また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1269052 全員に公開 ハイキング栗駒・早池峰

焼石連峰・紅葉満喫周回ルート

日程 2017年09月26日(火) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
土日は休みだと思いますが、尿前林道は伐採作業をしています。
割と大きな車が行き交ったり、チェーンソーの音が聞こえます。
林道でのスピードの出し過ぎにご注意を。
東北南部からのアクセスの場合、一関ICから国道342号線を須川高原方面に向かい、焼石栗駒ほっとライン利用でアクセスすると便利です。
祭畤大橋のあたりが焼石栗駒ほっとライン入り口です。
最終のトイレは登山口にもありますが、同じく登山口のつぶ沼キャンプ場を通りますので、そちらでも可能です。

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.4〜0.5(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち65%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間58分
休憩
30分
合計
4時間28分
S中沼登山口09:3509:51中沼09:59上沼10:0010:09つぶ沼コース分岐10:20銀明水避難小屋10:2210:50姥石平分岐10:57東焼石岳西分岐11:03東焼石岳11:0711:10東焼石岳西分岐11:23焼石神社11:2411:33南本内岳11:5211:59焼石神社12:13焼石岳12:1412:45横岳13:14銀明水避難小屋13:1513:32つぶ沼コース分岐13:3313:42上沼13:49中沼14:03中沼登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
お花畑コースをほんの少しだけ歩いてみたけれど、特におもしろいことを思いつかなかったのですぐに引き返した
コース状況/
危険箇所等
銀明水避難小屋付近では、クマの出没率が高いようです。
クマが生息している真っ只中に入っていくことを強く意識してください。
クマのエサになるような食べ物を残していくことで、クマがよりこの付近にいつく原因にもなります。
過去天気図(気象庁) 2017年09月の天気図 [pdf]

写真

中沼から見上げる横岳
赤いですね〜
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中沼から見上げる横岳
赤いですね〜
2
銀明水を過ぎた所の泥濘箇所
ボランティアによる整備作業が行われ、汚れずに歩けるようになりました。
うまく階段状に土留めを作ってくれています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
銀明水を過ぎた所の泥濘箇所
ボランティアによる整備作業が行われ、汚れずに歩けるようになりました。
うまく階段状に土留めを作ってくれています。
5
紅葉の隙間をぬって歩く楽しさたるや
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉の隙間をぬって歩く楽しさたるや
2
横岳の斜面は真っ赤か
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横岳の斜面は真っ赤か
2
姥石平のビューポイント
ここで3時間くらい昼寝したい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
姥石平のビューポイント
ここで3時間くらい昼寝したい。
2
東焼石岳に登る最中、横岳を振り返る
いつもながら、日の差し加減が難しい山だな…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東焼石岳に登る最中、横岳を振り返る
いつもながら、日の差し加減が難しい山だな…
1
東焼石岳
こちらからみるとこんもりしているけれど、北側から見ると案外かっこいい山容なのだ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東焼石岳
こちらからみるとこんもりしているけれど、北側から見ると案外かっこいい山容なのだ。
2
チングルマの紅葉
姥石平を過ぎると、いたるとこでチングルマの紅葉が見られます。
つまり、春にはチングルマの花がたくさん、たくさん咲くわけです。
そう、春は楽しい、楽しい焼石岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チングルマの紅葉
姥石平を過ぎると、いたるとこでチングルマの紅葉が見られます。
つまり、春にはチングルマの花がたくさん、たくさん咲くわけです。
そう、春は楽しい、楽しい焼石岳。
6
ジャンプその
東焼石岳のピーク
1,507m
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ジャンプその
東焼石岳のピーク
1,507m
7
南本内岳直下にある湖沼
南本内川の源流部。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南本内岳直下にある湖沼
南本内川の源流部。
2
ジャンプその
南本内岳のピークから少し奥に入った場所
1,492m(本当の山頂はここではありません)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ジャンプその
南本内岳のピークから少し奥に入った場所
1,492m(本当の山頂はここではありません)
6
南本内岳のピーク
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南本内岳のピーク
5
南本内岳山頂の標柱のあった場所を振り返る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南本内岳山頂の標柱のあった場所を振り返る
そして、目指すは焼石岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして、目指すは焼石岳
でっかい岩がゴロゴロある道を越えていくと
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
でっかい岩がゴロゴロある道を越えていくと
焼石岳山頂の広場
紅葉に囲まれた泉水沼を見下ろす絶好のビューポイント。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
焼石岳山頂の広場
紅葉に囲まれた泉水沼を見下ろす絶好のビューポイント。
3
ジャンプその
焼石連峰主峰
1,547m
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ジャンプその
焼石連峰主峰
1,547m
5
ジャンプその
おまけでもう一回焼石岳のピークで。
奥に見えるのは横岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ジャンプその
おまけでもう一回焼石岳のピークで。
奥に見えるのは横岳。
4
焼石連峰で一番お気に入りの風景
残念ながら道はない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
焼石連峰で一番お気に入りの風景
残念ながら道はない。
4
横岳への登りの最中、焼石岳を振り返る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横岳への登りの最中、焼石岳を振り返る
3
横岳の山塊南西面の紅葉
うわー、すげー、きれー
そう叫びます、必ず。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横岳の山塊南西面の紅葉
うわー、すげー、きれー
そう叫びます、必ず。
12
姥石平を見下ろす
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
姥石平を見下ろす
2
ジャンプその
横岳でジャンプ。
最後のピークにつき、本日最後のジャンプ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ジャンプその
横岳でジャンプ。
最後のピークにつき、本日最後のジャンプ。
6
紅葉がそのまま地滑りを起こしたのか…?
と思っちゃうくらい、すごい斜面の赤さ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉がそのまま地滑りを起こしたのか…?
と思っちゃうくらい、すごい斜面の赤さ
4
とにかくキレイな南西面の紅葉
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とにかくキレイな南西面の紅葉
ミヤマキンポウゲ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミヤマキンポウゲ
1
ミヤマリンドウ
嬉しくなるくらいたくさん咲いています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミヤマリンドウ
嬉しくなるくらいたくさん咲いています。
2
ハクサンイチゲ
まだまだ咲いています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハクサンイチゲ
まだまだ咲いています。
4
エゾオヤマリンドウ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
エゾオヤマリンドウ

感想/記録

コーヒーを飲みながら、cheezeさんと紅葉登山談義。
当初この日に予定していた和賀岳に、つい先日行ってきたcheezeさん。
「あと一週間先がピークだね」と。
それではと、2014年のヤマケイを取り出してきて
「焼石の紅葉でも調査に行ってきますか!」と応じてみたら、cheezeさんからも背中を押してもらいました。
天気はあいかわらずバッチリで、焼石連峰の美しい、それはもう美しい紅葉を満喫してきたのであります。

東焼石、南本内、焼石、横岳と主要ピークを巡りながら、それぞれ違った斜面を持つ焼石連峰を様々な角度から眺めてはうっとり。
ああ、焼石の紅葉はこんなにも素晴らしいのか…とため息が出ました。

横岳からの景色は、本日のハイライト。
なかなか見る機会のない、南西斜面の色づきはまさにピーク。
銀明水小屋の管理人さんに「ピークは過ぎたね」と言われてはいたものの、いやいやこれはまだまだピークと言っていい美しさ。
毎日見る人とたまにしか見ない人の見え方の差ですね。
これを毎日見て、これよりも美しい姿を見ているなんてうらやましい。
焼石山頂で話した管理人さんと銀明水のベンチで再会。
しばし座り込んで山談義をしてきました。
見守る人がいる山というのは、なんともいいものです。

--注意------------------------------------------------------------
横岳の登山道は、一般登山道ではありません。
登山道としての使用許可がおりていない道で、管理されていませんので踏み跡程度の不明瞭な道です。
また刈り払いも一切されていません。
地元の人を中心に、この山域に詳しい人がいないと通行できません。
また、銀明水小屋から稜線に上がる斜面は滑落、落石など非常に危険です。
この付近はクマの出没率が高い場所でもありますので、安易には入山しないでください。
レスキューもとても難しい場所です。
横岳に登りたいのであれば、姥石平の先に横岳と焼石岳の鞍部があり、ここが分岐点となっています。
そこから20分程度の登りで展望のよい場所に到達できます。
横岳の山頂を示すものは何もありませんので、あまり奥に進みすぎず、適当なところで鞍部に引き返していただくのが安全です。
訪問者数:488人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/2/23
投稿数: 704
2017/9/26 19:56
 花の焼石
びっくりですね、まだまだこんなにいろいろ咲いてるなんて。今年はチョウジギク見逃したと思ってたんですが、先日は焼石に行っとけばよかったかな。
横岳からの下り道、難しそうですね。今日は下界は一日快晴でしたが、山は少し雲があったかな。
お疲れ様でした、足早すぎですよ
登録日: 2016/9/1
投稿数: 72
2017/9/26 20:06
 Re: 花の焼石
おかげさまで行って参りました。
ハクサンイチゲは、驚くことにまだまだキレイな株がたくさんあるのです。
姥石平から東焼石と南本内に向かう辺りにたくさんあります。
これは10月でも生き残りがありそうな気配ですよ。
南本内への分岐点などにミヤマリンドウもとってもキレイに咲いていました。
これが普段通りだというなら、9月下旬の焼石は外せない山になりそうです

雲は時にピークを覆い隠すような時もありましたし、影を作るほど大きく、厚いものがありました。
おかげで強い日差しを遮ってくれたかなと好意的に思っています。
風もさほど強くなく、気持ちよく感じられました。

今日も「トレイルランニングですか?」と声をかけられましたが
「見た目はそのようにしか見えないと思いますが、そのつもりはないんです」と回答。
半袖半ズボンじゃないところが、私なりの線引です
登録日: 2014/11/20
投稿数: 28
2017/9/29 21:04
 とても速い山行ですね!
オボコンベ山行の際情報を頂いた者です。岩手にお越しくださったのですね。
岩手県民として嬉しいです。(^v^)
私は横岳の紅葉が大好きで近年は毎年行っておりました。
が、今年は刈り払いがないのですね…。
さて、東焼石ピークからちょっと下ると、池が見える風景があるんです。
私は好きな風景なんですが、ご覧になりましたか?
是非見ていただきたかったな・・・と思い、つい書き込んでしまいました。
今週末、山形、宮城方面に単独行きます。
ずうずうしくも、もしお勧めがあったら教えてくだされば幸いです。m(_)m
登録日: 2016/9/1
投稿数: 72
2017/9/29 21:23
 Re: とても速い山行ですね!
その節は、レコを参考にしていたただきありがとうございました。

今年は岩手の山にはずいぶん足を運んでいますが、特に焼石は我が家からそう遠くはありませんので、ちょくちょく行ってます。
横岳の紅葉は、それはもう素晴らしい景色でした
この登山道は使用許可がおりていない道で、刈り払いはしてはいけない道なんだそうです。
3年前に誤って刈り払いしてしまい、あと数年で藪も濃くなると思います。
以前に通行したことのある人でしたら、道迷いもなく記憶を頼りに歩けると思います。

お話しの東焼石からの景色、もちろん見てきましたよ。
近くにある栗駒山と違い、焼石は地塘というよりは、湖沼が多くて景観のアクセントになっていますよね。
それがとても気に入っているところでもあります。

今週末の山形、宮城方面ですか。
船形山は登ったことはありますか?
紅葉にはまだ少し早いと思いますが、なかなかステキな山ですよ。
私の今年のレコに2つのせていますので、参考にどうぞ。

あとは、秋田、山形に連なる神室連峰の主峰神室山なんかもよいのではないかと思います。
山頂付近はいい感じに紅葉していると思いますよ。
現在の天気予報では、どちらの山も土曜日よりは日曜日がよいようです。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ