ヤマレコ

記録ID: 1282430 全員に公開 ハイキング大台ケ原・大杉谷・高見山

迫力ある瀑布をめぐる大杉谷〜大台ケ原

日程 2017年10月07日(土) 〜 2017年10月08日(日)
メンバー
天候7日 曇り 8日 晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
行き JR三瀬谷駅 バス 道の駅おおだい〜大杉谷登山口
帰り バス 大台ヶ原バスセンター〜近鉄大和上市駅 
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
2時間25分
休憩
9分
合計
2時間34分
Sスタート地点12:1013:35千尋滝前休憩所13:3814:36クグリ14:3814:40ニコニコ滝前休憩所14:4414:44桃ノ木山の家
2日目
山行
6時間35分
休憩
59分
合計
7時間34分
桃ノ木山の家06:4008:20堂倉滝吊橋08:2509:30堂倉避難小屋09:3610:59日出ヶ岳11:3012:46大蛇13:0314:14ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
ヤマロガーが起動しなくなったので、ルートはヤマプラ、時間は写真の撮影時刻を参考に入力しています。
コース状況/
危険箇所等
大杉谷の岩壁沿いは濡れて大変滑りやすく鎖や滑り止めのコンクリートが塗られていますが、ないところもあるのでゆっくりとしっかりと歩きたいですね。
その他周辺情報宿泊した「桃ノ木山の家」にはお風呂があります。(石鹸、シャンプーなど使用禁止)

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 保険証 携帯 時計 タオル カメラ ラムネ 虫よけ 熊鈴 歯ブラシ 耳栓 カイロ 塩飴
備考 ヒル用虫よけ

写真

登山口まで行きバスで見えたダム湖
2017年10月07日 11:30撮影 by SH-02H, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口まで行きバスで見えたダム湖
1
吊り橋をいくつも越えます。
2017年10月07日 12:43撮影 by SH-02H, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
吊り橋をいくつも越えます。
1
橋の上から見る葉と水の緑。
2017年10月07日 13:35撮影 by SH-02H, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
橋の上から見る葉と水の緑。
鎖をしっかりつかんで歩きます。
2017年10月07日 14:00撮影 by SH-02H, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎖をしっかりつかんで歩きます。
1
このような岩登りこそ芦屋地獄谷で鍛えた成果を発揮する場所です。
2017年10月07日 14:25撮影 by SH-02H, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このような岩登りこそ芦屋地獄谷で鍛えた成果を発揮する場所です。
1
秘境に来た感じがしますね。
奥にある滝が神秘的でした。
向かって中央左側の黄色のシャツを着ている方、すごいところで休憩しています。
2017年10月07日 14:34撮影 by SH-02H, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
秘境に来た感じがしますね。
奥にある滝が神秘的でした。
向かって中央左側の黄色のシャツを着ている方、すごいところで休憩しています。
3
クグリのシャワーを存分に浴びました。
この辺でヒルに憑りつかれたのでしょうか?
2017年10月07日 14:36撮影 by SH-02H, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クグリのシャワーを存分に浴びました。
この辺でヒルに憑りつかれたのでしょうか?
2
名前のわりに豪快なニコニコ滝です。
2017年10月07日 14:50撮影 by SH-02H, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
名前のわりに豪快なニコニコ滝です。
2
平等吊橋。
あまりの高度感に下を向けませんでした。
かといって前を向くと橋が揺れているのが見えるのも怖かったです。
絵になりますね。
2017年10月07日 15:04撮影 by SH-02H, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
平等吊橋。
あまりの高度感に下を向けませんでした。
かといって前を向くと橋が揺れているのが見えるのも怖かったです。
絵になりますね。
1
桃ノ木山の家に到着。
2017年10月07日 15:40撮影 by SH-02H, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
桃ノ木山の家に到着。
3
2日目もこのような景色が続きます。
2017年10月08日 06:31撮影 by SH-02H, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2日目もこのような景色が続きます。
昨日と同様に足元に気をつけてゆっくりと進みます。
2017年10月08日 06:44撮影 by SH-02H, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昨日と同様に足元に気をつけてゆっくりと進みます。
これが日本名瀑百選の七ツ釜滝。
2017年10月08日 06:46撮影 by SH-02H, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これが日本名瀑百選の七ツ釜滝。
1
七ツ釜滝の上の方です。
2017年10月08日 06:52撮影 by SH-02H, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七ツ釜滝の上の方です。
2
緑色の綺麗な水流を見ていると恐怖も忘れる……ことはありませんでした。
2017年10月08日 07:10撮影 by SH-02H, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
緑色の綺麗な水流を見ていると恐怖も忘れる……ことはありませんでした。
1
崩壊あとの岩場ルートには赤色の印があります。
2017年10月08日 07:23撮影 by SH-02H, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
崩壊あとの岩場ルートには赤色の印があります。
小さくて見えにくいですが、壁面に沿うように進む人が見えます。
2017年10月08日 07:25撮影 by SH-02H, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小さくて見えにくいですが、壁面に沿うように進む人が見えます。
光滝。
対岸まで水しぶきが飛んできます。
しばし、感激に浸ります。
2017年10月08日 07:42撮影 by SH-02H, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
光滝。
対岸まで水しぶきが飛んできます。
しばし、感激に浸ります。
3
光滝を上流側ルートから見た一枚。
2017年10月08日 08:11撮影 by SH-02H, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
光滝を上流側ルートから見た一枚。
朝日を背にした堂倉滝。
逆光になってしまいました。
2017年10月08日 08:21撮影 by SH-02H, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日を背にした堂倉滝。
逆光になってしまいました。
1
急登では、花を見て疲れを癒します。
2017年10月08日 08:35撮影 by SH-02H, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急登では、花を見て疲れを癒します。
山頂は近いはずだと前へ。
2017年10月08日 09:49撮影 by SH-02H, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂は近いはずだと前へ。
視界が開けてもう少しが、筋肉疲労もあって長いのです。
2017年10月08日 10:56撮影 by SH-02H, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
視界が開けてもう少しが、筋肉疲労もあって長いのです。
三角点
2017年10月08日 10:59撮影 by SH-02H, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三角点
3
天気は良いのに霧が晴れず残念でした。
2017年10月08日 11:03撮影 by SH-02H, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天気は良いのに霧が晴れず残念でした。
お昼は桃ノ木山の家で買った炊き込みご飯のちまき弁当。
大変美味しゅうございました。頼んでいて良かったです。
2017年10月08日 11:16撮影 by SH-02H, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お昼は桃ノ木山の家で買った炊き込みご飯のちまき弁当。
大変美味しゅうございました。頼んでいて良かったです。
2
スマホでは鮮やかな色合いが出ません。
2017年10月08日 11:41撮影 by SH-02H, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スマホでは鮮やかな色合いが出ません。
間近で撮るとこんなに綺麗です。
2017年10月08日 11:45撮影 by SH-02H, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
間近で撮るとこんなに綺麗です。
1
豊かな樹林帯だったようですが、伊勢湾台風で飛ばされこのような姿になりました。
2017年10月08日 11:56撮影 by SH-02H, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
豊かな樹林帯だったようですが、伊勢湾台風で飛ばされこのような姿になりました。
2
神様とはいえ、こんな格好ではここまで登れないと思います。
2017年10月08日 12:31撮影 by SH-02H, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
神様とはいえ、こんな格好ではここまで登れないと思います。
大蛇堯覆世い犬磴阿蕁砲任鰐犬晴れるのを待つ人たちで渋滞してました。
2017年10月08日 12:55撮影 by SH-02H, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大蛇堯覆世い犬磴阿蕁砲任鰐犬晴れるのを待つ人たちで渋滞してました。
3
震える足に活を入れ撮っていただきましたが、高度感や迫力が全くありませんね。
2017年10月08日 13:00撮影 by SH-02H, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
震える足に活を入れ撮っていただきましたが、高度感や迫力が全くありませんね。
1

感想/記録

大杉谷
壁面をえぐったような岩場をが続く峡谷を越え次々に現れる瀑布に圧倒されっぱなしでした。吊り橋は下を流れる濁流の視覚効果もあって怖かったです。平等吊り橋では立派な壁面が演出効果を上げていました。滝は前日の雨のせいか水量が少し多めで、事前に見た写真より迫力がありました。
二日目も慎重に鎖を手繰りながら進む岩場が続きました。岩登り場は芦屋地獄谷での沢沿い登りの成果が出ました。
桃ノ木小屋は綺麗で夕飯のカツカレーも美味。ハイボールが気になりましたが、翌日のお腹が心配なので我慢しました。
早めに着いたのでお風呂に浸かる贅沢も味わえました。
光滝は圧巻。その落差、対岸まで飛ぶ水しぶきに感動しました。
川沿いを離れてからの登り道は急登部もあってかなり登りごたえがありました。
大台ケ原は晴れていましたが、周りは霧に覆われ景色は見えませんでした。
ここからの周回路も上り下りがあって疲れた肉体にはこたえました。
訪問者数:160人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2015/9/25
投稿数: 1
2017/10/10 13:09
 お疲れ様でした
桃の木山の家で隣だった者です。たまたま登山記録を拝見したのでコメントさせていただきます。桃の木から堂倉滝までは崖と鎖場の連続で大変な道でしたが渓谷美は抜群でしたね。さずが日本三大渓谷です。しかし、ここの岩は濡れるとものすごく滑るので怖かったですね。1回平らな岩の上で思いっきり転倒しました。小屋を出て40分位でその日の先頭に出たようで、誰にも会わないので熊が出ないかびくびくしながら登っていました(熊は出ませんでしたが吊橋やら登山道でやたらと蜘蛛の巣にやられました)。大台ケ原はもう少し晴れてくれるとよかったのですが、ガスがかっているのも幻想的でよかったですね。バス乗り場で再会できましたが、直行便に乗られてなかったので温泉にでも寄られたのですか?私はバス酔いや疲労のためどこにも寄らず19時には帰宅しました。掲載された写真を見て、改めて素晴らしいルートだったなぁと感じています。ちまき弁当、本当に美味しかったですね。
登録日: 2015/2/12
投稿数: 35
2017/10/10 20:02
 やりがいある疲れでしたね。
コメントありがとうございます。
どの滝も豪快な姿を見せてくれました。切り立った岩場を歩く興奮と恐怖もあって感動もひとしおでした。
だいたい転倒するのは何でもない場所なんですよね。ケガはありませんか?
先頭で熊を追い払い、くもの巣を取り払っていただいてありがとうございました。
堂倉小屋で下りの方が「初めて登って来る人に会った」と言っていたので随分と速いスピードで登られたのですね。
帰りのバスは一台で乗り切れず、私の乗った増便は途中停車をしながらゆっくりと走ってました。
心地いい疲労と達成感から帰宅途中でちょっと飲みましたら酔いが回る回る。充実した2日でした。
お疲れ様でした。
また、どこかの山でお会いしましょう。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

急登 三角点 クリ
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ