また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1266302 全員に公開 ハイキング近畿

段ケ峰(生野荘跡〜千町峠〜生野荘跡周遊コース)

日程 2017年09月24日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
生野荘跡に駐車(10台ぐらい駐車可能)
駐車場は奥にもありそうに思って行ってみたが、奥は門があり会社名があがっていたので、バイオトイレのすぐ横に駐車した。
8時30分の時点で5台ほど駐車していた。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間45分
休憩
25分
合計
6時間10分
S生野高原登山口08:3509:20達磨ヶ峰10:45フトウガ峰11:25段ヶ峰11:5012:15千町峠14:45生野高原登山口14:45ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
生野荘跡から達磨ケ峰までは300mほどの登りだが、草刈りも行き届き、木漏れ日の中快適に歩ける。達磨ケ峰から段ケ峰までは、庭園、森林公園、高原散歩。
段ケ峰から千町峠までも歩きやすい道。
一番の難所は、林道歩き。道標もないし、未舗装部分は砕石が足の裏に堪える。
過去天気図(気象庁) 2017年09月の天気図 [pdf]

写真

生野荘跡駐車場
手前にある茶色の建物がバイオトイレ
2017年09月24日 08:25撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
生野荘跡駐車場
手前にある茶色の建物がバイオトイレ
9:20達磨が峰
ピークに展望はない。
2017年09月24日 09:19撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9:20達磨が峰
ピークに展望はない。
達磨が峰のピークには展望がないが、少し進むとフトウケ峰から段ケ峰の稜線が見える。
2017年09月24日 09:24撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
達磨が峰のピークには展望がないが、少し進むとフトウケ峰から段ケ峰の稜線が見える。
9時35分第二峰
ちょっと休憩
2017年09月24日 09:39撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9時35分第二峰
ちょっと休憩
展望のいい高原散歩か木漏れ日の森林公園散歩しかない(^^)
2017年09月24日 09:46撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望のいい高原散歩か木漏れ日の森林公園散歩しかない(^^)
10時35分三角点
フトウが峰山頂はもう少し先だが、展望が開け気持ちいい場所。
ここでゆっくりしてもいいかも。
2017年09月24日 10:35撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10時35分三角点
フトウが峰山頂はもう少し先だが、展望が開け気持ちいい場所。
ここでゆっくりしてもいいかも。
10時45分フトウが峰
なんて広々としているんだ。
2017年09月24日 10:46撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10時45分フトウが峰
なんて広々としているんだ。
10時50分フトウが峰分岐
ここを左にとると「杉谷登山道」でエスケープルートになっている。
2017年09月24日 10:51撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10時50分フトウが峰分岐
ここを左にとると「杉谷登山道」でエスケープルートになっている。
快適な高原散歩が続くなだらかな稜線をたどると左手に段が峰
2017年09月24日 10:54撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
快適な高原散歩が続くなだらかな稜線をたどると左手に段が峰
11時25分から50分
段が峰でゆっくり昼食。
2017年09月24日 11:27撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11時25分から50分
段が峰でゆっくり昼食。
2
段が峰からフトウが峰、達磨が峰を振り返る。
ほんまになだらか。
2017年09月24日 11:39撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
段が峰からフトウが峰、達磨が峰を振り返る。
ほんまになだらか。
12時15分千町峠
段が峰から南に進み140mほど尾根を下ると千町峠。
道は達磨が峰の登りほどではないが、きれいに整備されていて歩きやすい。
小屋で飼われている犬の声が聞こえると峠は近い。
2017年09月24日 12:15撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12時15分千町峠
段が峰から南に進み140mほど尾根を下ると千町峠。
道は達磨が峰の登りほどではないが、きれいに整備されていて歩きやすい。
小屋で飼われている犬の声が聞こえると峠は近い。
千町峰からの林道はなだらかに、そして長く長くつづく。
未舗装部分もかなりあり、普通車の通過は厳しいか。
実際オフロードバイクしか見かけなかった。
2017年09月24日 12:22撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
千町峰からの林道はなだらかに、そして長く長くつづく。
未舗装部分もかなりあり、普通車の通過は厳しいか。
実際オフロードバイクしか見かけなかった。
13時25分杉谷登山口にであう。
林道はまだ半分ぐらいか・・・( ノД`)
2017年09月24日 13:26撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13時25分杉谷登山口にであう。
林道はまだ半分ぐらいか・・・( ノД`)
ここの分岐はわかりにくい。
正解は、左手にとり、舗装路を登っていく。(50mほど高度が上がる)
最初、右手に下ってしまい、途中左手にゴルフ場が見えて間違いに気づいて引き返した。
2017年09月24日 13:53撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここの分岐はわかりにくい。
正解は、左手にとり、舗装路を登っていく。(50mほど高度が上がる)
最初、右手に下ってしまい、途中左手にゴルフ場が見えて間違いに気づいて引き返した。
林道はなだらかに下っているイメージだったので、けっこうな登り道に不安になるが、しばらくすると別荘地が見えてきて、右手下にゴルフ場も見えてきてホッとする。
2017年09月24日 14:11撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道はなだらかに下っているイメージだったので、けっこうな登り道に不安になるが、しばらくすると別荘地が見えてきて、右手下にゴルフ場も見えてきてホッとする。
テニスコートを過ぎ、ゴルフ場のクラブハウスを過ぎて、ええ加減嫌になったころ、ようやくスタート地点に到着。右手奥の建物がバイオトイレ。
2017年09月24日 14:33撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テニスコートを過ぎ、ゴルフ場のクラブハウスを過ぎて、ええ加減嫌になったころ、ようやくスタート地点に到着。右手奥の建物がバイオトイレ。
14時35分。生野荘跡に到着。2時間20分の林道歩き・・・以外はむっちゃええ山でした。
次は周遊でなくピストンしようっと。
2017年09月24日 14:36撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
14時35分。生野荘跡に到着。2時間20分の林道歩き・・・以外はむっちゃええ山でした。
次は周遊でなくピストンしようっと。
撮影機材:

感想/記録
by i335

生野荘跡の駐車場は意外と狭い。
達磨が峰への登りは300m登りぱなしだが、道がよく整備されており、勾配もさほどきつくもない。
たおやかな山容なので、天気さえよければ本当に快適な散歩が楽しめる。
ただし、千町峠からの林道歩きは、なかなか辛い。木漏れ日の中のゆったりした下り道なので、さほど疲労せずに行けるかと思いきや、未舗装路の砂利が結構足の裏にきた。ここを通過するなら山靴をお勧め。そして、分岐に道標がないので、注意。(写真9を参照)
訪問者数:233人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ