また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1255144 全員に公開 沢登り大台ケ原・大杉谷・高見山

明神谷(馬の鞍谷)

日程 2017年09月10日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち62%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間54分
休憩
1時間20分
合計
8時間14分
S三之公林道終点06:5007:25明神滝08:1612:55馬ノ鞍峰13:2114:38明神滝14:3915:02三之公林道終点15:0415:04ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
下山道には、おそらく今年に巻かれたであろう新しいピンクテープがついてあり、道迷いすることはまったくない。
その他周辺情報入之波温泉は受付が16:00まで
過去天気図(気象庁) 2017年09月の天気図 [pdf]

写真

林道終点
2017年09月10日 06:27撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道終点
この看板のせいで間違えて右に行ってしまった。よく見ると正解は左。右は行き止まり。非常に多くの人が間違えているようで右の道もしっかり踏まれている。
2017年09月10日 07:01撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この看板のせいで間違えて右に行ってしまった。よく見ると正解は左。右は行き止まり。非常に多くの人が間違えているようで右の道もしっかり踏まれている。
明神滝によって写真撮影し、もう一度登山道へ登り返す。
2017年09月10日 07:23撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明神滝によって写真撮影し、もう一度登山道へ登り返す。
二の滝は直登しない。
2017年09月10日 08:25撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二の滝は直登しない。
右岸を巻くと、登山道にでる。
2017年09月10日 08:26撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右岸を巻くと、登山道にでる。
もう一度沢に降りると、ちょっとした釜を軽く泳いで突破。簡単
2017年09月10日 08:35撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう一度沢に降りると、ちょっとした釜を軽く泳いで突破。簡単
ここも泳いで突破。簡単
2017年09月10日 08:46撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここも泳いで突破。簡単
岩のつまる4m
2017年09月10日 09:13撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩のつまる4m
9m滝。練習でザイルを出すも直登は怖いので、左側を登った。
2017年09月10日 09:15撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9m滝。練習でザイルを出すも直登は怖いので、左側を登った。
1
9m滝を登る。写真よりも全然高度感はない。
2017年09月10日 09:34撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9m滝を登る。写真よりも全然高度感はない。
滝の落ち口をリードで登る
2017年09月10日 10:02撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝の落ち口をリードで登る
核心の3段25mを上から撮影。2段目までは簡単なのでザイルなしで行ったが、3段目は少し難しそうなのでザイルを出した。直登はシャワーをガンガン浴びる。
2017年09月10日 10:08撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
核心の3段25mを上から撮影。2段目までは簡単なのでザイルなしで行ったが、3段目は少し難しそうなのでザイルを出した。直登はシャワーをガンガン浴びる。
1
25m滝を下から
2017年09月10日 10:10撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
25m滝を下から
斜滝2段12mはお助け紐で引き上げる。
2017年09月10日 10:34撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
斜滝2段12mはお助け紐で引き上げる。
1
770m二俣。馬の鞍谷方面を望む
2017年09月10日 10:54撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
770m二俣。馬の鞍谷方面を望む
5m。直登したはず。
2017年09月10日 11:26撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5m。直登したはず。
1
6mは左岸を巻く。
2017年09月10日 11:29撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6mは左岸を巻く。
伏流地帯。奥にまた水が流れているのが見える。
2017年09月10日 11:43撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伏流地帯。奥にまた水が流れているのが見える。
7mはロープなし
2017年09月10日 11:52撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7mはロープなし
1
9mはザイルを出した。
2017年09月10日 11:54撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9mはザイルを出した。
1
最後は急斜面を登ると山頂よりも西側の尾根にでる。
2017年09月10日 12:52撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後は急斜面を登ると山頂よりも西側の尾根にでる。
しっかりした看板。ピンクテープが道沿いについているので迷わず降りられる。(逆にテープがなければ迷うのは必至)
2017年09月10日 13:45撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しっかりした看板。ピンクテープが道沿いについているので迷わず降りられる。(逆にテープがなければ迷うのは必至)
カクシ平
2017年09月10日 14:12撮影 by DMC-FT20, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カクシ平
麻婆ナス定食(つけ麺ver)
2017年09月10日 18:17撮影 by SGP641, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
麻婆ナス定食(つけ麺ver)
今回も完食。せっかく山に行ったのにリバウンド。
2017年09月10日 18:44撮影 by SGP641, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回も完食。せっかく山に行ったのにリバウンド。

感想/記録

先週末の小谷川で、今シーズンの沢は終わりのはずだったが、中トトロ様が「水が足りない」とおっしゃられたため、急遽沢登りを設定。1級程度で、そこそこ近場で、さらに自分らが行ったことがない沢ということで、明神谷をチョイス。当初、柏原谷が第一候補だったが、下山で道迷い、懸垂をせずに降りられている記録がないほどの下山が難しいようなので、下山が比較的容易なこちらに決定。
アプローチは登山道を行くだけ(一か所看板地点で間違える)。二ノ滝8mとイリハシ谷9mの滝は直登困難だが、核心の25m滝を含めて直登できるところが多い。ただし初心者がいる場合は25m滝も三段目でザイル確保が必要。結局自分が25m滝(ザイル)、二段12m(お助け紐),9m(ザイル)とフリー(確保なし)でリードして、ザイル、お助け紐で後続を確保した。特に25m滝は1段目から確保していたらザイルが屈曲して面倒なことになっていただろうし、逆に3段目でザイルがなかったら後続は登れなかったと思うので、現場で登りながら最良の判断ができたと自画自賛したい。
下山は真新しいピンクテープが大量にあったので、まったく迷わずに下山できたが、これがなければ迷うこともあるかもしれないようなルート。下りのスペシャリストの中トトロ様が11,000回転でガンガン飛ばすので1時間40分で山頂から下り終わった。おかげで入之波温泉にも間に合った。ヒル被害はY氏1名2か所。登りで手袋内、下りで足首をやられた。夕飯は今回もフードバトルをして完食。そしてリバウンドが止まらない。
訪問者数:199人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ