また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1311500 全員に公開 ハイキング甲信越

羅漢寺山、白砂山の山歩きと昇仙峡観光

日程 2017年11月12日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち66%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間41分
休憩
1時間18分
合計
5時間59分
S仙娥滝駅07:1907:57うぐいす谷08:0708:09パノラマ台08:1208:17展望台08:24羅漢寺山(弥三郎岳)08:3408:41展望台08:44パノラマ台08:4908:49うぐいす谷08:5408:54パノラマ台08:5609:14白砂山09:3209:57白山展望台09:5810:12太刀の抜き岩10:2211:00長潭橋11:0312:53石門12:5513:00仙娥滝13:0913:17仙娥滝駅13:18ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻

写真

撮影機材:

感想/記録

昇仙峡の紅葉が見頃ってことで昇仙峡へ。観光だけではアレなので、昇仙峡の上の山も歩いてきました。ロープウェイ脇の道を登って羅漢寺山へ。そこから白砂山など通って長潭橋に降り、昇仙峡を登りながら観光…という周回コース。山の上からは富士山、南アルプス、金峰山などの大きな展望、昇仙峡では渓谷の展望を楽しめました。天気が快晴でよかった!

はじめは他の山に登ってから昇仙峡を考えてました。でも、駐車場がネックで…。昼前なんて多分、激混みだろうし。いろいろ考えてたところ、今回のコースがあることがわかりました。このコース、というか羅漢寺山、『山梨県の山』や古いエアリアには載ってないのです。エアリアは買い替えないといけないな。

昇仙峡を朝イチで歩いても仕方ないだろうな。日が射してきてからでないと。できれば太陽を背にして下から上に歩きたい。となると、山は必然的に羅漢寺山から登って長潭橋に下りるコースとなります。ロープウェイは9時が始発なので、それまでに登れば静かな山歩きが楽しめそうです。

4時半過ぎに安曇野を出て、昇仙峡ロープウェイ近くの市営駐車場に7時頃着。まだガラガラだったけど、続々と車が入ってきてました。羅漢寺山へはエアリアに載ってる大回りのコース、怪しいけど近いロープウェイ下のコースがあるみたい。近いロープウェイコースの入り口を見てみると、そんなに怪しそうじゃなかったのでコチラから登ることに。

怪しいかどうかより、入口がわかりづらい…。GPSないとウロウロしてしまいそう。入口がみつかればあとは1本道。荒れてるという記事見たけど、長いこと手入れが入ってないといった感じ。木の橋が朽ちて抜けそうで怖いくらいかな。あとは大半が杉の植林地なので、とくにヤブもなく道も明瞭。大回りするよりずっと早かったのではないかと思われます。

山頂の一角に登り上げると、観光地らしくスポットがあちこちに。手近なところで『うぐいす谷』から散策。露岩になってて南アルプスが一望!富士山遥拝所からは富士山の絶景も!今日は冬型になってて、内陸や太平洋側は鉄板の晴れ予報。空気が澄みきっていて、展望がすこぶる良好です。ただ、南アルプスや富士山の雪はまぶした程度…。まあ、まだ11月半ばですからね。

紅葉シーズン真っ只中ということもあってか、ロープウェイの始発は8時20分みたい。放送が流れていました。もうすぐだな…。とりあえず羅漢寺山の山頂に行っておこう。羅漢寺山の山頂は弥三郎岳と書いてあります。弥三郎岳は1058mの山頂を指すようで、山頂やパンラマ台を含めた山頂部を羅漢寺山と呼ぶみたいです。

すぐのところに展望台。さらに進むと弥三郎岳の山頂と思われる岩峰が。観光地とはいえ、さすがにハイヒールは厳しそう。花崗岩を彫って階段にしてあるので、靴履いてりゃ問題なさそう。ただ、混んでると渋滞しそう。山頂すぐ手前には丸みのある大きな岩が。ここは最高のロケーションですな。ロープウェイが始まる前に独占できてよかった。端っこに寄ると転げ落ちそうで怖かったです。

パノラマ台に戻る途中で始発のロープウェイで登ってきた人たちとすれ違うようになりました。白砂山へはどこから行くの?ロープウェイ駅出たところの柵の外に『↓白砂山』の看板あり。踏み跡はあったけど、廃材が散乱してたりとかなり危うい道。少し下りると、うぐいす谷の方からしっかりした道が合流してました。うぐいす谷からが正解かな。

しばらく歩くと白砂山分岐。白砂山はメインの道から寄り道する格好です。結構登らされ、歩かされたな。地面に白砂が混じりだすと山頂近し。眺めの良い露岩が何か所かありました。白砂山の方が花崗岩の風化が進んでる感じで、だいぶ砂化?していました。さっき登った弥三郎岳がよく見えます。観光客も見えてます。!富士山、南アルプス、金峰山の眺めは相変わらず素晴らしい。

昨年歩いた太刀岡山、黒富士、曲岳が近いです。茅ヶ岳も。ここらへんの山もだいぶ登ったなあ。そろそろネタ切れだ。晩秋限定ですけど。

メインの道に戻ります。メインの道は尾根上に付いてなくて、山腹を巻くように付いています。アップダウンが少なく歩きやすいです。ただ、しばらく整備はされてないんでしょう、倒木が放置されてます。標識類も新しい物はなかったです。ホラー的なのはありましたが…

次なる立ち寄り地は白山展望台。白山が見えるわけではなく、ここが白砂だからかな…?上から青空、南アルプス、紅葉、白砂…の4段?紅葉が見事でした。ここの寄り道は少しだけ。次の寄り道は太刀の抜き岩。富士山と岩峰が一緒に見えました。これで4ヶ所の寄り道は全て終了です。どこも景色よかったです。

あとは長潭橋に向けて降りるのみ。ここまでの道と同じく、倒木は放置されてるけど歩きやすい道が続きました。草ボーボーって書いた記録も見たけど、ごく一部の区間だけでした。草地はほおっておけばすぐ草は生えるから仕方ないですね。太刀の抜き岩から長潭橋まで、ゆっくり40分ほどでした。

さて、ここからは昇仙峡観光。遊歩道を6キロちょい、標高差は200mほど。楽しみにしてたけど、前半は単調でした。○○岩などあるけど、無理矢理っぽくて…。途中にある県営のグリーンライン駐車場からがメインの観光地っぽかった。お客さんもお店も見どころも増えました。紅葉と覚円峰の景色が一番良かったかな。仙娥滝も迫力あったけど、明と暗の差があり過ぎて手に負えず…。全体的に昇仙峡は少し期待外れだったかな…。個人的にですけど。

昨年、黒富士や曲岳に登った時に寄った『アルプス食堂』というラーメン屋。店主が体調不良で休んでたのですが、復活の情報があったので行きました。2時過ぎに行ったけど、ほぼ満席。その後もコンスタントにお客さん入ってきました。お昼時は順番待ちできるんだろうな…

アルプス食堂が15時までというのがあったので、温泉はラーメン後となりました。首都圏から近いとはいえ、山梨県は全体的に温泉の相場が高い!その中でも白山温泉はまだ600円と良心的。だからなのか、今日は今までで一番混んでました。よく来るエリアなだけに、リーズナブルな日帰り温泉ないのかな…?帰りは諏訪〜塩尻を高速乗りました。諏訪は下道ヤダな。
訪問者数:193人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/9/27
投稿数: 324
2017/11/17 23:58
 白砂山への上り坂でお会いしましたね!
bunapowさん, tama-nyanさん こんばんは!

bunapowさんとtama-nyanさんが白砂山へ向かって歩いている時、白砂山から下りてきた者です。

その日私は長潭橋から時計回りで歩きましたが、仙娥滝駅駐車場からの反時計回りのコースも良さそうですね。もし機会があれば、今度是非試してみたいと思います。

それにしても天気に恵まれ、気持ちの良い山行でしたね!
登録日: 2011/3/3
投稿数: 23
2017/11/18 9:01
 Re: 白砂山への上り坂でお会いしましたね!
コメントありがとうございます。
白砂山への枝道ですれ違った方ですね!
冬晴れで空気が澄んでて最高の天気と眺めでした!
逆回りということは、どこかでもう一度すれ違ってるはず。
時間的には石門と長潭橋の間っぽいですね。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ