また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1288453 全員に公開 ハイキング奥秩父

両神山 七滝沢コースから

日程 2017年10月12日(木) [日帰り]
メンバー
 Pri
天候晴れのち曇り
ここ2、3日、季節外れの暑さが続いてたが、山も非常に蒸し暑かった。
アクセス
利用交通機関
車・バイク
駐車場は、全部で4ヶ所。
林道の終点とバス停にある駐車場は、有料500円。
そこよりちょっと下(徒歩3分くらい?)は無料です。
無料駐車場から登山口への林道沿いに、古いトイレあり。
有料駐車場にも、トイレっぽい建物がありました(未確認です)。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間30分
休憩
0分
合計
6時間30分
S両神山荘07:3011:20両神山14:00両神山荘G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
GPSの記録が、とれてませんでした。
コース状況/
危険箇所等
七滝沢コース、表参道コース共に、道幅が少し狭いですがとても整備されています。
七滝沢コースは、ピンクリボンがいっぱい付いてるので、道迷いの不安は感じません。
ですが、濡れた岩場の鎖場があり、注意です。
過去天気図(気象庁) 2017年10月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ウィンドシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック ザックカバー 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) ヘッドランプ GPS ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め ロールペーパー 携帯 ストック カメラ
備考 もっと鎖場かあるのかと思ってたけど、思ってたより全然なかった

写真

無料駐車場。
登山口まで徒歩3〜5分くらい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無料駐車場。
登山口まで徒歩3〜5分くらい。
1
ここがバス停&有料駐車場(下側)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここがバス停&有料駐車場(下側)
こっちが上側の有料駐車場。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こっちが上側の有料駐車場。
登山道すぐにある、お社でお参り。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道すぐにある、お社でお参り。
道標
『山道』って案内に、「七滝沢コースのこと?」
って不安を感じた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道標
『山道』って案内に、「七滝沢コースのこと?」
って不安を感じた。
また『山道』の看板出現。
どうやら、林業や山仕事用の道みたい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
また『山道』の看板出現。
どうやら、林業や山仕事用の道みたい。
ここが、『七滝沢コース』と『表参道コース』の分岐。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここが、『七滝沢コース』と『表参道コース』の分岐。
『七滝沢コース』には、何か書かれているが、読めない
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
『七滝沢コース』には、何か書かれているが、読めない
1
『七滝沢コース』を進む。
危険って言うわりに、とても整備されている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
『七滝沢コース』を進む。
危険って言うわりに、とても整備されている。
こんな休憩スペースもあるし。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな休憩スペースもあるし。
登山道(沢の右側)
写真ではわかりずらいけど、現地ではしっかりわかります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道(沢の右側)
写真ではわかりずらいけど、現地ではしっかりわかります。
沢が近くて、気持ちいい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢が近くて、気持ちいい
『七滝沢コース』は、こんなピンクリボンがしっかり付けられてます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
『七滝沢コース』は、こんなピンクリボンがしっかり付けられてます。
このハシゴは問題ないんだけど。
この先にある短い木道が、めっちゃ滑りそうでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このハシゴは問題ないんだけど。
この先にある短い木道が、めっちゃ滑りそうでした。
ちょっと道幅が狭い
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっと道幅が狭い
赤滝への分岐。
赤滝へは、ちょっと危険って聞いてたので、赤滝はパス
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤滝への分岐。
赤滝へは、ちょっと危険って聞いてたので、赤滝はパス
七滝沢コースで、一番良かった滝。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七滝沢コースで、一番良かった滝。
1
七滝沢コース。
終盤になって、鎖場が出てきます。
岩が濡れてるので、足場が悪いです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七滝沢コース。
終盤になって、鎖場が出てきます。
岩が濡れてるので、足場が悪いです。
連続する鎖場の途中に、滝への分岐
「養老の滝」
良い響だ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
連続する鎖場の途中に、滝への分岐
「養老の滝」
良い響だ
行ってみると、滝は一つしか見えない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行ってみると、滝は一つしか見えない。
1
登山道を進むと、さっき見た滝の落ち口に着きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道を進むと、さっき見た滝の落ち口に着きます。
1
登山道が流れちゃってます。
でも、その上を行く道がつけらてるので大丈夫
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道が流れちゃってます。
でも、その上を行く道がつけらてるので大丈夫
産秦尾根からの、天武将尾根?
この日は、ここからの紅葉が一番きれいに見えました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
産秦尾根からの、天武将尾根?
この日は、ここからの紅葉が一番きれいに見えました。
1
産秦尾根には、いくつか鎖場があります。
どれも短いし、鎖を使わなくても登れるようなところ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
産秦尾根には、いくつか鎖場があります。
どれも短いし、鎖を使わなくても登れるようなところ。
両神神社。
こんな上に、こんな大きな建物だと思わなかった。
建物には、「扉を開けて中を覗いてもいいよ」
って書いてありましたが、恐れ多くて開けること出来ず。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
両神神社。
こんな上に、こんな大きな建物だと思わなかった。
建物には、「扉を開けて中を覗いてもいいよ」
って書いてありましたが、恐れ多くて開けること出来ず。
2
両神神社の狛犬。
珍しい形をしてますね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
両神神社の狛犬。
珍しい形をしてますね。
1
山頂少し前にある、休憩場所。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂少し前にある、休憩場所。
山頂から。残念ガスってる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂から。残念ガスってる
4
山頂まで来ると、紅葉が終わりなのか、葉が茶色く縮れてる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂まで来ると、紅葉が終わりなのか、葉が茶色く縮れてる
清滝小屋の裏にある滝。
これが、清滝なのかな?
登ってみたい^^
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
清滝小屋の裏にある滝。
これが、清滝なのかな?
登ってみたい^^
清滝小屋は、お休み中みたいです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
清滝小屋は、お休み中みたいです。
1
清滝小屋のトイレ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
清滝小屋のトイレ
表参道コースにある、水場「弘法の井戸」。
ちょろちょろ水が出てました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
表参道コースにある、水場「弘法の井戸」。
ちょろちょろ水が出てました。
ふくろうがいるらしい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ふくろうがいるらしい。
2

感想/記録
by Pri

今日を逃したら、明日から一週間ず〜っと雨予報。
今日もそんなに天気の良い予報ではないけど、それでも良さそうな場所を探して見つけたのが、ここ両神山。
全然知らない山だけど、「一応百名山だから良い山なのだろう」って言ってきました。

ちょっと調べると、日向大谷から表参道を登るのが一般的みたい。
でも、同じ道を往復するのはつまらないので、登りは七滝沢コースに。
昭文社の地図には、七滝沢コースは破線になってる。
登山口にも、危ないって事が書いてある。
今回は一人なので、少し不安を感じつつ七滝沢コースへ。

少し道幅が狭かったり、最後には濡れた鎖場が出てくる。
落ちたら滝や沢まで落ちちゃうから、苦手な人には危ないかも。
でも七滝沢コース全体的には、終始ピンクリボンがついてるし、とても整備された良い道でした。

その後、表参道コースと合流して山頂へ。
表参道コースにも鎖場があったけど、高さはないので危険度は低いのかな。

肝心の紅葉は。。。
山頂よりちょっと下が見頃なのかも。
山頂周辺は、赤茶色に縮れた葉が多かったです。
なによりも、上に付いた頃は日差しがなかった。
日差しがあれば、もっと紅葉もきれいに見えたんだろうな。

一つ楽しみだったのが、二子山の中央稜を見ること。
「前に登ったルートを見れたら良いな」
って思ってたけど、ガスっててまったく見えませんでした。

ここ数日の暑さが今日も続き、この時期としては汗だくに。
水を1リットル飲みました。
服装も終始TシャツでOK。
山頂での休憩時にも、何も羽織りませんでした。
訪問者数:575人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ