ヤマレコ

記録ID: 1285289 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

棒の嶺

日程 2017年10月09日(月) [日帰り]
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
電車バス
往路:西武池袋7:30発レッドアロー
飯能南口国際興業バス8:30発さわらび温泉入口行
復路:さわらび温泉入口14:56発
西武飯能16:05発レッドアロー

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間10分
休憩
1時間30分
合計
5時間40分
Sさわらびの湯バス停09:1009:30白谷沢登山口09:4012:00棒ノ嶺12:4013:00権次入峠13:4013:50岩茸石14:40白谷沢登山口14:50さわらびの湯バス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
標高千mに足りない山だと馬鹿にしてはいけない。登山口から山頂まで悪路の連続。正確に覚えていないが橋が無い渡河地点が3か所以上あったし、鎖場が2か所。スリル満点の登山道だあった。

写真

何とも言えない秋晴れの空
2017年10月09日 09:13撮影 by uT6010,ST6010 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何とも言えない秋晴れの空
1
名栗湖を巡って登山口にに向かう
2017年10月09日 09:26撮影 by uT6010,ST6010 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
名栗湖を巡って登山口にに向かう
1
登山口、ここから行程の半分は白谷沢沿いに進むことになる
2017年10月09日 09:37撮影 by uT6010,ST6010 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口、ここから行程の半分は白谷沢沿いに進むことになる
1
沢沿いなので暑さはないが、とにかく足下が危ない
2017年10月09日 10:06撮影 by uT6010,ST6010 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢沿いなので暑さはないが、とにかく足下が危ない
1
以下3枚は悪路の状況です
2017年10月09日 10:23撮影 by uT6010,ST6010 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
以下3枚は悪路の状況です
2
悪路を抜けると正に抜けるような青空
2017年10月09日 12:00撮影 by uT6010,ST6010 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
悪路を抜けると正に抜けるような青空
3
山頂は広く北東方面は広く開けています
2017年10月09日 12:01撮影 by uT6010,ST6010 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂は広く北東方面は広く開けています
2
紅葉は未だでした
2017年10月09日 12:01撮影 by uT6010,ST6010 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉は未だでした
岩茸石を往路で撮り忘れたので復路で撮りました
2017年10月09日 13:12撮影 by uT6010,ST6010 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩茸石を往路で撮り忘れたので復路で撮りました
登山口:時刻確認のための撮影です
2017年10月09日 13:24撮影 by uT6010,ST6010 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口:時刻確認のための撮影です
1
撮影機材:

感想/記録

前日から1年に何度も恵まれないほどのハイキング日和が予想されたので、近くで行ける棒の嶺ハイクを決めて前日に西武線レッドアロー号往復の前売り券を購入。過去3回登っているので登山路はすっかり頭に入っていると思い込んでいた。
しかし年寄りのボケとは恐ろしいものだ。登り始めるとこんなに険しい道ではなかった筈と思ったが、すでに手遅れ。高尾山を歩くのとは大違い。高々3.5キロの短い行程ではあるが、スリップしないよう最初から最後まで緊張のしっぱなしだった。
おまけに往復の電車で楽をしたい一心で電車の予約をしてしまった。バスの終点で確認すると、14:56のバスに間に合わないと予約が無効になってしまう。登り2時間半弱で来れたので、降りは少し早いかと思ったが、これもとんでもない勘違い。最後の舗装道路を半分駆け足をしてやっと間に合った。
体力脚力の衰えをもっと真面目に受け止めなくてはいけない。
訪問者数:126人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2017/7/17
投稿数: 2
2017/10/10 20:28
 無題
お疲れ様でした

おかえりなさいませ

最高のお天気過ぎでしょうか? この秋は?

まだまだ紅葉にはならない感じも

漂っておりますね

無事にご帰宅が1番です

膝や股関節のご注意なさってくださいませ

全ての事に!

続けていらっしゃる事は

とってもとっても素晴らしいです

まだまだ楽しみましょう〜〜

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

鎖場 紅葉
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ