また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1280059 全員に公開 ハイキング奥武蔵

伊豆ヶ岳(正丸駅から周回コース)

日程 2017年10月01日(日) [日帰り]
メンバー 子連れ登山, その他メンバー3人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
正丸駅前の駐車場(1日500円)
トイレあり
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間35分
休憩
1時間29分
合計
6時間4分
Sスタート地点08:4609:30伊豆ヶ岳登山口11:05伊豆ヶ岳12:0012:05五輪山12:1612:37小高山13:03正丸峠13:2613:59伊豆ヶ岳登山口14:50ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
問題なし
その他周辺情報正丸駅〜登山口の間にある御休処の中丸屋はふかしたての饅頭がおいしい。

写真

正丸駅の駐車場に車を停める。標高295m。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正丸駅の駐車場に車を停める。標高295m。
駅から下っていく階段は斜めになっていて何か歩きにくい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駅から下っていく階段は斜めになっていて何か歩きにくい。
しばらくは車道歩き。手をつないで歩いていく。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらくは車道歩き。手をつないで歩いていく。
道端にコスモスの花が咲いている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道端にコスモスの花が咲いている。
息子が「ミミズだー!」と叫んだので見てみると、そこにいたのは大きなヒル。
ヤツワクガビルという名で、血は吸わずミミズを食べて生活している。
道路だと車か人に踏まれてしまうので、枝で道端の草むらに移してあげる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
息子が「ミミズだー!」と叫んだので見てみると、そこにいたのは大きなヒル。
ヤツワクガビルという名で、血は吸わずミミズを食べて生活している。
道路だと車か人に踏まれてしまうので、枝で道端の草むらに移してあげる。
こちらはカニの死骸。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらはカニの死骸。
道の側に川があるので、車道でも様々な生物が見つかる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道の側に川があるので、車道でも様々な生物が見つかる。
御休処があって、ふかしたての饅頭を試食させてもらったら
息子が大いに気に入ったため、山で食べるようの饅頭を2つ購入する。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御休処があって、ふかしたての饅頭を試食させてもらったら
息子が大いに気に入ったため、山で食べるようの饅頭を2つ購入する。
頭上には複雑なクモの巣。辺りはクモの巣と大きなクモがやたら多い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頭上には複雑なクモの巣。辺りはクモの巣と大きなクモがやたら多い。
歩くこと45分でようやく登山口に到着。
20分の距離なので少し時間がかかり過ぎだ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩くこと45分でようやく登山口に到着。
20分の距離なので少し時間がかかり過ぎだ。
最初は沢沿いの暗い道から始まる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初は沢沿いの暗い道から始まる。
滑りやすい急な斜面を登りきると尾根道に出る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滑りやすい急な斜面を登りきると尾根道に出る。
尾根道をしばらく登ると小さな岩場に出てくる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根道をしばらく登ると小さな岩場に出てくる。
ここからは少し展望が広がる。
今日は絶好の快晴なのだが、大した山が見えないのが残念だ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからは少し展望が広がる。
今日は絶好の快晴なのだが、大した山が見えないのが残念だ。
五輪山の山頂に到着。小さなピークで登山道の分岐点になっている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五輪山の山頂に到着。小さなピークで登山道の分岐点になっている。
五輪山からの下りはちょっと滑りやすそうな斜面。
息子に「カニさん歩きで下るんだよ」と教えてあげると、手もカニさんになっている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五輪山からの下りはちょっと滑りやすそうな斜面。
息子に「カニさん歩きで下るんだよ」と教えてあげると、手もカニさんになっている。
いよいよ山頂直下の鎖場に到着。
落石が危険なため迂回路の女坂を勧める標識がある。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いよいよ山頂直下の鎖場に到着。
落石が危険なため迂回路の女坂を勧める標識がある。
鎖場の直下までやって来る。
幼児連れで鎖場を登るのは憚られるが、娘だけという訳にもいかないので
息子にも挑戦させてみる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鎖場の直下までやって来る。
幼児連れで鎖場を登るのは憚られるが、娘だけという訳にもいかないので
息子にも挑戦させてみる。
案外息子はスイスイと登って行く。
登りやすいルートさえ教えてあげれば、問題なく登れそうだ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
案外息子はスイスイと登って行く。
登りやすいルートさえ教えてあげれば、問題なく登れそうだ。
娘も後ろから登ってくる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
娘も後ろから登ってくる。
鎖場のゴールが見えてきた。あともう少しだ。
息子のサポートをしながら鎖場を登り、
ついでに写真撮影も行うとなると結構忙しい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鎖場のゴールが見えてきた。あともう少しだ。
息子のサポートをしながら鎖場を登り、
ついでに写真撮影も行うとなると結構忙しい。
鎖場を上から見下ろす。
傾斜の緩い鎖場なので一番下までは見えないが、結構長い鎖場だ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鎖場を上から見下ろす。
傾斜の緩い鎖場なので一番下までは見えないが、結構長い鎖場だ。
鎖場を登りきると、今度は木の根だらけの急登になる。
ものすごい数の根だ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鎖場を登りきると、今度は木の根だらけの急登になる。
ものすごい数の根だ。
最後に小さな岩場を超えると危険地帯は終了だ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後に小さな岩場を超えると危険地帯は終了だ。
ここからは大展望が広がる。
ゆっくり景色を見たかったが、息子が先に進んでいくため後を追いかける。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからは大展望が広がる。
ゆっくり景色を見たかったが、息子が先に進んでいくため後を追いかける。
岩場から少し歩くと伊豆ヶ岳の山頂に到着する。標高851m。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩場から少し歩くと伊豆ヶ岳の山頂に到着する。標高851m。
細長い山頂では大グループの登山者が休憩している。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
細長い山頂では大グループの登山者が休憩している。
昼食をとったら体が冷えてきたので、日向に移動して日向ぼっこ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昼食をとったら体が冷えてきたので、日向に移動して日向ぼっこ。
下山は女坂を下る。こちらは普通の登山道だ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山は女坂を下る。こちらは普通の登山道だ。
下山は少し足を延ばして正丸峠を経由することにする。
周りは植林地帯で木が密集して並んでいる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山は少し足を延ばして正丸峠を経由することにする。
周りは植林地帯で木が密集して並んでいる。
地面にハチの巣が落ちている。幸いハチはもういない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地面にハチの巣が落ちている。幸いハチはもういない。
正丸峠に到着。大きな茶屋が建っている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正丸峠に到着。大きな茶屋が建っている。
奥村茶屋の表に出てくる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥村茶屋の表に出てくる。
側には小さな展望台があり、東側の展望が広がる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
側には小さな展望台があり、東側の展望が広がる。
さらなる大展望を求めて、近くの登山道をしばらく登ってみたが、
東屋があるだけで展望は全く広がらなかったので、引き返すことにする。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらなる大展望を求めて、近くの登山道をしばらく登ってみたが、
東屋があるだけで展望は全く広がらなかったので、引き返すことにする。
正丸峠で一服したら下山を続ける。
ものすごい急斜面で手すりがないと危険なくらいだ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正丸峠で一服したら下山を続ける。
ものすごい急斜面で手すりがないと危険なくらいだ。
登山道は荒れ気味で水が流れている。
息子が極度に嫌がって避けているため、登山靴は防水で長靴と一緒だと教えてあげると、
次の水たまりに勢いよく飛び込んでいた…。教え方を間違えたようだ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道は荒れ気味で水が流れている。
息子が極度に嫌がって避けているため、登山靴は防水で長靴と一緒だと教えてあげると、
次の水たまりに勢いよく飛び込んでいた…。教え方を間違えたようだ。
慎重に木橋を渡る。息子は怖いらしく手をつないで通過する。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
慎重に木橋を渡る。息子は怖いらしく手をつないで通過する。
車道が見えてきた。山道はここまでだ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車道が見えてきた。山道はここまでだ。
道路の側に売地がある。この辺りの土地はいくらくらいで取引されているのだろう?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道路の側に売地がある。この辺りの土地はいくらくらいで取引されているのだろう?
帰りにも御休処に立ち寄り、よもぎ餅を購入。
中でお茶を出していただく。ここではずいぶんと親切にしていただいた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りにも御休処に立ち寄り、よもぎ餅を購入。
中でお茶を出していただく。ここではずいぶんと親切にしていただいた。
最後の車道を歩き切り、正丸駅に到着する。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の車道を歩き切り、正丸駅に到着する。

感想/記録

伊豆ヶ岳は山頂直下の鎖場が有名な山。
岩場が好きな娘が小学生になったのでそろそろ登れるだろうと判断し、行ってみる。
絶好の快晴に、あまり展望の開けない山ではあったが
岩場を登ったりおいしいものを食べたりと、楽しい登山だった。
訪問者数:139人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

急登 鎖場 東屋 落石
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ