頃に3割ぐらいの埋まりぐわいでした。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち89%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間28分
休憩
1時間10分
合計
3時間38分
S十里木高原駐車場09:2209:23十里木登山口09:34十里木高原展望台09:3709:54馬の背見晴台10:0410:34平坦地10:4111:00勢子辻分岐11:0311:07愛鷹山11:3311:36勢子辻分岐11:48平坦地11:5312:12馬の背見晴台12:1812:40十里木高原展望台12:4512:53十里木高原駐車場12:5712:58十里木登山口12:5913:00ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
序盤は階段が続き、比較的平で歩きやすい道が少し続いた後、山頂まで岩と木の根で段差が大きな赤土の道が続きます。樹林帯で道幅が狭く、頭上に枝が多いため、キャリーで苦労しました。
その他周辺情報十里木高原登山口の場合、登山口近くに富士山こどもの国と富士サファリパークがあります。

装備

個人装備 長袖シャツ タイツ ズボン 靴下 雨具 行動食 携帯 時計 タオル ストック カメラ

写真

登山口の駐車場です。トイレや靴の洗い場があります。
2017年08月18日 09:21撮影 by X-T10, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口の駐車場です。トイレや靴の洗い場があります。
今日は越前岳までのピストンです。
2017年08月18日 09:21撮影 by X-T10, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日は越前岳までのピストンです。
スタートは草原帯の階段です。
2017年08月18日 09:25撮影 by X-T10, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スタートは草原帯の階段です。
長い階段。
2017年08月18日 09:31撮影 by X-T10, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長い階段。
展望台ですが真っ白のためスルー。
2017年08月18日 09:36撮影 by X-T10, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望台ですが真っ白のためスルー。
階段が終わって一段落。この辺りは樹林帯の歩きやすい道です。
2017年08月18日 09:42撮影 by X-T10, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
階段が終わって一段落。この辺りは樹林帯の歩きやすい道です。
1
ガスで蜘蛛の巣が濡れて光っています。
2017年08月18日 09:44撮影 by X-T10, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスで蜘蛛の巣が濡れて光っています。
馬の背の休憩所。テーブルとベンチが複数あります。小休止。
2017年08月18日 09:56撮影 by X-T10, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
馬の背の休憩所。テーブルとベンチが複数あります。小休止。
6
眼下にこどもの国だけ見えました。
2017年08月18日 10:00撮影 by X-T10, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
眼下にこどもの国だけ見えました。
1
馬の背から気が乗って歩き始めます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
馬の背から気が乗って歩き始めます。
4
段々と岩場が出現してきて娘は再びキャリーへ。
2017年08月18日 10:12撮影 by X-T10, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
段々と岩場が出現してきて娘は再びキャリーへ。
1
キャリーを背負ってはかなりしんどいです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キャリーを背負ってはかなりしんどいです。
3
そしてお昼寝。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そしてお昼寝。
6
樹林帯で上の枝が娘に当たらないように、転ばないように、上下に気を配りながら歩きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹林帯で上の枝が娘に当たらないように、転ばないように、上下に気を配りながら歩きます。
3
ひーこら言いながら山頂へ。ガスガスです!
2017年08月18日 11:09撮影 by X-T10, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ひーこら言いながら山頂へ。ガスガスです!
1
山頂標識。
2017年08月18日 11:09撮影 by X-T10, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂標識。
1
完全に雲の中でした。
2017年08月18日 11:31撮影 by X-T10, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
完全に雲の中でした。
平坦地まで戻りました。「平坦地」といいますが、急登の合間の8畳程度の場所ですので、期待しないでください。
2017年08月18日 11:52撮影 by X-T10, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
平坦地まで戻りました。「平坦地」といいますが、急登の合間の8畳程度の場所ですので、期待しないでください。
少しだけ青空も覗きました。この8月はこのような天頂の少しの青空しか見えない山行ばかりです。
2017年08月18日 11:57撮影 by X-T10, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少しだけ青空も覗きました。この8月はこのような天頂の少しの青空しか見えない山行ばかりです。
馬の背手前で娘に「降りて歩く?」と聞くと「歩く」といってくれたので、しばらく歩き。展望台までずっと歩いてくれました。成長したなー。
2017年08月18日 12:20撮影 by X-T10, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
馬の背手前で娘に「降りて歩く?」と聞くと「歩く」といってくれたので、しばらく歩き。展望台までずっと歩いてくれました。成長したなー。
5
ちょっとした段差はジャンプします。最近ジャンプにはまっている娘。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっとした段差はジャンプします。最近ジャンプにはまっている娘。
5

感想/記録

今回は臨月の妻を家において、2歳11ヶ月の娘と平日休みの友人と3人で登山しました。
元々は国師ヶ岳で計画しましたが、異常な天気が続き、気温が上がらなそうなのでもう少し低山へ変更。天気予報がましな箱根・富士周辺で、大人二人とも未踏の二百名山愛鷹山の最高峰越前岳へ登ることに。

東名走行中に雨がパラパラしていましたが、駐車場到着時は雨はなし。そのまま準備をして登りだします。
娘は最初からキャリーに乗りたがり、雲行きも微妙なのでキャリーに乗せて急ぎ目に登ります。

序盤は段差の高い階段が続き、20kg級の荷物の自分にはかなり堪えます。
展望台以降は比較的歩きやすい道が続きますが、馬の背の少し先から岩と木の根で急激に歩きづらくなります。馬の背で歩きだした娘も次第に悪くなる足場にギブアップ。キャリーに戻ります。
ルートがいくつもとれるため、ルートファインディングで悩みます。全体的に段差が大きい箇所、木の根で足さばきが難しい箇所、赤土の泥濘、木と木の狭い間を通る箇所が多いです。キャリーは上にも左右にも制約があるため、かなり気を使いました。
娘がすぐに寝てしまって背中から首に密着してくれたためにまだマシでしたが、それでもキャリーのザック部分に結構擦りました。

ヘロヘロになりながら到着した山頂は完全にガスの中。
山頂で娘を起こし、友人はお菓子で娘の心を掴んで仲良くなりました。
下山も娘はテンション高く、歌を歌いながら下ります。
馬の背手前の平坦路になったところで、娘に歩くか聞くと「歩く」と答えてくれたのでそこからは手をつないで下山。多少の段差はジャンプしながら下ります。
今までは少し足を滑らすと怖がって歩かなくなったのですが、今回は転びかかって膝を擦っても平気。随分成長しました。
展望台ぐらいまで降りてきたところで雨が降ってきたので、最後はキャリーに上げてレインカバーをつけて降りてきました。歩荷状態であの階段は下りも辛いです。

気温は全体的にちょうどよいぐらいで、山の高さの選定は良かったようです。

娘は今回の山がかなり楽しかったようで、次はもっと歩きやすい山を自分の足で登ってもらおうと思います。
訪問者数:173人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ