また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1275485 全員に公開 ハイキング赤城・榛名・荒船

鈴ヶ岳

日程 2017年09月03日(日) [日帰り]
メンバー 子連れ登山, その他メンバー3人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
白樺牧場駐車場(無料)
トイレあり
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.1〜1.2(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち45%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間43分
休憩
1時間1分
合計
4時間44分
S新坂平バス停08:5509:02新坂平登山口09:31ウバコ山09:56鍬柄山10:22大ダオ10:56鈴ヶ岳11:5512:17大ダオ12:1912:49鍬柄山13:06ウバコ山13:32新坂平登山口13:38新坂平バス停13:39ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
笹が生い茂っているところあり。
痩せ尾根、岩場あり。
新坂平登山口〜ウバコ山までは踏み跡が錯綜している。
その他周辺情報白樺牧場の売店のソフトクリームはおいしかった。
過去天気図(気象庁) 2017年09月の天気図 [pdf]

写真

白樺牧場駐車場に到着。標高1430m。
麓からここまで自転車で登ってきた多くのライダーが休んでいる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白樺牧場駐車場に到着。標高1430m。
麓からここまで自転車で登ってきた多くのライダーが休んでいる。
登山口まで少しだけ車道を歩く。
目の前の左右に横たわっている尾根が、これから歩く登山ルートだ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口まで少しだけ車道を歩く。
目の前の左右に横たわっている尾根が、これから歩く登山ルートだ。
最初は笹に覆われた小さな尾根を登って行く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初は笹に覆われた小さな尾根を登って行く。
踏み跡は錯綜していて、分岐点があちらこちらにある。
どの道を歩いてもすぐに合流するが、道は1本の方が歩きやすい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
踏み跡は錯綜していて、分岐点があちらこちらにある。
どの道を歩いてもすぐに合流するが、道は1本の方が歩きやすい。
美しい樹林帯。松ぼっくり等を拾いながら登って行く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
美しい樹林帯。松ぼっくり等を拾いながら登って行く。
途中で展望台があったので寄り道する。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中で展望台があったので寄り道する。
目の前に見えるのは赤城山最高峰の黒檜山。
前の山が邪魔をして、大沼は見えない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
目の前に見えるのは赤城山最高峰の黒檜山。
前の山が邪魔をして、大沼は見えない。
眼下に見えるのは白樺牧場。左の赤い屋根の建物がある場所からここまで歩いてきた。
背後に聳えているのは地蔵岳だ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
眼下に見えるのは白樺牧場。左の赤い屋根の建物がある場所からここまで歩いてきた。
背後に聳えているのは地蔵岳だ。
ところどころで緊急時の連絡用の番号が張り付けられている。
10番が山頂かと思ったら、14番が山頂だった…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ところどころで緊急時の連絡用の番号が張り付けられている。
10番が山頂かと思ったら、14番が山頂だった…
緩やかな尾根道かと思ったら、結構な急斜面が現れる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
緩やかな尾根道かと思ったら、結構な急斜面が現れる。
次は草に覆われた登山道。背の低い息子は大変そうだ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次は草に覆われた登山道。背の低い息子は大変そうだ。
難路を過ぎると展望の良い場所に出てくる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
難路を過ぎると展望の良い場所に出てくる。
ここからは西側の展望が開ける。
正面に見える複式火山は榛名山、その背後は浅間山だ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからは西側の展望が開ける。
正面に見える複式火山は榛名山、その背後は浅間山だ。
ここまで登ると、黒檜山の麓に広がる大沼を望むことができる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここまで登ると、黒檜山の麓に広がる大沼を望むことができる。
展望が広がってからわずかの距離で鍬柄山の山頂に到着する。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望が広がってからわずかの距離で鍬柄山の山頂に到着する。
ここでちょうどコースの中間地点。正面に見えるのはかつて登った荒山だ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここでちょうどコースの中間地点。正面に見えるのはかつて登った荒山だ。
あちらこちらに赤とんぼが飛んでいる。
もう少し涼しくなると下界に下りてくるのだろう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あちらこちらに赤とんぼが飛んでいる。
もう少し涼しくなると下界に下りてくるのだろう。
鍬柄山から先はものすごい痩せ尾根になる。
両側の斜面はかなりの傾斜で危険なので、息子とは手をつないで歩いていく。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鍬柄山から先はものすごい痩せ尾根になる。
両側の斜面はかなりの傾斜で危険なので、息子とは手をつないで歩いていく。
大ダオに到着。鍬柄山と鈴ヶ岳の鞍部で登山道の十字路になっている。
ここから最後の登りが始まる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大ダオに到着。鍬柄山と鈴ヶ岳の鞍部で登山道の十字路になっている。
ここから最後の登りが始まる。
ここから先は急斜面の連続だ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから先は急斜面の連続だ。
途中で岩場も現れる。
今日は標高差の少ないゆったり登山を想定していたが、思った以上にアップダウンがあり、登山道も難しい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中で岩場も現れる。
今日は標高差の少ないゆったり登山を想定していたが、思った以上にアップダウンがあり、登山道も難しい。
岩場が連続して現れる。
決して難しい岩場ではないのだが、子連れだと少々厳しい道だ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩場が連続して現れる。
決して難しい岩場ではないのだが、子連れだと少々厳しい道だ。
頭上を見上げると、葉が光を浴びて美しく光っている。
5枚の葉があるが、ゴヨウツツジだろうか?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頭上を見上げると、葉が光を浴びて美しく光っている。
5枚の葉があるが、ゴヨウツツジだろうか?
狭い岩の隙間をよじ登る。大人は頭をぶつけそうだ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
狭い岩の隙間をよじ登る。大人は頭をぶつけそうだ。
山頂に近づくと登山道の側にいくつかの石碑が見られる。
昔は信仰の山だったようだ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂に近づくと登山道の側にいくつかの石碑が見られる。
昔は信仰の山だったようだ。
急な斜面を登り続けて30分、ようやく山頂が見えてくる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急な斜面を登り続けて30分、ようやく山頂が見えてくる。
鈴ヶ岳山頂に到着する。標高1565m。
樹木に囲まれた比較的狭い山頂だ。
持っている地図には「展望良好」と書かれているが、ほとんど展望はない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鈴ヶ岳山頂に到着する。標高1565m。
樹木に囲まれた比較的狭い山頂だ。
持っている地図には「展望良好」と書かれているが、ほとんど展望はない。
山頂には大きな石碑がある。
こんな大きな石を運ぶことは不可能なので、ここで彫ったのだろう。
登山者の数は多く、比較的人気の山のようだ。
子供たちは昼食をとったら、とんぼや蝶を追いかけている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂には大きな石碑がある。
こんな大きな石を運ぶことは不可能なので、ここで彫ったのだろう。
登山者の数は多く、比較的人気の山のようだ。
子供たちは昼食をとったら、とんぼや蝶を追いかけている。
下りは登りと同じ道。慎重に岩場を下る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りは登りと同じ道。慎重に岩場を下る。
鞍部からは登り道だ。アップダウンのある登山道のため、下りの中でも結構登りがある。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鞍部からは登り道だ。アップダウンのある登山道のため、下りの中でも結構登りがある。
痩せ尾根を登る。下りの時よりは安心して見ていられる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
痩せ尾根を登る。下りの時よりは安心して見ていられる。
鍬柄山に到着する。
結果的に本山行の最も良い展望ポイントはこの山頂だった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鍬柄山に到着する。
結果的に本山行の最も良い展望ポイントはこの山頂だった。
遠くに見えるのは日光の山々、右奥に見えているのは皇海山だ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠くに見えるのは日光の山々、右奥に見えているのは皇海山だ。
無事、白樺牧場まで下ってくる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事、白樺牧場まで下ってくる。
駐車場に到着後、牧場を眺めながらソフトクリームを食べる。ここのソフトクリームは非常においしい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場に到着後、牧場を眺めながらソフトクリームを食べる。ここのソフトクリームは非常においしい。

感想/記録

本日は絶好の秋晴れ。
赤城山にはこれまで春〜初夏にしか訪れたことがなかったため、新たな景色を求めて秋晴れの一日に鈴ヶ岳を訪れてみることにする。
のんびりハイキングを予定していたが、痩せ尾根あり、岩場あり、アップダウンありで、案外ハードな登山だった。
下山後に白樺牧場の売店で食べたソフトクリームがおいしかった。
訪問者数:46人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

鞍部 白樺 山行 地蔵 クリ 下界
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ