また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1238341 全員に公開 ハイキング大山・蒜山

大山 久しぶりに三ノ沢〜剣ヶ峰

日程 2017年08月26日(土) [日帰り]
メンバー
天候
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間5分
休憩
40分
合計
5時間45分
S文殊堂駐車場06:0006:45大堰堤06:5008:45槍ヶ峰09:0009:05三ノ峰09:15天狗ヶ峰09:2009:35剣ヶ峰09:4510:00天狗ヶ峰10:05三ノ峰10:15槍ヶ峰10:2011:40大山三ノ沢 治山林道口11:45文殊堂駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2017年08月の天気図 [pdf]

写真

いつもの通り文珠堂裏の駐車場に停めて歩き始めます。
2017年08月26日 06:00撮影 by SO-02G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いつもの通り文珠堂裏の駐車場に停めて歩き始めます。
1
三ノ沢西側を進みます。
2017年08月26日 06:02撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ノ沢西側を進みます。
もうバリエーションと違いますやん…
2017年08月26日 06:08撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もうバリエーションと違いますやん…
3
樹林帯を抜け再び沢に出てきました。
2017年08月26日 06:12撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林帯を抜け再び沢に出てきました。
東側に渡ります。
2017年08月26日 06:15撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東側に渡ります。
藪気味の巻き道を進みます。
2017年08月26日 06:21撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
藪気味の巻き道を進みます。
一旦堰堤を乗り越えますが・・・
2017年08月26日 06:32撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一旦堰堤を乗り越えますが・・・
再び樹林帯の中へ・・・
2017年08月26日 06:33撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再び樹林帯の中へ・・・
樹林帯から出ると、もう目の前には最後の大堰堤が現れます。
2017年08月26日 06:38撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林帯から出ると、もう目の前には最後の大堰堤が現れます。
大堰堤を横切ります
2017年08月26日 06:41撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大堰堤を横切ります
大堰堤へ登るロープ手前にピンクリボンがあります。
2017年08月26日 06:43撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大堰堤へ登るロープ手前にピンクリボンがあります。
ここのロープは健在です。
2017年08月26日 06:46撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここのロープは健在です。
やはりこの風景は良いですね
2017年08月26日 06:50撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やはりこの風景は良いですね
8
どうしても二ノ沢への谷に注目してしまい、右へ右へと行かなければならないのに左へ流されてしまいます。
2017年08月26日 07:02撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どうしても二ノ沢への谷に注目してしまい、右へ右へと行かなければならないのに左へ流されてしまいます。
2
軌道修正して右側へ進みます。
2017年08月26日 07:18撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
軌道修正して右側へ進みます。
3
以前より樹木が多くなりリボンの目印が少なくなっているような気がします。
2017年08月26日 07:18撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
以前より樹木が多くなりリボンの目印が少なくなっているような気がします。
1
だいぶ登ってきました。
2017年08月26日 07:40撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
だいぶ登ってきました。
1
蟻地獄の道を右へ右へと進みます。
2017年08月26日 07:41撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蟻地獄の道を右へ右へと進みます。
2
リボン発見!
2017年08月26日 07:43撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
リボン発見!
樹木が育ってリボンを探すのも一苦労です。
2017年08月26日 07:56撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹木が育ってリボンを探すのも一苦労です。
ここまで来ると足場が安定します。
2017年08月26日 08:43撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここまで来ると足場が安定します。
2
雲より上にいます。
2017年08月26日 08:53撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲より上にいます。
5
槍ヶ峰の前に飛び出します。
ピークへの岩は昨年の地震直後に比べ安定してきているようです。
2017年08月26日 08:56撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍ヶ峰の前に飛び出します。
ピークへの岩は昨年の地震直後に比べ安定してきているようです。
11
剣ヶ峰への稜線
2017年08月26日 09:03撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剣ヶ峰への稜線
8
以前は三ノ峰の標識は無かったような気がします。
2017年08月26日 09:05撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
以前は三ノ峰の標識は無かったような気がします。
3
三ノ峰から見る剣ヶ峰
2017年08月26日 09:05撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ノ峰から見る剣ヶ峰
2
三ノ峰から槍ヶ峰、その後方に烏ヶ山が見えています。
2017年08月26日 09:06撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ノ峰から槍ヶ峰、その後方に烏ヶ山が見えています。
6
三ノ沢と二ノ沢
2017年08月26日 09:06撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ノ沢と二ノ沢
2
先日敗退したユートピアから天狗ヶ峰への稜線です。
登山者2名が向かっています。
勇気あるなぁ〜羨ましい。
2017年08月26日 09:15撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先日敗退したユートピアから天狗ヶ峰への稜線です。
登山者2名が向かっています。
勇気あるなぁ〜羨ましい。
9
天狗ヶ峰の標識はかなり薄くなっています。
2017年08月26日 09:16撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗ヶ峰の標識はかなり薄くなっています。
1
三鈷峰への稜線です。
やはり三鈷峰から先に進めそうな気がするんですけどね〜
2017年08月26日 09:18撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三鈷峰への稜線です。
やはり三鈷峰から先に進めそうな気がするんですけどね〜
4
このルートの核心部です。
以前より若干崩れていますがまだまだ安心できます。
2017年08月26日 09:19撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このルートの核心部です。
以前より若干崩れていますがまだまだ安心できます。
2
剣ヶ峰に到着しました。
2017年08月26日 09:36撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剣ヶ峰に到着しました。
6
弥山への稜線
2017年08月26日 09:41撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
弥山への稜線
2
稜線を登山者が向かってきます
2017年08月26日 09:45撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線を登山者が向かってきます
3
槍ヶ峰まで戻ってきました。
2017年08月26日 10:12撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍ヶ峰まで戻ってきました。
1
「劔に行ってきました」と言っても信じてもらえそうな風景です。
2017年08月26日 10:57撮影 by Canon PowerShot G1 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「劔に行ってきました」と言っても信じてもらえそうな風景です。
8

感想/記録

久しぶりに三ノ沢から剣ヶ峰へ登りました。

以前は何回か沢の中を歩くルートでしたが、現在は大堰堤までほとんど樹林帯の巻道になっています。

大堰堤からは槍ヶ峰の取付きまで右へ右へと進まなければならないのですが、どうしても二ノ沢への谷が気になり左上方へ流されてしまいます。
軌道修正し下りながら右へ向かいますが、以前より樹木が育ったせいでしょうか、リボンが見にくくなり、藪漕ぎなど歩きにくくなっているような気がします。

槍ヶ峰への登山道に取り付いてしまうと以前通り足場のしっかりした登りとなります。
槍ヶ峰は昨年の地震後に岩が崩れて登れなくなったとの情報を聞いていたのですが、雪が溶けて岩が落ちたのでしょうか、たしかに地震前よりは不安定になってはいますが昨年投稿された画像よりは比較的岩が安定し、気をつけて登ればピークに立つことは可能だと思います。

剣ヶ峰への稜線は以前より崩れている部分も一部ありますが、先日敗退したユートピアからの登山道に比べると、まだまだ安心して歩くことが出来ます。
むしろ稜線の登山道より剣ヶ峰へ上る直前の北側に回り込む巻道のほうが樹木の根が引っかかるので注意が必要です。
訪問者数:503人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

藪漕ぎ 巻き道 堰堤 クリ 目印
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ