また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1324789 全員に公開 雪山ハイキング甲信越

雪の摺古木山:途中退却の巻

日程 2017年11月29日(水) [日帰り]
メンバー
天候ガス時々小雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク
飯田市内から約1時間弱、車で九十九折りの大平街道を進みますが、標高が高い北側の日陰道路はアイスバーンになっている箇所がります。大平宿から林道ゲートまで車で行けますが、途中から舗装されていませんので車高の低い車は通行に注意が必要です。林道のロープゲートから先へ車が入る事は、あまり推奨されていないようです。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間33分
休憩
21分
合計
5時間54分
Sスタート地点09:2009:32東沢林道ロープゲート09:3310:05摺古木自然園休憩舎10:2312:56摺古木自然園休憩舎12:5814:55東沢林道ロープゲート15:14ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
往路にて乗車約5kmあり。
コース状況/
危険箇所等
ロープゲートを入って中盤あたりから日陰には雪がありました。摺古木山休憩舎付近は積雪15センチくらい。直登コースと周遊コースとの分岐点あたりは25センチくらいです。分岐点から上は、積雪で倒れた笹とその上にさらに積もった雪で歩き難く、吹き溜まりには腰付近まで積もっている状況でした。晴れていれば所々で南方向の景色が楽しめるのではと思います。天気も回復する様子が見られず下山時間の制約もあったので、途中退却となりました。
その他周辺情報砂払温泉

装備

個人装備 Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 雨具 ザック 昼ご飯 行動食 地図(地形図) コンパス 予備電池 ファーストエイドキット 保険証 携帯 時計 サングラス 手ぬぐい ストック カメラ 三脚 双眼鏡

写真

林道ゲートです。ここまで車で来れますがここより1kmほど手前に駐車しました。舗装がされていないので車高の低い車にはキツイですね。このゲートの先1kmほど先で、運よく市役所の方々の乗った車が通り声をかけて下さり、お言葉に甘え摺古木休憩舎の手間300mくらいの所まで車に乗せてもらいました。登りの林道約4km超ワープ、ありがとうございました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道ゲートです。ここまで車で来れますがここより1kmほど手前に駐車しました。舗装がされていないので車高の低い車にはキツイですね。このゲートの先1kmほど先で、運よく市役所の方々の乗った車が通り声をかけて下さり、お言葉に甘え摺古木休憩舎の手間300mくらいの所まで車に乗せてもらいました。登りの林道約4km超ワープ、ありがとうございました。
休憩舎付近の積雪は15センチほど。小雨が降り続いているのでレインパンツとゲイター、軽アイゼンを装着。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
休憩舎付近の積雪は15センチほど。小雨が降り続いているのでレインパンツとゲイター、軽アイゼンを装着。
休憩舎のすぐ上の笹の急登が終わると、トラバース寄りのコースとなります。ここの沢はわりと広くて砂底。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
休憩舎のすぐ上の笹の急登が終わると、トラバース寄りのコースとなります。ここの沢はわりと広くて砂底。
また沢越えです。雨は降ったり止んだり。ガスが流れて来ます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
また沢越えです。雨は降ったり止んだり。ガスが流れて来ます。
また沢越えです。水音が大きく、水量もソコソコです。丸太の橋が壊れています。雪積もっているので足元の状況確認をしっかりしないとです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
また沢越えです。水音が大きく、水量もソコソコです。丸太の橋が壊れています。雪積もっているので足元の状況確認をしっかりしないとです。
大きな岩が出てきました。この岩の谷側は開けているので、晴れてればきっと良い景色が観れるでしょう。今日は真っ白ガスガスです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大きな岩が出てきました。この岩の谷側は開けているので、晴れてればきっと良い景色が観れるでしょう。今日は真っ白ガスガスです。
木製梯子と大きな岩。
木製梯子ズルっと滑りました。

巨石がポツポツ有っていい感じ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木製梯子と大きな岩。
木製梯子ズルっと滑りました。

巨石がポツポツ有っていい感じ。
やっと分岐点に到着、また小雨パラついてきた。もう少しだけ登ってみよう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと分岐点に到着、また小雨パラついてきた。もう少しだけ登ってみよう。
分岐点から直登コースを進むが、結構キツイ急登になり、20mほど登ったが雪で倒れた笹の上に雪が積もり足がズブズブ抜けて前進がままならない。長い距離の林道の下山時間も考えると、この辺りで引き返す事に。今日の頂上2027mで昼飯にします。白いガスをオカズに。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐点から直登コースを進むが、結構キツイ急登になり、20mほど登ったが雪で倒れた笹の上に雪が積もり足がズブズブ抜けて前進がままならない。長い距離の林道の下山時間も考えると、この辺りで引き返す事に。今日の頂上2027mで昼飯にします。白いガスをオカズに。
下山時撮影。小屋からすぐに勾配が急な笹道になり、結構キツい。頑張って少し登るとこのあたりからトラバース系の緩やかな道になる。気持ちのいい登山道。晴れてれば随所で眺めが楽しめそうです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山時撮影。小屋からすぐに勾配が急な笹道になり、結構キツい。頑張って少し登るとこのあたりからトラバース系の緩やかな道になる。気持ちのいい登山道。晴れてれば随所で眺めが楽しめそうです。
休憩舎まで降りてきて、一休み。両側に5畳ずつ位の広さ。トイレは別棟で、この建物から100m離れた場所に有ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
休憩舎まで降りてきて、一休み。両側に5畳ずつ位の広さ。トイレは別棟で、この建物から100m離れた場所に有ります。
林道を下り始めます。風穴山の手前まではガスが下りていませんでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道を下り始めます。風穴山の手前まではガスが下りていませんでした。
南の山にも雲がありましたが、青空もありました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南の山にも雲がありましたが、青空もありました。
治山工事完了していました。安心して通行できますね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
治山工事完了していました。安心して通行できますね。
違うアングルから。凄いボリュームですね。山奥での工事、大変だったと思います。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
違うアングルから。凄いボリュームですね。山奥での工事、大変だったと思います。
どんどん下ります。先ほどの工事場所が、遥か上に見えます。長い林道歩きです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どんどん下ります。先ほどの工事場所が、遥か上に見えます。長い林道歩きです。
下山してきた山を見返しますが摺古木山はガスに隠れ見えません。かろうじて奥のほうに風穴山の山腹が見え隠れ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山してきた山を見返しますが摺古木山はガスに隠れ見えません。かろうじて奥のほうに風穴山の山腹が見え隠れ。
阿寺ブルーもいいですが、黒川ブルーもなかなかですよ。落葉して川面がよく見えます。下流には飯田上水道の取水口が有りました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
阿寺ブルーもいいですが、黒川ブルーもなかなかですよ。落葉して川面がよく見えます。下流には飯田上水道の取水口が有りました。
桶小屋澤橋からの見返し。寒々とした風景も、味わい深いです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
桶小屋澤橋からの見返し。寒々とした風景も、味わい深いです。
ゴール、この橋の手前に駐車しました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴール、この橋の手前に駐車しました。
林道途中に有る黒川の取水口。飯田市の上水になるだけあって、とても澄んだ綺麗な水でした。黒川は大平宿、清内路を抜け昼神温泉前の阿知川に注ぎ込みます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道途中に有る黒川の取水口。飯田市の上水になるだけあって、とても澄んだ綺麗な水でした。黒川は大平宿、清内路を抜け昼神温泉前の阿知川に注ぎ込みます。
訪問者数:49人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ