また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1284963 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走東海

鳳凰三山〜秋晴れの縦走

日程 2017年10月08日(日) 〜 2017年10月09日(月)
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
青木鉱泉 750円/日
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち75%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
5時間49分
休憩
24分
合計
6時間13分
S青木鉱泉07:0509:13南精進ヶ滝09:2311:32白糸の滝11:4212:11五色の滝12:1513:18鳳凰小屋
2日目
山行
6時間16分
休憩
18分
合計
6時間34分
鳳凰小屋14:0909:09鳳凰小屋分岐09:40鳳凰山09:5110:32薬師岳11:30御座石11:3613:50林道出合15:01中道ルート登山口15:0215:43青木鉱泉G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
中道は木の根が露出部分が多く、濡れているとスリップします。

写真

青木鉱泉からドンドコ沢ルートでスタート
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青木鉱泉からドンドコ沢ルートでスタート
工事現場を通ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
工事現場を通ります
工事現場の脇にしゃれたウェルカムボード
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
工事現場の脇にしゃれたウェルカムボード
1
南精進滝到着。
去年飛ばしてしまったので、初めて見ましたが、あまり迫力は無いですね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南精進滝到着。
去年飛ばしてしまったので、初めて見ましたが、あまり迫力は無いですね。
沢を何度か渡ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢を何度か渡ります。
鳳凰の滝。
ガスであまり見ませんでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳳凰の滝。
ガスであまり見ませんでした。
五色滝。
紅葉がいい感じです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五色滝。
紅葉がいい感じです。
滝壺まで行きました。
飛沫が凄いです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝壺まで行きました。
飛沫が凄いです。
枯れた河原に出たら小屋までもうすぐです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
枯れた河原に出たら小屋までもうすぐです。
小屋着。
受付順にスタッフに場所を指定されますが、本当にぎっしりで、張り綱はもちろん前室さえも出せません。
寝返り打つと隣とぶつかります。( ; ゜Д゜)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋着。
受付順にスタッフに場所を指定されますが、本当にぎっしりで、張り綱はもちろん前室さえも出せません。
寝返り打つと隣とぶつかります。( ; ゜Д゜)
4
夕食は妻のリクエストで山梨名物ほうとう。
普段はフリーズドライ食品なので食材が重かったです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夕食は妻のリクエストで山梨名物ほうとう。
普段はフリーズドライ食品なので食材が重かったです。
1
深夜トイレに行く時に撮影。昼間のように見えますが、月が明るくてヘッデン要らず。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
深夜トイレに行く時に撮影。昼間のように見えますが、月が明るくてヘッデン要らず。
2
星もあまり見えません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
星もあまり見えません。
2
翌朝夜露で濡れたテントを畳んで7:00出発。御来光はテントから見ました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
翌朝夜露で濡れたテントを畳んで7:00出発。御来光はテントから見ました。
地蔵ヶ岳名物の砂地獄をヒイヒイ言いながら登ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地蔵ヶ岳名物の砂地獄をヒイヒイ言いながら登ります。
1
賽の河原到着。
甲府側の雲海がいい感じです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
賽の河原到着。
甲府側の雲海がいい感じです。
1
オベリスクをバックに
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オベリスクをバックに
2
お地蔵さんにご挨拶
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お地蔵さんにご挨拶
1
赤抜沢の頭のオブジェみたいな木。きちんと周り間を石で囲んであります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤抜沢の頭のオブジェみたいな木。きちんと周り間を石で囲んであります。
やっぱり南アルプスと言えば北岳ですね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっぱり南アルプスと言えば北岳ですね。
1
薬師ヶ岳に続く稜線と西の斜面の紅葉がいい感じです、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薬師ヶ岳に続く稜線と西の斜面の紅葉がいい感じです、
イルカ岩。
燕岳のイルカよりもこっちのほうが似てるかも?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イルカ岩。
燕岳のイルカよりもこっちのほうが似てるかも?
1
下山は中道。
御座岩に到着。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山は中道。
御座岩に到着。
中道の下りはとにかく長くて、滑ります。
岩が無くなったあたりから、今度は木の根の露出が多く。濡れていると簡単に滑ります。
5回くらい転びました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中道の下りはとにかく長くて、滑ります。
岩が無くなったあたりから、今度は木の根の露出が多く。濡れていると簡単に滑ります。
5回くらい転びました。
1

感想/記録

妻とは北岳、仙丈ヶ岳は登りましたが、鳳凰三山は未走破。
去年11月に2回、今年2月にも登っている私のお気に入りの山なのですが、工程の長さがネックで妻と登るのは躊躇していました。
でもこれから日が落ちるのがどんどん早くなるし、明け方氷点下にならない今の時期しか連れて行けないと、計画を強硬。
終わってみれば、天気も景色も最高だったのですが、下り後半で足が動かなくなった妻にはかなり辛い山行だったようです。

3連休初日土曜日の22:00に出発。
下道走って1:30に青木鉱泉着。
しかし、駐車場のスペース探しに迷走。
なんとか空きスペースに停めて車中泊。
初日は鳳凰小屋までなので、ゆっくり7:00スタート。
ドンドコ沢の滝に癒されながら、ゆ〜っくりと登ります。コースタイム1H以上オーバーして小屋に到着した時にはすでにテン場はぎっしり。
スタッフに指示されたスペースにテントを設営すると、テント入り口前50cmしかない通路で他人の靴を避けながら出入りしなければなりません。前室は張り出せないので、煮炊きも通路で行いますが、他人が料理の上を跨いで行きます。( ;`Д´)
トイレも朝夕の渋滞で20分以上待たされるのは当たり前で、過去例を見ない大混雑でした。

翌朝もテン場の混雑で撤収スペースが取れないのと、朝トイレの渋滞で出発が遅れて7:00。
地蔵ヶ岳のルートを間違えて樹林帯から登って元のコースに戻るのにトラバースしたりしてかなりロスしました。
地蔵ヶ岳は賽の河原からオベリスクを眺めるだけで、岩登りはパス。(どうせ登れません)
観音ヶ岳向かいます。

去年は初日に小屋でテント張った後に地蔵ヶ岳にピストンしたので、2日目は観音ヶ岳に直登しました。
なので、地蔵ヶ岳〜観音ヶ岳の稜線は今回初めて。
途中小ピークの登り返しが何度もあって、意外にハード。すでに妻の表情が疲労気味です。
薬師ヶ岳に10:00到着して、標識の中道コースタイム3:45に早くもギブアップ。
下る毎に痛みを増す膝をかばいながら、ゆっくり下って16時。
なんとか日暮れ前に下山出来ました。
途中で妻のリュックを担いで歩いたので、自分も膝が痛いです。

天気、気温、時期(紅葉)、コースタイム(妻と歩くときは+20%)等々、計画は完璧だったのですが、たとえ計画通りに歩けても、頑張って苦労して痛みに堪えてクリアしたのと、余裕でクリアしたのでは、山の印象がかなり違います。

半年で3回も登った山なので、慣れて感覚がおかしくなっていたようです。
妻には辛い思いをさせてしまいました。
反省です。
訪問者数:159人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ