また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1249321 全員に公開 ハイキング甲信越

笠松山(仕事兼下見)

日程 2017年09月08日(金) [日帰り]
メンバー 子連れ登山, その他メンバー5人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間15分
休憩
1時間10分
合計
5時間25分
S佐倉神社09:1710:5725番観音(分岐)11:35笠松峠11:4312:00三等三角点「笠松峠」12:0312:06笠松峠13:0513:2825番観音(分岐)14:22梅ヶ久保公園(神社)登山口14:42佐倉神社G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
佐倉神社〜笠松山登山口間でたくさんのヒルと遭遇。
なんとかやられずに済みました。
過去天気図(気象庁) 2017年09月の天気図 [pdf]

写真

ナデシコの仲間。
こんな標高で珍しい、と思いましたが、上の方に意外とありました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ナデシコの仲間。
こんな標高で珍しい、と思いましたが、上の方に意外とありました。
2
登山道。
思ったよりもきつくなかった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道。
思ったよりもきつくなかった。
中途半端に積まれたケルン。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中途半端に積まれたケルン。
1
峠のちょっと手前から。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
峠のちょっと手前から。
1
飯田山本方面が望める唯一のスポット。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
飯田山本方面が望める唯一のスポット。
2
空に透かしてみた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
空に透かしてみた。
2
今日の展望はこんな感じ。
南アルプスの稜線は見えません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日の展望はこんな感じ。
南アルプスの稜線は見えません。
2
ちょっと足を伸ばして、三等三角点「笠松峠」。
山頂は行こうと思ったけど面倒そうなのでやめました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっと足を伸ばして、三等三角点「笠松峠」。
山頂は行こうと思ったけど面倒そうなのでやめました。
1
再び笠松峠に戻って、マツムシソウ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再び笠松峠に戻って、マツムシソウ。
1
「マツムシ草を踏まないで」とありますが、右脇に生えているのはウツボグサです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「マツムシ草を踏まないで」とありますが、右脇に生えているのはウツボグサです。
2
キアゲハだろうか。山頂にたくさん飛んでいたので、ズームを駆使して撮れた1枚。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キアゲハだろうか。山頂にたくさん飛んでいたので、ズームを駆使して撮れた1枚。
2
土台のコンクリートの隙間にキイロスズメバチの巣が。
近付くとものすごい羽音が聞こえました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
土台のコンクリートの隙間にキイロスズメバチの巣が。
近付くとものすごい羽音が聞こえました。
1
帰り道、特に何もないピークに寄り道。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰り道、特に何もないピークに寄り道。
1
梅ケ久保・一番観音分岐。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
梅ケ久保・一番観音分岐。
1
この電線はどこに続いているのだろうか。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この電線はどこに続いているのだろうか。
梅ケ久保のコースですが、七番観音がありました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
梅ケ久保のコースですが、七番観音がありました。
1

感想/記録

仕事としての山歩き、兼、別の仕事のための下見登山。

子連れのコースタイムを見積もるのが目的でした。

自分のペースでは歩けなかったものの、目的は果たせたし、あまり暑くなかったし、久しぶりにのんびり登れたので満足です。
訪問者数:140人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/8/16
投稿数: 39
2017/10/29 10:48
 子連れの次
こんにちは。
数人子連れのコースタイム取りのあとは、実際に大勢連れて紅葉登山の引率でしょうか?
来年、また「親連れ」登山はどう?
A子いわく「また甲武信行きたい」のだそうで、行かないか、と。僕もいい機会なので来年の5月連休あたりならいいかな、とも考えています。今年は、もう雪がありそうなので。
実は、先週か今週、槍ヶ岳に行きたかったのですが、立て続けに台風にやられ今年は断念、せっかくチェーンスパイク買ったのに。
登録日: 2012/3/7
投稿数: 38
2017/11/1 14:41
 Re: 子連れの次
ここ数週間の台風はホント嫌なところを突いてきましたね。

その通り。この山行の2週間くらい後に、30人くらいで登りました。

甲武信はまた考えておきますね。あのあたりは5月の連休だとまだ雪が多いかも。

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ