また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1270771 全員に公開 ハイキング北アメリカ

マウナ・ケア〜超手抜き、富士より高いお鉢巡り

日程 2017年09月26日(火) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候概ね晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
マウナ・ケア山頂駐車場
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
33分
休憩
0分
合計
33分
Sスタート地点05:0805:27マウナ・ケア山05:41ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
天文台のある頂から本当の山頂は南東指呼の間でちょっぴり高くそびえている
真の山頂はマオリの聖地なので、登らない方がよいが(がくっきりトレイルで結構登られている模様)。妥協点として山頂の祭壇5m以内には入らなかった。
単純ピストンなら片道10分かからない
山頂火口周回(直径400m余り)もはっきり踏まれている。
過去天気図(気象庁) 2017年09月の天気図 [pdf]

写真

常夏の国ハワイに来ました。
て、なんか寂しい?
ハワイでもBig Islandのハワイ島のKonaです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
常夏の国ハワイに来ました。
て、なんか寂しい?
ハワイでもBig Islandのハワイ島のKonaです。
1
今回の脚。ジープラングラ―君です。
一応愛車もずっと4駆ですが、ごついです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回の脚。ジープラングラ―君です。
一応愛車もずっと4駆ですが、ごついです。
3
溶岩の原と青い海
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
溶岩の原と青い海
2
最初に立ち寄ったクイーンズ・マーケット・プレイスにいた頭が赤い鳥。
Yellow-Billed Cardinal(和名キバシコウカンチョウ)のようです。市街地にいっぱいいました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初に立ち寄ったクイーンズ・マーケット・プレイスにいた頭が赤い鳥。
Yellow-Billed Cardinal(和名キバシコウカンチョウ)のようです。市街地にいっぱいいました。
8
サドルロードをつっぱしり、マウナケアの麓に来ましたが、上部は雲の中です。取りあえず星見と高度順化を兼ねて今日はオニヅカビジターセンター(2,800m地点)へ行ってみます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
サドルロードをつっぱしり、マウナケアの麓に来ましたが、上部は雲の中です。取りあえず星見と高度順化を兼ねて今日はオニヅカビジターセンター(2,800m地点)へ行ってみます。
マウナケア分岐あたりは溶岩むき出しの広大な原
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マウナケア分岐あたりは溶岩むき出しの広大な原
オニヅカビジターセンターに着くと、マウナケアへの登路入口のすぐ脇の小ピークに登ってみました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オニヅカビジターセンターに着くと、マウナケアへの登路入口のすぐ脇の小ピークに登ってみました
4
ビジターセンター周辺散策中、リーゼント軍団発見!
California Quail (和名カンムリウズラ)の様。
薄暗くてピンボケなのが残念。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ビジターセンター周辺散策中、リーゼント軍団発見!
California Quail (和名カンムリウズラ)の様。
薄暗くてピンボケなのが残念。
4
Erckel’s Francolin(和名クロガオシャコ)も後ろ姿Get!
まあ、いかにも熱帯の鳥といういでたちの真っ赤なアカハワイミツスイを撮り逃がしたんですが。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
Erckel’s Francolin(和名クロガオシャコ)も後ろ姿Get!
まあ、いかにも熱帯の鳥といういでたちの真っ赤なアカハワイミツスイを撮り逃がしたんですが。
3
登頂の朝が来ます。Hiroのホテルでの夜明けの海。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登頂の朝が来ます。Hiroのホテルでの夜明けの海。
3
ホテルフロントに遊ぶ小さなハト。
Zebra Dove(チョウショウバト)です。
市街地いたるところにいます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ホテルフロントに遊ぶ小さなハト。
Zebra Dove(チョウショウバト)です。
市街地いたるところにいます。
3
Hiroで唯一24時間営業のパンケーキとオムレツの有名店で朝食。小生はロコモコ丼。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
Hiroで唯一24時間営業のパンケーキとオムレツの有名店で朝食。小生はロコモコ丼。
3
意味不明だが店内に鎮座しています
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
意味不明だが店内に鎮座しています
5
ようし、今日は山頂が見えている!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようし、今日は山頂が見えている!
2
朝のサドルロードを60マイル/hで突っ走ります。
正面は世界一大きい山マウナロア
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝のサドルロードを60マイル/hで突っ走ります。
正面は世界一大きい山マウナロア
2
マウナケア分岐に入ったところで草原を走るラプトル?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マウナケア分岐に入ったところで草原を走るラプトル?
2,500m付近にはこのような光景が。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2,500m付近にはこのような光景が。
マウナケア山頂に行く場合は、オニヅカセンターで高度順化1時間を取ります。
合間にĀhinahina (和名銀剣草)。シルバーソードの方が有名かも知れません。分布はヒマラヤとここだけとか
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マウナケア山頂に行く場合は、オニヅカセンターで高度順化1時間を取ります。
合間にĀhinahina (和名銀剣草)。シルバーソードの方が有名かも知れません。分布はヒマラヤとここだけとか
1
マウナケアへの車道には「4×4」と大書されています。
前半フラットダートで滑り易い道です。ラングラ―君の本領発揮です。マウナロアが見えてきます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マウナケアへの車道には「4×4」と大書されています。
前半フラットダートで滑り易い道です。ラングラ―君の本領発揮です。マウナロアが見えてきます。
1
舗装路になり傾斜がゆるむと山頂部が見えます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
舗装路になり傾斜がゆるむと山頂部が見えます。
あっけなく、天文台のある山頂着。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あっけなく、天文台のある山頂着。
3
火口を挟み真の山頂が見えます。
すぐそこです。
細君を車に残し出発です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
火口を挟み真の山頂が見えます。
すぐそこです。
細君を車に残し出発です。
1
最短路ピストンではなく、せめて火口を一周して登頂します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最短路ピストンではなく、せめて火口を一周して登頂します。
北東、眼下に広がる斜面の岩の並びはモレーンでしょうか。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北東、眼下に広がる斜面の岩の並びはモレーンでしょうか。
コメ塚の様なピークの向こうにマウナロア。
全身が収まりません
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コメ塚の様なピークの向こうにマウナロア。
全身が収まりません
2
火口は直径400mほどでしょうか。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
火口は直径400mほどでしょうか。
5
お鉢最低部から天文台のあるピークを見上げる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お鉢最低部から天文台のあるピークを見上げる
超稜部の一角に乗っかったところからハワイ島北部の山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
超稜部の一角に乗っかったところからハワイ島北部の山
1
右手山腹には広大な溶岩原と寄生火山が。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右手山腹には広大な溶岩原と寄生火山が。
1
頂上はすぐそこです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上はすぐそこです。
2
頂上の祭壇。マオリの聖地です。
異教徒の身※は、5m以内には寄りません。
※実際はどこの教徒でもありませんが
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上の祭壇。マオリの聖地です。
異教徒の身※は、5m以内には寄りません。
※実際はどこの教徒でもありませんが
5
南東の溶岩原が広大です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南東の溶岩原が広大です。
5
マウナロア。なんてでかい山でしょう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マウナロア。なんてでかい山でしょう。
今帰るからねー。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今帰るからねー。
駐車場から頂上を見返す
大変申し訳ありません<(_ _)>。
1 聖地に立ち入ったこと
2 手抜きピークハントだったこと
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場から頂上を見返す
大変申し訳ありません<(_ _)>。
1 聖地に立ち入ったこと
2 手抜きピークハントだったこと
2
車での帰路。北部の海岸線が見えています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車での帰路。北部の海岸線が見えています。
雲の上にマウイ島の山々(ハレアカラか?)が浮かぶ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲の上にマウイ島の山々(ハレアカラか?)が浮かぶ
これが氷河痕跡の羊背岩でしょうか。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これが氷河痕跡の羊背岩でしょうか。
3300m付近から下には高山植物が
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3300m付近から下には高山植物が
これはなんでしょう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これはなんでしょう。
葉のようですが、蝋細工のよう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
葉のようですが、蝋細工のよう。
8
オニヅカビジターセンターに帰ると黒点観望をしていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オニヅカビジターセンターに帰ると黒点観望をしていました。
うーん(調査中)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
うーん(調査中)。
大分下ったところでマウナロア
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大分下ったところでマウナロア
お、行きで見かけたラプトル達?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お、行きで見かけたラプトル達?
2
サドルロードの両側には紅い花の絨毯が目立つ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
サドルロードの両側には紅い花の絨毯が目立つ
近づくとありふれた雑草のようだが・・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
近づくとありふれた雑草のようだが・・・・
1
下ってくるとランがいっぱい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下ってくるとランがいっぱい
2
Kalij Pheasant(和名ミヤマハッカン)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
Kalij Pheasant(和名ミヤマハッカン)
4
Hiroの街中に戻ると巨大な樹。
支柱根がいかにも熱帯的です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
Hiroの街中に戻ると巨大な樹。
支柱根がいかにも熱帯的です。
2

感想/記録
by odax

 北朝鮮のICBMの射程外への避難を兼ねて、椰子の木陰で休息中です。というか、細君の強い要望で遅い夏休みを取り、マイナー好きodaxにはおよそ似つかわしくないワイハ(モチ小生は初)で過ごしています。
 ワイハ行き承諾に、出した条件が小生が"マウナケア登頂の時間を作ること"でした。
 無論当初はオニヅカセンターから歩いて往復するつもりでしたが、谷川岳行後左膝に痛みが残り、下からの登頂は断念。山頂付近翌週のチャリ乗りでさらに痛めてしまった様で、断念しました。
 そのため、細君も上まで連れて行くことに。ヤマレコに乗っけるのも恥ずかしい超手抜きピークハントとなりました。
 結果超軟弱行程で正解でした。高度に弱い細君は、事前にダイアモックスを処方してもらったのですが、短時間の待ち時間の間にも高山病の症状でつらそうでした。急いで下りました。
 単調と言えば単調ですが、スケールはでかいです。高さも感じましたね。
 マウナロアの図体のでかさにも惹かれますね。
 さすがに植物は、判らないものばかり。見たこともない熱帯の鳥たちカメラ振りっぱなしです。きれいな鳥ほど撮り逃がす、ですが。

Mauna Kea山頂360度パノラマはこちら↓
http://on.bubb.li/450340amx0ryvyec0scs4xi
訪問者数:220人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/10/27
投稿数: 1928
2017/9/29 20:12
 ハワイってアメリカのですかっ!
odaxさん、こんにちは。

いいな〜ハワイ〜
ボクはパスポートも持ってません。
2連休でさえ年に数回なので海外は夢のまた夢です
仕事をリタイヤしたら嫁も連れて行ってあげたいな〜。

鳥も植物も見た事のないものばかりですね〜
登録日: 2012/3/25
投稿数: 1433
2017/9/30 18:47
 スパリゾートじゃないっすよ
 makoto1959さん、コメントありがとうございます。
 現在こちらは夜11時過ぎです。
 骨休めに来たはずが、”いろいろ”ありまくりの珍道中で、疲れ果てて います。そもそも英語もろくに話せないのに、海外に個人旅行に行くなんて、地図も読めない で、山 に登るようなもんですね
 熱帯の鮮やかな花や鳥たち、ある意味マウナケア登頂より楽しみにしてたんですが、特に鳥は、声はすれども生い茂る葉の間の鳥たちを見つけるのは難しいですね
 それと一番驚いたのが、熱帯の島のはずが、ハワイ島の朝夕は結構涼しいのです。
 makoto1959さんもハワイを訪れることがあるなら、是非Big Islandハワイ島へも脚を伸ばしてください。あ、マウナケア山頂へ(天文台見学とかで)ドライブされる際は、いつものスピードスター系車種 では行けませんので、たまにはマッチョ系4駆でお越しください。
登録日: 2011/6/29
投稿数: 5591
2017/9/30 22:24
 odaxさん、こんにちは。
ハワイにこんな高い山があるんですね〜
海が近くて、ガスが沸きやすそうな
場所なのに、ピーカンでいいですね。
カラカラに乾いた荒涼とした
スケールの大きな地形は、国内では
富士山が一番似てるのでしょうか。
でも、富士山より1000Mも高いとは
思えないのは、温暖な気象ゆえでしょうかね。
登録日: 2012/3/25
投稿数: 1433
2017/10/1 21:36
 お鉢巡りは富士の圧勝
 Komakiさん、コメありがとうございます。
 ハワイ島には、富士 より高い4200m級の大きな火山が2つあります。
 1つ目は、今回手抜き登頂したマウナケアで、海面下の基盤面からの高さは1万m以上とエベレストを凌ぐ実質世界一高い山と言われています。晴天率、が高く、大気汚染の影響が少ない条件から、頂上部には各国の天文台が林立しています。そのため車道が頂上部まで通じており、登頂のみ目的なら車で行く伊吹山並みです。
 2つ目は、マウナロア山で盾状火山の典型の様な山姿をしています。そのため、標高ではマウナケアに僅かに及びませんが、山体のボリュームはこれを遥かに凌ぎ 、世界一大きい山と言われています。こちらは、車で行けるのは途中までで、高度のある長い頂稜部は1日がかりで、高度に弱い人には苦しいでしょう。
 マウナケア山頂からの俯瞰は、確かに富士 より高さを感じました。植栽のない単純な地形が火星に来た様なイメージでした。もう一度登りに来たいかと問われたら、疑問符 ですが、日本の山では味わえないにスケール感を感じました。まあ、頂上噴火口の風格は、富士 がブッチギリですが
登録日: 2011/8/13
投稿数: 378
2017/10/3 15:15
 へ〜 へ〜
へ〜 へ〜
次の本格登山第3弾を期待していましたが
アルペンルートに行く予算がない人が
グアムはともかく
沖縄、サイパンじゃなく ハワイですか
いや〜
予想もしない 展開に
コメントが思いつきません
取り敢えず 
初海外登山&海外レコ
おめでとうございます
on-boroP
登録日: 2012/3/25
投稿数: 1433
2017/10/3 23:06
 島の最高峰
 boroPさん、コメありがとうございます。
 小生のお小遣いは火の車 ですが、細君のへそくりはどこからともなく旅行費用を捻出しています 。これもodaxお得意の”ついでハイク”のひとつです。拡大版島の最高峰シリーズ、なーんて。
 しかし、きちんと登山口(マウナケアの場合2,800ⅿのオニヅカセンター)から登りたかったところです。
 やーしかし、小生「ハワイ」というタイプじゃないですよ〜。英語話せない、島育ちのくせに泳げない、何より高級リゾートが似合わない。滞在日を重ねるにつれ、(英語話せない・通じないので)どんどん機嫌が悪くなりました。
 ただ、ハワイ島は、ちょっと田舎っぽくて、それ点では違和感をあまり感じませんでした。
 グァムと違い、ハワイの島には山らしい山があるのはいいですね。

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ