また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1262138 全員に公開 ハイキング八ヶ岳・蓼科

北横岳 爺婆ハイク

日程 2017年09月19日(火) [日帰り]
メンバー
 CWVC14_May(記録)
天候
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 ケーブルカー等
ロープウエイ駅の駐車場はがら空きだった。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.5〜1.6(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち89%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間45分
休憩
57分
合計
5時間42分
S北八ヶ岳ロープウェイ山頂駅09:0209:15縞枯山荘09:22雨池峠09:2309:46雨池山09:5211:07三ッ岳11:1012:25三ツ岳分岐12:3012:30北横岳ヒュッテ13:0713:29北横岳13:3213:32北横岳(南峰)13:3413:47北横岳ヒュッテ13:55三ツ岳分岐14:35坪庭14:44北八ヶ岳ロープウェイ山頂駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
三ツ岳登り〜分岐は岩ゴロゴロで一寸登り難い
その他周辺情報石遊(いしやす)の湯はこじんまりとした湯だった。
過去天気図(気象庁) 2017年09月の天気図 [pdf]

写真

ロープウエイ山頂駅前
2017年09月19日 09:00撮影 by PLE-701L, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロープウエイ山頂駅前
坪庭入り口辺りは車椅子での移動ができる。
2017年09月19日 09:06撮影 by PLE-701L, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
坪庭入り口辺りは車椅子での移動ができる。
準備中の縞枯山荘。
2017年09月19日 09:15撮影 by PLE-701L, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
準備中の縞枯山荘。
2
雨池峠。ここまでは歩きやすい道だった。
2017年09月19日 09:21撮影 by PLE-701L, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨池峠。ここまでは歩きやすい道だった。
雨池山の展望台 一方向しか視界がない。
2017年09月19日 09:48撮影 by PLE-701L, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨池山の展望台 一方向しか視界がない。
雨池山山頂 周囲は樹木で展望はない。
2017年09月19日 10:09撮影 by PLE-701L, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨池山山頂 周囲は樹木で展望はない。
三ツ岳の急な登り。急で岩がゴロゴロしていて登り難い。
2017年09月19日 10:37撮影 by PLE-701L, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ツ岳の急な登り。急で岩がゴロゴロしていて登り難い。
やっと喫に着いた。稜線は大きな石がゴロゴロしていて石の間に落ちないように歩くのは骨が折れる。
2017年09月19日 10:39撮影 by PLE-701L, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと喫に着いた。稜線は大きな石がゴロゴロしていて石の間に落ちないように歩くのは骨が折れる。
2
三ツ岳の曲。ルートは岩の上のマークだが分かり難い。婆様は次の石に足が届かなくて大変だった。
2017年09月19日 11:07撮影 by PLE-701L, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ツ岳の曲。ルートは岩の上のマークだが分かり難い。婆様は次の石に足が届かなくて大変だった。
鎖も何か所かある。
2017年09月19日 11:18撮影 by PLE-701L, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鎖も何か所かある。
大きな岩道
2017年09月19日 11:24撮影 by PLE-701L, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大きな岩道
やっと坪庭と北横岳を結ぶルートに出た。ここからはとても良い道になる。
2017年09月19日 12:27撮影 by PLE-701L, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと坪庭と北横岳を結ぶルートに出た。ここからはとても良い道になる。
北横岳ヒュッテ。ハイカーが沢山食事中だった。
2017年09月19日 12:35撮影 by PLE-701L, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北横岳ヒュッテ。ハイカーが沢山食事中だった。
北横岳山頂。景色がすばらしい。遠くの山々が眺望できる。
2017年09月19日 13:30撮影 by PLE-701L, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北横岳山頂。景色がすばらしい。遠くの山々が眺望できる。
2
隣の蓼科山
2017年09月19日 13:30撮影 by PLE-701L, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
隣の蓼科山
1
南八ヶ岳の峰々
2017年09月19日 13:30撮影 by PLE-701L, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南八ヶ岳の峰々
1
北横岳ヒュッテに戻って来た。右へ行く道標は七つ池へのものだ。
2017年09月19日 13:47撮影 by PLE-701L, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北横岳ヒュッテに戻って来た。右へ行く道標は七つ池へのものだ。
先ほどの坪庭への分岐道。この看板が登り口にもあったら登らなかったかも知れない。
2017年09月19日 13:55撮影 by PLE-701L, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先ほどの坪庭への分岐道。この看板が登り口にもあったら登らなかったかも知れない。
1
坪庭への道は快調だ
2017年09月19日 14:05撮影 by PLE-701L, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
坪庭への道は快調だ
1
ロープウエイ山頂駅に戻りついた。
2017年09月19日 14:45撮影 by PLE-701L, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロープウエイ山頂駅に戻りついた。

感想/記録

天気が良く気温が高めという天気予報だったので北八ヶ岳に行くことにした。レンタカーで3時間半ということなので短めで楽そうなハイキングを計画した。Nレンタカーのヴィッツを24時間で借りて\5900(特別割引)、440km走ってガソリン代\2514だった。結局一番高かったのは往復の高速代だった。高速使った長距離のレンタカー代はカーシェアリングよりかなり安い。
 自宅を5:00に出てロープウエイ駅に到着したのは8:30で8:40始発のロープウエイに乗ることができた。乗客は20人前後ですいていた。ちなみにロープウエイはペット不可でトイレは出発駅では利用料なしだが山頂駅は利用料\100(近くの山小屋のトイレ使用料も¥100)、授乳室もある。往復\1900だが予めコンビニで予約券を購入すると\1700となる。坪庭は一部バリアフリーになっている。山頂駅の坪庭近辺の雰囲気は高尾山や御岳山や筑波山のロープウエイ駅を降りたところと大差ない感じで、平日ということもあってほとんどが高齢者だった。
 今日は青空で日に焼けそうだったが気温は12℃位で風の当たるところで休んでいると寒い。縞枯山荘は準備中だった。雨池峠から雨池山を越えて三ツ岳を登るが三ツ岳はかなりの難物だった。それに加えて私は体調不良で登り始めてから高山病っぽい症状が出て来た。高山病は40数年前の白根三山以来で一寸苦しかった。高度差100mあまりと侮っていたが、そもそも山頂駅が標高2200mで岩ごろごろで足場が悪いのに加えてロープ、鎖があり体力を予想以上に使った。婆様は「顔色が悪いよ」とは言ったが、「引き返そう」とは言わなかったので登って行った。岩ごろごろの稜線はコースを見定めるのもナンチャッテハイカーには難しいかも知れない。婆様は足の長さの関係で岩の間に落ちないようにするのが大変だったが、手取り足取りコースタイムの2倍かけてやっと北横岳ヒュッテにたどり着いた。この部分ですれ違ったのはソロオジサン二人と婆7人と爺7人の総勢14人団体だけだったがこの団体には結構厳しかっただろう。帰り道で見つけた看板には「岩場で危険…」という看板があった。
 北横岳ヒュッテには大勢の高齢者ハイカーがいて昼食をとっていたので我々もここで昼食をとった。休憩中に足がつったので薬を飲んでいたら、周りのハイカーがそれを見ていて「芍薬甘草湯」の薬の話で盛り上がった。食事後の100mの北横岳山頂への登りがとても辛かった。顔色が真っ青だと婆様が心配していたが、そうかといって山頂を諦める風でもなかったので仕方なくついていった。山頂からの眺めは良かったが冷たい風が強く長居は出来なかった。下るにつれて体調は良くなり、坪庭に着くころにはすっかり元気を取り戻した。
 帰りには近くの石遊(いしやす)の湯に行った。近くにあるのは知っていたが何と読むのかわからなくてカーナビに打ち込めなかった。こじんまりとした温泉で第二次世界大戦の時に鉄鉱石の採掘時に見つけた湯で64℃の湯を冷まして湯船に入れているとのことで\520はお薦めだ。単純泉を沸かして使っている温泉(ただの井戸水沸かし湯だと思うのだが)と称している所が多い昨今では珍しい。男湯と女湯は別棟で男湯は年寄りが2〜3人で女湯は若い人も含めて5〜6人いたそうだ。帰りに裏の畑で取れたトマトと南瓜を買って来た。
訪問者数:188人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

高山病 道標 ヒュッテ
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ