また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1319448 全員に公開 ハイキング京都・北摂

沢ノ池ハイキングコースー菩提道から沢ノ池、沢山を経て金閣寺道へー

日程 2017年11月24日(金) [日帰り]
メンバー , その他メンバー3人
天候晴れ時々曇り
アクセス
利用交通機関
電車バス
(JR西日本バス)京都駅烏丸口→菩提道バス停
(京都市営バス)金閣寺道バス停→北大路バスターミナルセンター
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間8分
休憩
1時間59分
合計
6時間7分
SJR西日本バス菩提道バス停09:0609:40菩提の滝10:0210:39沢の池12:0012:40沢山12:4913:30上ノ水峠14:36吟松寺14:3914:48しょうざんリゾート京都14:5215:13京都市営金閣寺道バス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
コースルート/
 菩提道バス停→菩提ノ滝→沢ノ池→沢山→上ノ水峠→千束→金閣寺
コース状況/
 危険個所はなし。沢ノ池から沢山へは道標は設置されていないので、地形を観察して登る必要がある。山道は、台風の影響か、杉の大木の倒木、かなり多い。
 
その他周辺情報千束から金閣寺にかけて、髪屋川の沿道のモミジの紅葉、しょうざんリゾート京都の玄関庭園のモミジはよく手入れされており、一見の価値有。

写真

JR西日本バス菩提道バス停で下車,窓の外は3℃。天気予報では、今秋一番の冷えこみらしい。
2017年11月24日 09:07撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
JR西日本バス菩提道バス停で下車,窓の外は3℃。天気予報では、今秋一番の冷えこみらしい。
バスで来た道を少しバックして、左の山に入る。山の斜面にはよく手入れされた北山杉がまっすぐに林立し、見事である。
2017年11月24日 09:07撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バスで来た道を少しバックして、左の山に入る。山の斜面にはよく手入れされた北山杉がまっすぐに林立し、見事である。
東海自然歩道の案内図。
2017年11月24日 09:15撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東海自然歩道の案内図。
舗装された東海自然歩道を行く。
2017年11月24日 09:17撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
舗装された東海自然歩道を行く。
最初の目標、菩提の滝、谷側に降り、小さな流れをさかのぼる遡る。小さな渡渉を繰り返し滝へ。足元悪し。 
2017年11月24日 09:40撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初の目標、菩提の滝、谷側に降り、小さな流れをさかのぼる遡る。小さな渡渉を繰り返し滝へ。足元悪し。 
菩提の滝(雄滝)、水量、爆音豊富で見ごたえあり。滝壺の木目細かい砂は北山杉の磨き砂。
2017年11月24日 09:46撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
菩提の滝(雄滝)、水量、爆音豊富で見ごたえあり。滝壺の木目細かい砂は北山杉の磨き砂。
再び、歩道に戻って、少し進と雌滝。
2017年11月24日 09:56撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再び、歩道に戻って、少し進と雌滝。
菩提の滝(雌滝)。
2017年11月24日 09:57撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
菩提の滝(雌滝)。
東海自然歩道の木製のモミジマークの木製の道標、沢の池へ向かう。
2017年11月24日 10:19撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東海自然歩道の木製のモミジマークの木製の道標、沢の池へ向かう。
前方が開けて、明るくなる、沢ノ池かな。
2017年11月24日 10:38撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前方が開けて、明るくなる、沢ノ池かな。
沢ノ池。
2017年11月24日 10:39撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢ノ池。
沢ノ池、南東側。 
2017年11月24日 10:39撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢ノ池、南東側。 
木の間越しの沢ノ池、南側。
2017年11月24日 10:39撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木の間越しの沢ノ池、南側。
沢ノ池、西側。
2017年11月24日 10:44撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢ノ池、西側。
有名な松林と砂地の池畔。
2017年11月24日 10:45撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
有名な松林と砂地の池畔。
時代劇のロケにも、度々使われた所。
2017年11月24日 10:45撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時代劇のロケにも、度々使われた所。
沢ノ池をあとにして、トレールコースの山道を登る。
2017年11月24日 10:50撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢ノ池をあとにして、トレールコースの山道を登る。
登りきり右に行くと三宝寺、左の沢山の方に進む。
2017年11月24日 12:08撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登りきり右に行くと三宝寺、左の沢山の方に進む。
沢山方面へは道標もカラーテープも見当たらなかった、山道は雑木でふさがれている所は多かったが、踏み跡は比較的、はっきりしている。
2017年11月24日 12:09撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢山方面へは道標もカラーテープも見当たらなかった、山道は雑木でふさがれている所は多かったが、踏み跡は比較的、はっきりしている。
この小ピークの向こうが沢山。
2017年11月24日 12:13撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この小ピークの向こうが沢山。
結構、急勾配が続く。
2017年11月24日 12:13撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
結構、急勾配が続く。
最初の小ピーク。
2017年11月24日 12:25撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初の小ピーク。
沢山頂上515.6mに到着、すぐに上ノ水峠へ向う。
2017年11月24日 12:41撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢山頂上515.6mに到着、すぐに上ノ水峠へ向う。
京都市街が見える。
2017年11月24日 13:02撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
京都市街が見える。
崖に注意、もう少しで峠。
2017年11月24日 13:20撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
崖に注意、もう少しで峠。
桃山466mの稜線と大文字山(右)の遠景。
2017年11月24日 13:25撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
桃山466mの稜線と大文字山(右)の遠景。
上ノ水峠。
2017年11月24日 13:30撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上ノ水峠。
ベンチが現れ、ここから下って行くと人里。
2017年11月24日 13:46撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ベンチが現れ、ここから下って行くと人里。
舗装路の落葉の積もった部分とタイヤ跡がクッキリ分かれている。
2017年11月24日 14:00撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
舗装路の落葉の積もった部分とタイヤ跡がクッキリ分かれている。
紙屋川の沿道のモミジ。
2017年11月24日 14:36撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紙屋川の沿道のモミジ。
紙屋川をきれいにする運動で沿道のモミジの紅は鮮やか。
2017年11月24日 14:38撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紙屋川をきれいにする運動で沿道のモミジの紅は鮮やか。
しょうざんリゾート京都に到着。
2017年11月24日 14:48撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しょうざんリゾート京都に到着。
このリゾートのモミジは、豪華絢爛。
2017年11月24日 14:48撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このリゾートのモミジは、豪華絢爛。
庭園の中に入らなくても、素晴らしく、鑑賞に値する。
2017年11月24日 14:51撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
庭園の中に入らなくても、素晴らしく、鑑賞に値する。
リゾートを後にして、金閣寺方面へ、金閣寺道バス停で北大路駅行のバスに乗る。
2017年11月24日 14:52撮影 by DSC-WX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
リゾートを後にして、金閣寺方面へ、金閣寺道バス停で北大路駅行のバスに乗る。

感想/記録

 バスの車窓から見える気温表示盤では、気温3℃。風が強いと体感は0℃位にもと思いながら、菩提寺バス停でバスを降りる。無風、思ったほど寒くなかった。この秋は、雨が多かったせいか、菩提の滝、そんなに大きな滝ではないが、迫力あり、見応え。沢ノ池では東側を半周。モミジ葉が落ちた後。あとで出会ったハイカーによると、1週間ばかり前が見ごろだった模様。花の時期もそうだが、モミジの時期も行く時期の選定は難しい。それでも、それなりに、良い秋が感じられる池畔だった。今回、我が山行チームも、ここで初の野外クッキングに挑戦。ここまで無風が続いていたが、急に冷たい風が池面を渡ってくる。冷たい風の中、お鍋に沸いた熱いトン汁がお腹に収まり、最高にグーでした。沢ノ池をあとにして、上ノ水峠を下り、金閣寺まで行こうということになった。千束辺りまで来て、二人連れのハイカーから、「しょうざん」のモミジ(「しょうざん?」で初耳)が素晴らしい、との話を聞き、「しょうざん」を尋ねて、紙屋川沿岸を下って行く。沿岸のモミジの紅葉、よく手入れされ見応えがあった。紙屋川は美しくする運動が近隣で展開されているよう。しょうざんリゾートに着く。入口のモミジ、庭園のモミジ、完璧に手が入れられたと見え、素晴らしい紅葉。黄葉の部分も赤とのグラデーションで豪華絢爛の見もの。しょうざん京都は一大リゾート地であった。今秋のフィナーレを飾る素晴らしいモミジでした。
訪問者数:61人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ