また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1269087 全員に公開 講習/トレーニング関東

リハビリで、きのこ鑑賞、いい運動。

日程 2017年09月20日(水) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候北関東の森。十分行動できました。
コース状況/
危険箇所等
平坦な場所を選んで行動しました。
過去天気図(気象庁) 2017年09月の天気図 [pdf]

写真

ハナイグチ。盛りです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハナイグチ。盛りです。
1
こちらは、若いヤマイグチ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは、若いヤマイグチ。
アセタケ系。不食。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アセタケ系。不食。
カラムラサキハツか、類種。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カラムラサキハツか、類種。
1
これも、眺めてかわいい、ベニタケ科のきのこ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これも、眺めてかわいい、ベニタケ科のきのこ。
1
キシメジ科の足の長いきのこ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キシメジ科の足の長いきのこ。
フウセンタケ科のきのこ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
フウセンタケ科のきのこ。
2
チビホコリタケ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チビホコリタケ。
3
ツガサルノコシカケの幼菌と思う。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツガサルノコシカケの幼菌と思う。
フウセンタケ科のきのこ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
フウセンタケ科のきのこ。
ホコリタケ。食べると、無味。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ホコリタケ。食べると、無味。
1
ノボリリュウタケ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ノボリリュウタケ。
1
ノボリリュウタケの、変形?。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ノボリリュウタケの、変形?。
1
キツブナラタケ。豊作。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キツブナラタケ。豊作。
1
黒毛っぽい、ナラタケ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒毛っぽい、ナラタケ。
同。大木に大繁殖中。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
同。大木に大繁殖中。
2
ヌメリスギタケにしては、ヌメリが少ない。スギタケに近いものかもしれない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヌメリスギタケにしては、ヌメリが少ない。スギタケに近いものかもしれない。
1
これは、スギタケ、またはツチスギタケの心配もあり外見
ヌメリスギタケと風合いが異なるときは、見るだけに。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これは、スギタケ、またはツチスギタケの心配もあり外見
ヌメリスギタケと風合いが異なるときは、見るだけに。
極上のナラタケ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
極上のナラタケ。
1
なんと、育ちかけの、シイタケ。状態はきわめて良好。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんと、育ちかけの、シイタケ。状態はきわめて良好。
3
けっこう、大きめのものも。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
けっこう、大きめのものも。
1
生きががよく、育ったところを選んで。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
生きががよく、育ったところを選んで。
5
帰宅後、三分の一ほどを、素焼きにして、岩塩とオリーブ油をふりかけ、熱々をいただきました。香りと、ジュウシーなエキスがたまらない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰宅後、三分の一ほどを、素焼きにして、岩塩とオリーブ油をふりかけ、熱々をいただきました。香りと、ジュウシーなエキスがたまらない。
2

感想/記録

 大ケガから入院とリハビリ、自宅での自主リハビリを重ねて、もうすぐ3ヶ月。
 患部の痛みがほとんどなくなり、筋力と持久力をつけて行くために、初めて、フィールドでのリハビリをおこないました。

 これまで出かけたことがあるところで、できるだけ平坦な地形の場所を検討して、湖があり、標高もあるところに、温泉静養へ。
 万歩計装着で2日間しっかり歩きました。

 そこで、ちょっとだけは期待していた、その予想を大きく超える、きのことの出合いがありました。おかげで、まったく元気に、湖一周のなどのトレーニングをすすめることができました。

 足の骨折と捻挫とで、スクワットのように足首とふくらはぎにかかる運動は、とくに弱点になってきた。その問題も、ほどほどの段差での歩行を体験できたうえに、連続2時間近い行動も体験できて、希望が見えるリハビリになりました。

 10月からは、仕事に復帰します。まだ早帰りからの開始ですが、体の回復が実感できるなかで「出勤再開」を迎えられそう。
 ただ、いまの私は、転倒一つしても、せっかく組み上げてきた足腰が、危うくなる。体を元に戻すのは、より困難になります。歩くことができなくなる危険は、まだ続く。
 これからは、ときどきはフィールドにも出て行って、比較的平らなところで、引き続き、リハビリ、がんばりたいです。
 
訪問者数:184人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

13B
登録日: 2011/10/5
投稿数: 1545
2017/9/26 23:55
 良かったです。
tanigawaさん、リハビリを兼ねたきのこ観賞と温泉宿、とても良いお出かけになった事と思います。
お体の方も順調に回復されているようで何よりです。
来月からは職場復帰されるとの事、おめでとうございます。いきなり大変な状況での復職でしょうか。
通勤でも、よそ見歩きの不意打ちとか特に注意ですね。
私も骨折療養過程でバカをやって再骨折なんて経験がありますorz.

また、きのこの方ではいつもありがとうございます。
こうして久しぶりにtanigawaさんのきのこ写真を見れるのも嬉しいです。
しかし不思議ですね。
写真13〜16辺り、比較的らくな姿勢で撮れる(と思われる)位置のきのこを除けば、tanigawaさんの体が万全でない事が写真にもハッキリ表れてくるのですね。
登録日: 2007/7/19
投稿数: 3044
2017/9/27 9:06
 Re: 良かったです。
  13B さん、お気遣いいただいて、ありがとうございます。
 久しぶりの野外は、新鮮でした。今年の秋は、遅めですね。その分、今回は秋到来の様子で、一気に生えだしてきている感じでした。標高が高い場所だったのも良かったようです。
 写真は、私は不勉強なので自己流でやってます。そして、カミさんも情景を写しこんだ画角で楽しんでますので、大目に見てください。
 これから10日間くらいが、今年のシーズンの山場。
 そして、10月半ば以降は、ナメコ、エノキタケ、ヒラタケなど初冬のきのこが、おそらく例年通りの賑わいになると思います。
 良い条件に恵まれると、いいですね。
13B
登録日: 2011/10/5
投稿数: 1545
2017/9/28 22:04
 きのこ本番
tanigawaさん、
あ、いや、すみません。写真の事はヘンな意味で言った訳ではありません。
私ごときの、きのこをただ上から写すだけの男がtanigawaさんの素晴らしい写真に意見するなどあり得ません。
奥様が写された写真などはtanigawaさんの喜びが伝わってくる、ぜひ見たかった写真です!

これから10日間くらいが、今年のシーズンの山場!
こちらも久しぶりに適度な雨がありましたので、週末辺りから期待出来そうな予感を感じています。ウラベニホテイシメジとサクラシメジ、自分で採って料理に生かしてみたいです。

おかげさまで晩秋のぶなの森のきのこは、少し手が出るようになってきました。
本当は11月中旬くらいのクリタケ、ナメコの鍋倉高原(下界辺り)のシーズンに、tanigawaさんをコテージへお誘いしたかったのですが、何やらコテージが値上げになってしまいました(森の家からは周辺でのきのこ採集禁止の通達も出ましたが、平坦な観察会適地はそれ以外にもありますね)。
登録日: 2007/7/19
投稿数: 3044
2017/9/29 8:46
 Re: きのこ本番
 13Bさん、私は被写体まかせで、きのこに惹かれて写してるだけですから、あまり気にしないで、楽しんでいきましょう。
 今回は、体に負荷をかけられない分、やさしい地形のところを選んで動いたので、かえって、きのこを求める人は少なく、静かに撮影できました。
 今が真っ盛りです。がんばってね。

関連する山の用語

サル スギ ブナ 出合
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ