また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1241939 全員に公開 ハイキング比良山系

滝谷〜滝谷ノ頭を通って蛇谷ヶ峰

日程 2017年08月31日(木) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
JR湖西線近江高島駅〜富坂口 江若バス15分。
富坂口路肩に2〜3台駐車可能。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間0分
休憩
16分
合計
4時間16分
Sスタート地点09:0509:13滝谷・蛇谷分岐09:50滝谷の二股10:005誕10:25多段20地∂11:06縦走路に出る11:11滝谷ノ頭12:00蛇谷ヶ峰12:1612:18866m分岐13:21ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
滝谷・蛇谷の下部に林道がある。上部は、それぞれの谷の北側の支尾根に生活道が有る。
その他周辺情報安曇川まで行けば飲食店あり。
過去天気図(気象庁) 2017年08月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ ズボン 靴下 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス 筆記用具 ファーストエイドキット 携帯 時計 タオル カメラ ヘルメット スリング ロープ 濡れて良い靴 替えの靴下 ゴム手袋 虫除けスプレー

写真

A9:17 富坂口にバイク駐め、滝谷沿いの林道を上がる。防獣柵が見える。奥の凸部が滝谷ノ頭か?
2017年08月31日 09:17撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A9:17 富坂口にバイク駐め、滝谷沿いの林道を上がる。防獣柵が見える。奥の凸部が滝谷ノ頭か?
A9:21 センニンソウ?
2017年08月31日 09:21撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A9:21 センニンソウ?
1
A9:44 二股手前の滝谷。一部良い感じの所もあるが、他は平凡。
2017年08月31日 09:44撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A9:44 二股手前の滝谷。一部良い感じの所もあるが、他は平凡。
1
A9:46 堰堤ばかり。昔は良い滝が有ったのでしょう・・
2017年08月31日 09:46撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A9:46 堰堤ばかり。昔は良い滝が有ったのでしょう・・
1
A9:50 滝谷の二股。左が本谷。一度右支谷へ入りトラバースして本谷堰堤を越える。この堰堤が最後。
2017年08月31日 09:50撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A9:50 滝谷の二股。左が本谷。一度右支谷へ入りトラバースして本谷堰堤を越える。この堰堤が最後。
1
A10:01 「滝谷」と言うのに滝が無いと思ったら、ここで出逢う。5誕譟
2017年08月31日 10:01撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A10:01 「滝谷」と言うのに滝が無いと思ったら、ここで出逢う。5誕譟
2
A10:03 右のルンゼで巻きながら滝の上部を撮る。
2017年08月31日 10:03撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A10:03 右のルンゼで巻きながら滝の上部を撮る。
4
A10:25 多段20地∂董水量は少ないがこんなのが有るんだとビックリ!2叩2叩4叩12誕譟
2017年08月31日 10:25撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A10:25 多段20地∂董水量は少ないがこんなのが有るんだとビックリ!2叩2叩4叩12誕譟
1
A10:26 下段部。
2017年08月31日 10:26撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A10:26 下段部。
2
A10:28 4誕譟左壁から巻き気味に越える。
2017年08月31日 10:28撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A10:28 4誕譟左壁から巻き気味に越える。
1
A10:29 12誕譟1βΔ北△垂れ下がっていたのでそれでよじ登る。
2017年08月31日 10:29撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A10:29 12誕譟1βΔ北△垂れ下がっていたのでそれでよじ登る。
1
A10:59 滝谷横の支尾根の道に出る。
2017年08月31日 10:59撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A10:59 滝谷横の支尾根の道に出る。
A11:06 奥比良縦走路に出る。右の道を上がって来た。
2017年08月31日 11:06撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A11:06 奥比良縦走路に出る。右の道を上がって来た。
A11:11 少し南へ戻る。このピークが滝谷ノ頭(と思う)。702叩
2017年08月31日 11:11撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A11:11 少し南へ戻る。このピークが滝谷ノ頭(と思う)。702叩
A11:48 竜胆にしては花の色が薄いし、葉が違う。何ですかね?nakato932さんからツルリンドウと教えていただきました。
2017年08月31日 11:48撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A11:48 竜胆にしては花の色が薄いし、葉が違う。何ですかね?nakato932さんからツルリンドウと教えていただきました。
2
A11:59 蛇谷ヶ峰 901.7叩
2017年08月31日 11:59撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
A11:59 蛇谷ヶ峰 901.7叩
2
P0:15 釣瓶岳、奥に武奈ヶ岳も見える。
2017年08月31日 12:15撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P0:15 釣瓶岳、奥に武奈ヶ岳も見える。
3
P0:22 下山は817ピークから朽木スキー場の方へ向かう。
2017年08月31日 12:22撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P0:22 下山は817ピークから朽木スキー場の方へ向かう。
P0:28 ここでスキー場の方へ行かず、南東へ走る尾根を辿る。道が有る。分かり難い所も有る。
2017年08月31日 12:28撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P0:28 ここでスキー場の方へ行かず、南東へ走る尾根を辿る。道が有る。分かり難い所も有る。
P0:54 支尾根から蛇谷へ降りる道もあり、蛇谷へ。右岸に林道が有る。
2017年08月31日 12:54撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P0:54 支尾根から蛇谷へ降りる道もあり、蛇谷へ。右岸に林道が有る。
P1:10 滝谷出合。蛇谷林道を降りて来た。
2017年08月31日 13:10撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P1:10 滝谷出合。蛇谷林道を降りて来た。
P1:17 稲穂が黄金色。もう収穫ですね・・
2017年08月31日 13:17撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P1:17 稲穂が黄金色。もう収穫ですね・・
1
P1:21 富坂口へ戻る。前方に三角のスペースが有り、そこに車が駐められる。
2017年08月31日 13:21撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P1:21 富坂口へ戻る。前方に三角のスペースが有り、そこに車が駐められる。

感想/記録

滝谷ノ頭の標識が無くなって場所が分からなくなった。そこで滝谷を詰めて確認することにする。(GPSを持っていないもので・・)
「滝谷」と言うのだから滝も有るのだろうと期待する。

富坂口から滝谷沿いの舗装路を行く(防獣柵を越えてからは林道)。
滝谷の二股まで堰堤ばかり。二股の所の堰堤が最後。この堰堤を越えるのは少し面倒でした。支谷側に入り左へトラバースして堰堤を越える。

「滝が無い」と歩いていると又堰堤?・・堰堤と見えたのが5誕譴任靴拭C罅垢梁譴任后1Δ離襯鵐爾ら巻く。
後2つ程2辰有ってこんなものかと思っていると、多段20地∂董0貳岷は12辰らい有る。これは来て良かったと感激。この12辰牢くのが面倒そう。右の斜面に太い蔓が垂れているので、それでよじ登る。

その後は倒木が多く歩き難い。適当な所で右の支尾根へ上がるとしっかりした道が有る。これで奥比良縦走路まで上がる。
この道は存在は知っていたが、降りた事は無い。地形からすると滝谷の二股に出ると思う。

縦走路から少し南へ行ったピークが滝谷ノ頭702辰反篁,垢襦
蛇谷ヶ峰のピークを踏み、下山は817からの南東の尾根道。テープも結構付いている。下部の鞍部で蛇谷へ道が付いている。
蛇谷の右岸には林道が有る。

滝谷はそれなりに面白い谷でした。人も来ている跡が有る。
訪問者数:239人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2010/2/10
投稿数: 528
2017/8/31 20:31
 ツルリンドウ
滝谷遡上は真似出来ませんが涼しげで良いですね。
あと15枚目はツルリンドウだと思います。
登録日: 2017/3/27
投稿数: 79
2017/8/31 21:13
 Re: ツルリンドウ
nakato932さん こんばんは。

有り難うございます。確かにツルリドウウですね。ただ縦に走る葉脈が図鑑では3本ですが、写真では1本です。こう言う亜種も有るのですかね・・
それと、大きな滝は巻いていますから誰でも出来ます。
登録日: 2012/12/24
投稿数: 91
2017/8/31 23:12
 この風景は見覚えが。
仙人さん こんばんは。
手付かずの蛇谷ヶ峰は個人サイトにてチラホラ見るくらいで、これは貴重なレコですね!
特に蛇谷(・475)の尾根を歩かれたとなれば、コメントせずにはいられません。

(赤ペンキしかない)滝谷ノ頭は大正解です。
記憶が正しければピーク写真の左端、光が当たっている幹の向こう側に苔むしたボロボロ看板が地面にありませんでしたか?
ピークより縦走路を武奈ヶ岳方向に進み右側足元、赤黒の杭の近くです。

P.S.
スタート写真ですが、滝谷ノ頭の方向は中央右、小さく見える電柱の延長線上で、奥の凸部に見えるのは滝谷ノ頭から南へ延びる尾根が東へ分岐した支尾根(co570)のようです。
登録日: 2017/3/27
投稿数: 79
2017/9/1 5:52
 Re: この風景は見覚えが。
Captsubaさん こんにちは。

地図で見ると、確かにスタート地点から滝谷ノ頭は見えませんね。手前の支尾根が邪魔しています。

次は蛇谷を遡行して蛇谷ヶ峰。下山は滝谷ノ頭横の支尾根を下りたいと思ってます。今回の逆コース。
未知のコースは何が有るか楽しみです。期待外れも多いですが・・

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ