また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1235014 全員に公開 ハイキング京都・北摂

半国山ー宮川コースから赤熊コースへー

日程 2017年08月24日(木) [日帰り]
メンバー , その他メンバー2人
天候晴れ(猛暑)
アクセス
利用交通機関
バス
往路:京阪京都交通:JR亀岡駅前ー宮川バス停
復路:京阪京都交通:赤熊バス停ーJR亀岡駅前
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち69%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間51分
休憩
1時間19分
合計
6時間10分
S宮川バス停09:4810:04宮川神社10:0612:59半国山13:4414:00牛つなぎ広場14:0414:30音羽の小滝14:5815:58赤熊バス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
コースルート
 宮川バス停→金輪寺→半国山→牛つなぎ広場→音羽の小滝→赤熊バス停
コース状況
 危険箇所:全般的に、特に危ないという箇所はない。
過去天気図(気象庁) 2017年08月の天気図 [pdf]

写真

宮川バス停にて下車。
2017年08月24日 09:47撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宮川バス停にて下車。
1
道標は見当たらないので、とりあえず地形図から西の山の方向へ進む。
2017年08月24日 09:47撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道標は見当たらないので、とりあえず地形図から西の山の方向へ進む。
山の方向に向かい、舗装路を真っすぐ進む。
2017年08月24日 09:52撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山の方向に向かい、舗装路を真っすぐ進む。
稲穂が実り、アキアカネが群舞している。
2017年08月24日 09:54撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稲穂が実り、アキアカネが群舞している。
宮川神社、金輪寺への道標。 金輪寺へ向かう。
2017年08月24日 09:57撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宮川神社、金輪寺への道標。 金輪寺へ向かう。
1
良く舗装された一本道、金輪寺への参道。
2017年08月24日 10:02撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
良く舗装された一本道、金輪寺への参道。
シカ除けだろうか、道の両側に金属ネットがしばらく、続く。
2017年08月24日 10:05撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シカ除けだろうか、道の両側に金属ネットがしばらく、続く。
金輪寺への山道の左に登山口の道標あり。まず金輪寺にお参りしてから戻る。
2017年08月24日 10:33撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金輪寺への山道の左に登山口の道標あり。まず金輪寺にお参りしてから戻る。
1
神尾山金輪寺、本堂。 飾り気のない素朴な古刹。
2017年08月24日 10:51撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
神尾山金輪寺、本堂。 飾り気のない素朴な古刹。
2
境内の本堂右側の鐘楼と九重石塔。
2017年08月24日 10:51撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
境内の本堂右側の鐘楼と九重石塔。
左側の五重石塔、風格のある古刹でした。
2017年08月24日 10:51撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左側の五重石塔、風格のある古刹でした。
登山口に戻り、枯葉混じりの泥だらけの溝になった登山道を登る。
2017年08月24日 11:03撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口に戻り、枯葉混じりの泥だらけの溝になった登山道を登る。
溝道から尾根に出る。
2017年08月24日 11:12撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
溝道から尾根に出る。
1
道中、時々倒木あり。
2017年08月24日 11:13撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道中、時々倒木あり。
登山道には花は見られず、時折、白いキノコが見られる。
2017年08月24日 11:25撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道には花は見られず、時折、白いキノコが見られる。
小ピークを巻く巻道をトラバースする、 倒木多く勾配も大。結構急登が続く。
2017年08月24日 11:56撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小ピークを巻く巻道をトラバースする、 倒木多く勾配も大。結構急登が続く。
再び、ここで尾根に乗る。
2017年08月24日 11:59撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再び、ここで尾根に乗る。
再び、急登が続く・・・。 
2017年08月24日 11:59撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再び、急登が続く・・・。 
木の間から、一瞬、開いた空間から見えた亀岡市街。 
2017年08月24日 12:21撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木の間から、一瞬、開いた空間から見えた亀岡市街。 
登山道のブナやミズナラの緑が心地良い。
2017年08月24日 12:30撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道のブナやミズナラの緑が心地良い。
小ピークの付近に大きな岩塊が1,2か所、地面から表出している。
2017年08月24日 12:33撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小ピークの付近に大きな岩塊が1,2か所、地面から表出している。
半国山への道標(それにしても、井出分岐にもなかなか着かないナア・・・)。
2017年08月24日 12:39撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
半国山への道標(それにしても、井出分岐にもなかなか着かないナア・・・)。
1
眼前が突然開ける。 ここが井出分岐、やっと到着した! 送電線、その左に見えるのが半国山。  
2017年08月24日 12:44撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
眼前が突然開ける。 ここが井出分岐、やっと到着した! 送電線、その左に見えるのが半国山。  
半国山。
2017年08月24日 12:45撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
半国山。
近畿自然歩道の道標。
2017年08月24日 12:45撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
近畿自然歩道の道標。
1
半国山頂上へ、もう少し!
2017年08月24日 12:45撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
半国山頂上へ、もう少し!
広場のように、カラッと開けている。
2017年08月24日 12:46撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広場のように、カラッと開けている。
半国山の方向に進む。
2017年08月24日 12:49撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
半国山の方向に進む。
るり渓、井出の分岐道標。
2017年08月24日 12:50撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
るり渓、井出の分岐道標。
山頂への道標、上り。
2017年08月24日 12:50撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂への道標、上り。
標高が上がり、アセビの群落が見える。
2017年08月24日 12:53撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高が上がり、アセビの群落が見える。
半国山への最後の急登!
2017年08月24日 12:56撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
半国山への最後の急登!
半国山頂上! 立派なモニュメント。
2017年08月24日 13:00撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
半国山頂上! 立派なモニュメント。
2
遠い方の山並み、比叡山。
2017年08月24日 13:27撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠い方の山並み、比叡山。
1
西南の六甲山の方向だが、見えず。
2017年08月24日 13:31撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西南の六甲山の方向だが、見えず。
東側、愛宕山は・・・。
2017年08月24日 13:39撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東側、愛宕山は・・・。
東の方向の空、山並みは比叡か・・・。
2017年08月24日 13:40撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東の方向の空、山並みは比叡か・・・。
赤熊コースへの道標。
2017年08月24日 13:44撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤熊コースへの道標。
1
かなりの急坂の登山道を下山する。
2017年08月24日 13:49撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かなりの急坂の登山道を下山する。
牛つなぎ広場に到着、烏帽子岳には立ち寄らず、赤熊方面へ進む。
2017年08月24日 14:00撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
牛つなぎ広場に到着、烏帽子岳には立ち寄らず、赤熊方面へ進む。
1
音羽渓谷の渓流と涸沢を下ります、結構大小の岩石に泥道、歩き難い・・・。
2017年08月24日 14:18撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
音羽渓谷の渓流と涸沢を下ります、結構大小の岩石に泥道、歩き難い・・・。
涸沢の石、苔が薄く一面に張り付いていて足が滑り、危険。
2017年08月24日 14:40撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
涸沢の石、苔が薄く一面に張り付いていて足が滑り、危険。
赤熊への道標。
2017年08月24日 14:57撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤熊への道標。
音羽渓谷の道標。
2017年08月24日 14:57撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
音羽渓谷の道標。
音羽の滝への道標。
2017年08月24日 15:06撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
音羽の滝への道標。
音羽の小滝。
2017年08月24日 15:07撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
音羽の小滝。
1
赤熊コースのゲート。
2017年08月24日 15:32撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤熊コースのゲート。
1
ゲートとの山ノ神の祠。
2017年08月24日 15:32撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゲートとの山ノ神の祠。
しばらく、道なりに歩き、赤熊バス停に到着。
2017年08月24日 15:59撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらく、道なりに歩き、赤熊バス停に到着。
2

感想/記録

 連日の猛暑と集中豪雨の毎日、手頃に行けるハイキングコースをと思い、半国山に行くことにしました。 しばらく、歩いていなかったせいか、今回の山行は結構きついものがありました。 金輪寺から井出分岐あたりまでは、地形図からみおてもそれほどアップダウンは見られないと思っていたが、なかなか到着できず。 また、牛つなぎ広場から赤熊への音羽渓谷の下りも涸沢、岩石、泥混じりの足場の悪く、思わぬ苦戦でした。
なかなか、理想通りには行かないものですネ。
訪問者数:187人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ