ヤマレコ

記録ID: 1285708 全員に公開 ハイキング日光・那須・筑波

筑波山(子連れのんびり登山)

日程 2017年10月08日(日) [日帰り]
メンバー 子連れ登山, その他メンバー2人
天候曇りときどき晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
筑波山神社近くの民営コインパーキングに駐車。(ロータリー手前を左斜め上に上がったところ)1日500円。7時半の時点で5割ほど埋まっていた状況。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち94%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
1時間14分
休憩
0分
合計
1時間14分
S筑波山神社07:4508:59御幸ヶ原08:59ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
特になし

写真

登山前に、まずは筑波山神社でお参り。
2017年10月08日 07:39撮影 by SH-04G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山前に、まずは筑波山神社でお参り。
ケーブルカー入口脇の登山道から出発。
2017年10月08日 07:46撮影 by SH-04G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ケーブルカー入口脇の登山道から出発。
序盤から全力で飛ばしていく息子たち。後でどうなっても知らないぞ〜
2017年10月08日 07:49撮影 by SH-04G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
序盤から全力で飛ばしていく息子たち。後でどうなっても知らないぞ〜
全体の4分の3程度登ったところ。さすがに二人とも「疲れた」を連呼するように。。
2017年10月08日 08:37撮影 by SH-04G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
全体の4分の3程度登ったところ。さすがに二人とも「疲れた」を連呼するように。。
御幸が原まであと一息。
2017年10月08日 08:46撮影 by SH-04G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御幸が原まであと一息。
御幸が原に無事到着。3人で記念撮影。
筑波山にしては珍しく?雲海も見
2017年10月08日 09:03撮影 by SH-04G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御幸が原に無事到着。3人で記念撮影。
筑波山にしては珍しく?雲海も見
下山は楽してケーブルカーで。
2017年10月08日 09:49撮影 by SH-04G, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山は楽してケーブルカーで。
1

感想/記録

山行はいつもおひとりさまが基本の私ですが、「たまには子供たちも連れて行ってあげてよ」と奥さんに言われ、3連休の中日に、比較的近所の筑波山に息子二人(小4と小1)を連れて登山へ。
筑波山神社のすぐそばのコインパーキングに車を駐車し、7時半過ぎに登山スタート。今回はケーブルカー沿いに登頂する御幸ヶ原コースを選択し、筑波山神社脇の登山道を登り始めます。さすがに3連休の晴天の日ということもあり、登山道は朝早くから割と多くの登山者の方がいました。
登山経験のほとんどない息子たちは、最初から全力で飛ばしていき、他の登山者さんをどんどん抜いていきます。どうせ後半バテるのだろうけど、まあこれもいい経験になるだろうと思い、好きに登らせることに。
案の定、中盤を過ぎたあたりから、小4の長男がだいぶ疲れてきた様子。暑さは大したことはなかったのですが、このコースは殆どが樹林帯の中なので、景色が全く見えず、その点でも子供には退屈でしんどいコースかもしれません。
終盤になると、それまで元気だった次男も「疲れた」を連発するようになり、だいぶしんどそうな様子でしたが、二人とも何とか踏ん張り、登り始めてから1時間20分ほどで御幸ヶ原に到着しました。
本来は、ここから男体山か女体山のどちらかの山頂を目指すのですが・・今回はここで終了としました。子供たちが思いのほか疲れてしまったのと、御幸ヶ原についたらお土産屋さんに吸い込まれるように入って行き、登山モードではなくなってしまったもので。。(笑)
ですので、御幸ヶ原で30分ほど休憩したのち、結局帰りはケーブルカーを使ってのんびり下山しました。ケーブルカーで下に降りたのがちょうど10時前だったと思いますが、ケーブルカーも登山道もかなりの登山者であふれかえっていました。早朝の人が少ないうちに登ってよかったなと思います。

というわけで、今回は片道1時間20分程度、しかも山頂には至らず御幸ヶ原までという中途半端な終わり方だったので、こんなのを登山と呼ぶのもおこがましい気はしますが(笑)、まあ、息子たちにとって実質上のデビュー戦だったので、今回はこれくらいで良かったのかなと。
でも、思っていた以上に楽しんでくれたようなので、また関東近郊で子供向けの簡単なコースを探しながら、家族で登山できる時間を少しずつ増やしていきたいなと思います。
訪問者数:38人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

雲海 山行 ケーブルカー
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ