また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 124712 全員に公開 沢登り丹沢

世附川水系 勧淵沢〜番ケ平

日程 2011年08月06日(土) [日帰り]
メンバー
 kamog(CL)
天候晴れのち曇り(雷が昼なっていたが現地は降られず)
アクセス
利用交通機関
車・バイク
世附川橋東側駐車場
(10台程度駐車可、トイレなし)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

駐車場8:41-
8:49勧淵橋-
堰堤(懸垂で高巻く)9:05-
9:27標高440m二俣(右俣へ)-
標高640m二俣で中間尾根へ-
11:24番ケ平(867m)11:48-
勧淵沢左岸尾根下降-
12:41世附川橋(靴洗い)-
12:50駐車場=
山北駅南側/さくらの湯(入浴)
コース状況/
危険箇所等
■勧淵沢(かんぶちさわ)

 丹沢湖畔、世附川南側に流れ込む短い沢。
 西側隣の源五郎沢は準メジャーな沢で難しい滝がある。
 勧淵沢の遡行対象は標高600mくらいまでで、
 それより上流は植林の倒木がずっと続き沢も平凡だ。

 遡行グレード:1級

 |安湖を浅瀬(世附)方面へ行き、2本目の橋/世附川橋(1本目の橋は
  世附大橋)の手前にある駐車場に置く。10台程度可で、ここはトイレは
  ないが、もう少し浅瀬側の駐車場にはきれいなトイレもある。
  または世附川橋を渡り左へ行くと世附川ロッヂ前の路肩に7-8台は
  駐車可。その先はゲート(今回は開いていた)がある。

 勧淵橋の左側から沢へ入るが、材木が積んであり崩れそうなので注意。
  まず出てくる高い堰堤は要塞状で登れず左側から大きく高巻く。
  堰堤10m上から急な斜面を木の根頼りで下り、最期はえぐれているので
  5mの懸垂下降で堰堤上に戻る。

 1當蘊緝瑤良弦370m二俣は水量比1:3で短い左俣の方が水量がある。
  ここは水量の少ない右俣に入る。
  粘土岩の黒い沢床に1〜3mの小滝が10個以上連続しているが
  どれも問題なく登れる。
  小滝群が終わると右岸に崩れたネットと赤ハシゴあり。

 1.5m滝、右岸のザレ、3m滝と越すと20mナメ。
  ナメの最期には4mトイ状滝。
  この辺がこの沢の見所だ。
  ナメが終わると水量比3:1標高440m二俣。左俣には堰堤が架かる。

 ケλ鵑貌れば2つの3m滝、そして一筋の細い流れの5mトイ状滝。
  ホールド細かそうなので左側から高巻く。
  その後も滝は連続する。
  2m、4m(卦)、多段L20m、3mでどれも登れる。

 少し進むと涸棚が出てくる。下から眺めると10m程度かな?だが
  25mはある。クライミング的には卦-程度で簡単だが
  登り続けるといきなり沢状は終わってしまう。
  実はこの涸棚の左手のガレが本流の棚のようだが、下からはそうは
  見えなかったし、脆そうで登れそうもないので、上記ルート取りをして
  左へトラバースする方がやはりよかったと思う。
  PS 涸棚の上部でまだ動いて息のあるウリ坊(イノシシの子供)がいた。
     しかし既に眼は死んでおりたくさんのハエや蜂がたかっていた。

 Г海海ら上流は両岸とも植林帯で、また沢中はそれらの倒木が多く
  とても登る気はしない。特に滝も何もないので、標高640m二俣状から
  中間尾根を登って番ケ平に向かう。
  番ケ平頂上手前はスズタケを多少の藪漕ぎ。
ファイル 20110806kannbuchisawa.xls (更新時刻:2011/08/05 22:45)
過去天気図(気象庁) 2011年08月の天気図 [pdf]

写真

未知の沢に向け出発!
2011年08月06日 08:29撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
未知の沢に向け出発!
世附川橋(大橋じゃないよ)を渡る
2011年08月06日 08:30撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
世附川橋(大橋じゃないよ)を渡る
世附川ロッヂには大勢のファミリーが・・・
夏休み♪
2011年08月06日 08:34撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
世附川ロッヂには大勢のファミリーが・・・
夏休み♪
左端から入渓
2011年08月06日 08:41撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左端から入渓
最初の堰堤は要塞状で左から大きく巻き懸垂5mで沢に戻る
2011年08月06日 08:50撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初の堰堤は要塞状で左から大きく巻き懸垂5mで沢に戻る
この沢は粘土岩だ
2011年08月06日 08:59撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この沢は粘土岩だ
きれいなナメの小滝が続いている
2011年08月06日 09:03撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
きれいなナメの小滝が続いている
ナメ最後の滝
2011年08月06日 09:06撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ナメ最後の滝
難しい滝は特にない
2011年08月06日 09:12撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
難しい滝は特にない
5mトイ状滝
これは左側から巻いた
2011年08月06日 09:31撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5mトイ状滝
これは左側から巻いた
1
先日の台風の痕跡が沢中に残っている
水流の痕跡からして深さ2-3mは増水していただろう
2011年08月06日 09:42撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先日の台風の痕跡が沢中に残っている
水流の痕跡からして深さ2-3mは増水していただろう
25mはある涸棚を登る
2011年08月06日 09:51撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
25mはある涸棚を登る
ちょっと臭いなと思っていたら
生後間もないウリ坊が谷に落ちていた。
それもまだ息がある。
しかしハエやハチがその最期を待つようにたくさん集っている。
自然の厳しさ・・・そっと枯れ葉をかけてあげた。
2011年08月06日 09:52撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっと臭いなと思っていたら
生後間もないウリ坊が谷に落ちていた。
それもまだ息がある。
しかしハエやハチがその最期を待つようにたくさん集っている。
自然の厳しさ・・・そっと枯れ葉をかけてあげた。
標高600mから上流は植林の倒木がずっと沢を塞いでおり遡行価値はなくなる
2011年08月06日 10:09撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高600mから上流は植林の倒木がずっと沢を塞いでおり遡行価値はなくなる
沢を横に見ながら尾根を辿った
2011年08月06日 10:14撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢を横に見ながら尾根を辿った
ずっとこんな倒木が塞いでいる
2011年08月06日 10:48撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ずっとこんな倒木が塞いでいる
標高640m二俣から中間尾根を登る
2011年08月06日 10:57撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高640m二俣から中間尾根を登る
番ケ平は笹薮の中
2011年08月06日 11:12撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
番ケ平は笹薮の中
左岸尾根を下降する
2011年08月06日 11:54撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左岸尾根を下降する
標高530m尾根分岐は左の急な尾根へ
2011年08月06日 12:00撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高530m尾根分岐は左の急な尾根へ
林道に出た
2011年08月06日 12:26撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道に出た
世附川橋のすぐ東側
2011年08月06日 12:27撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
世附川橋のすぐ東側
左岸尾根を下りてきた箇所
2011年08月06日 12:27撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左岸尾根を下りてきた箇所
隣の沢で靴を洗う
2011年08月06日 12:32撮影 by CA65 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
隣の沢で靴を洗う
訪問者数:1590人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

ゲスト
登録日:
投稿数: 0
2011/8/8 7:54
 勧淵沢
こんにちわ。
マシラさんの行かれた岩の割れ目から噴出す清水はどの辺りでしょう?
もう水が涸れてしまっているんでしょうか
登録日: 2005/11/15
投稿数: 537
2011/8/8 19:05
 特には
tetuJA11さん

さて・・・特に顕著な湧き水ポイントは気がつきませんでしたね。
マシラさんの記録は詳しく見ていませんが、標高370m
二俣の左俣かもしれませんね。
3:1で左俣の水量の方が多かったですから。
地形図的には右俣が本流なので我々は今回右を攻めました。
ゲスト
登録日:
投稿数: 0
2011/8/8 19:29
 そうですか〜
ありがとうございます。
今日行こうかと思い勧淵橋まで行ったのですがあまりに水流少ないので雷木沢に変更しました

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する記録※内容が近いものを自動的に表示しています。

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ