また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1314916 全員に公開 沢登り丹沢

新茅ノ沢↗↘モミソ沢↗

日程 2017年11月17日(金) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
小田急線秦野駅北口から神奈中バスで終点大倉バス停
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

大倉(7:30)→(戸川林道)→新茅橋(9:00)→新茅ノ沢遡行→F5大滝(9:20〜10:05)→二俣→登山道下山開始(11:20)→新茅山荘(12:00〜12:25)→モミソ沢出合(12:35)→モミソ沢遡行→大滝(13:20〜13:55)→堀山(14:30)→(大倉尾根登山道)→大倉バス停(15:30)

写真

平日なのにこんなに大勢。。。
2017年11月17日 06:43撮影 by ASUS_Z00ED, ASUS
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平日なのにこんなに大勢。。。
戸川林道へ向かう人は居ない
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
戸川林道へ向かう人は居ない
新茅橋をくぐってスタート
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新茅橋をくぐってスタート
橋から見えるこれを登ると、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
橋から見えるこれを登ると、
左のルンゼ状を、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左のルンゼ状を、
これも左側。階段状。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これも左側。階段状。
F4から3分くらいでF5が見えてくる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
F4から3分くらいでF5が見えてくる。
流れの右端が行けそう?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
流れの右端が行けそう?
巻きます。ロープ完備。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巻きます。ロープ完備。
ルートを見ながら下降。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ルートを見ながら下降。
トップロープなのにシュリンゲにすがる哀れな中高年。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トップロープなのにシュリンゲにすがる哀れな中高年。
1
手の体温が奪われ握力が,,,
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
手の体温が奪われ握力が,,,
ずぶ濡れでガレ沢を行く
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ずぶ濡れでガレ沢を行く
上の奥に見える白い岩が二俣。右へ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上の奥に見える白い岩が二俣。右へ。
真ん中の校岩の右を行く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真ん中の校岩の右を行く。
右岸の白い岩のあたりからガレで埋まる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右岸の白い岩のあたりからガレで埋まる。
このちょっと先で左岸の尾根に回避。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このちょっと先で左岸の尾根に回避。
さっき通った新茅山荘前の駐車場。
また同じ道で向い側のモミソ沢へ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さっき通った新茅山荘前の駐車場。
また同じ道で向い側のモミソ沢へ。
1
懸垂岩左の穴ぐらみたいなところへ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
懸垂岩左の穴ぐらみたいなところへ
簡単な小滝が続く
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
簡単な小滝が続く
右岸の枝沢から先は、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右岸の枝沢から先は、
1
ほとんど涸れ沢に。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ほとんど涸れ沢に。
中央の黒い△から右を見ると、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央の黒い△から右を見ると、
最初の関門、三段の滝
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初の関門、三段の滝
ボルトがないと思ったら、隣の奥の方にあった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ボルトがないと思ったら、隣の奥の方にあった。
チムニー登りが続く
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チムニー登りが続く
ここは中央のクラックで登るが、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここは中央のクラックで登るが、
木の下をくぐるときザックを引っ掛けてストラップ破損。
みんな右岸から巻いている?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木の下をくぐるときザックを引っ掛けてストラップ破損。
みんな右岸から巻いている?
このチョックストーンのすぐ上が、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このチョックストーンのすぐ上が、
お馴染みの角度から
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お馴染みの角度から
それではここもトップロープで。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
それではここもトップロープで。
出だしすぐが意外と手掛かりが少ない
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出だしすぐが意外と手掛かりが少ない
中間はホールド豊富。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中間はホールド豊富。
このボルトのところから
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このボルトのところから
この体制で一瞬ボルダームーブ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この体制で一瞬ボルダームーブ
フレークをキャッチ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
フレークをキャッチ
ロープ下の小岩に届けば終了。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロープ下の小岩に届けば終了。
1
あとは詰めるだけ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あとは詰めるだけ。
1
ここか1個下の標識のところに出ます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここか1個下の標識のところに出ます。
1

感想/記録



11月頭の連休で沢納めをしたはずだったが、平日に代休が取れたので水無川支流の日帰り沢をつないで大滝登りへ。トップロープでまったり登るはずが、、、
渋沢のバス停は大勢のバスを待つ人が居てびっくり。
でも、戸川林道は砂防ダム工事のクルマ以外は人の気配なし。
新茅ノ沢F5は途中であえなくシュリンゲ休憩。
その間も手の体温が奪われ続けて最後は時間との闘いに。
実際に登ってみると、オブザベ時に感じたよりもはるかに多くのシュリンゲが残っており、急なところは全部ゴボウで行けるかと思えるくらいだ。
でも、登ってみると無かったり/切れたりするといやだから、ちゃんとロープは使おうね。
一方、下で見た感じではガバだらけに見えたホールドは、実際豊富だったが、常に打ち付ける水が時折視界や呼吸器にも侵入し、瞬く間に体温・握力と冷静な判断力を奪い取られて惨敗。掴んでもカラダを持ち上げられない?
モミソ沢の大滝は、ボルトが非常に適切な位置に打ってある核心部のワンムーブのみといった感じで、落ち着いた心境で快適に登れる。
冷静にクライミンググレードだけで見ると新茅ノ沢F5よりもこちらの方がかなり難しいはずなのだが、この体感の差は。。。
あと、新茅ノ沢の最後に登場するチョックストーン様の涸棚は、スタートのつかまりたくなるところにボルトとシュリンゲがついていましたが、それをにらむ感じで左壁にお尻をつけて足の突っ張りでスタートすると、簡単に登れました。一度試してみて♥
訪問者数:150人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ