また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1326065 全員に公開 ハイキング東海

静岡県 川根本町 蕎麦粒山〜山犬段〜板取山

日程 2017年12月02日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れのち曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
蕎麦粒山の南尾根登山口あたりの路肩に駐車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち65%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間21分
休憩
5分
合計
5時間26分
Sスタート地点08:2109:58蕎麦粒山10:0110:34山犬段11:37板取山11:3812:35山犬段12:3613:47ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
今回のコースは稜線歩きなので、迷う要素は少ないです。
ただ、今の時期は落ち葉が多いので、歩き方にはご注意を。
その他周辺情報大井川沿いはいろいろあるので、探してみてください〜

写真

山犬段には行けない車なので、今日も南尾根の登山口からスタートです。
車は林道の広い所へ駐車。
2017年12月02日 08:25撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山犬段には行けない車なので、今日も南尾根の登山口からスタートです。
車は林道の広い所へ駐車。
1
おや、こんな看板ができましたね。
町が登山道整備に乗り出すのか?
なんて期待しちゃったり(笑
2017年12月02日 08:25撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おや、こんな看板ができましたね。
町が登山道整備に乗り出すのか?
なんて期待しちゃったり(笑
2
5分ちょっとで稜線に出た。
蕎麦粒山まではCT75分。
2017年12月02日 08:32撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5分ちょっとで稜線に出た。
蕎麦粒山まではCT75分。
今のところ青空が優勢。
今日は蕎麦粒山経由で天水まで行ってみようかと。
2017年12月02日 08:32撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今のところ青空が優勢。
今日は蕎麦粒山経由で天水まで行ってみようかと。
1
既に紅葉は終了。
登山道は落ち葉に覆われていて滑りやすい。
2017年12月02日 08:53撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
既に紅葉は終了。
登山道は落ち葉に覆われていて滑りやすい。
1
いつもの○印が道標役です。
2017年12月02日 09:02撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いつもの○印が道標役です。
1
イワカガミの群落が出てくると・・・
2017年12月02日 09:07撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イワカガミの群落が出てくると・・・
1
間もなく展望地。
天気が良ければ富士山や南アが望めるんですが、今日はダメ。
快晴になると思ってたんだけど、甘かった。
2017年12月02日 09:09撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
間もなく展望地。
天気が良ければ富士山や南アが望めるんですが、今日はダメ。
快晴になると思ってたんだけど、甘かった。
1
真横ヒメシャラはお元気でした。
ここまで1時間弱ってところ。
2017年12月02日 09:20撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真横ヒメシャラはお元気でした。
ここまで1時間弱ってところ。
シロヤシオの古木。
この近辺には倒れている木々もあり、長生きしてほしいものです。
来年の春が待ち遠しい。
2017年12月02日 09:29撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シロヤシオの古木。
この近辺には倒れている木々もあり、長生きしてほしいものです。
来年の春が待ち遠しい。
八丁段。
なんだか曇ってきてしまった。
2017年12月02日 09:41撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八丁段。
なんだか曇ってきてしまった。
2
足元にあった苔玉。
とても軽い。
風に飛ばされませんように。
2017年12月02日 09:57撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足元にあった苔玉。
とても軽い。
風に飛ばされませんように。
3
蕎麦粒山1627.5m。
登山口から1時間半ほどでした。
2017年12月02日 09:58撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蕎麦粒山1627.5m。
登山口から1時間半ほどでした。
4
東側の展望は×。
2017年12月02日 09:58撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東側の展望は×。
1
上空はまだ青空が多いんだけどなあ。
早々に山頂を辞して山犬段へ。
2017年12月02日 10:02撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上空はまだ青空が多いんだけどなあ。
早々に山頂を辞して山犬段へ。
2
黒法師とバラ谷の頭のセット。
どこから見ても解りやすい山々だ。
どうやら雪は無いようだ。
2017年12月02日 10:22撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒法師とバラ谷の頭のセット。
どこから見ても解りやすい山々だ。
どうやら雪は無いようだ。
8
もちろん今日のコースには雪などは無く、霜柱がちょいとあるだけ。
2017年12月02日 10:25撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もちろん今日のコースには雪などは無く、霜柱がちょいとあるだけ。
1
山犬段に到着。
蕎麦粒山から30分ほど。
今日は町のイベントがあるようで、何やら準備をされていた。

2017年12月02日 10:32撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山犬段に到着。
蕎麦粒山から30分ほど。
今日は町のイベントがあるようで、何やら準備をされていた。

3
山犬段はタッチ&ゴー。
天水方面へ。
2017年12月02日 10:35撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山犬段はタッチ&ゴー。
天水方面へ。
1
良い天気?
2017年12月02日 10:36撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
良い天気?
八丁段を越えてホーキ薙。
治山工事はだいたい終わったようだ。
2017年12月02日 11:03撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八丁段を越えてホーキ薙。
治山工事はだいたい終わったようだ。
1
100mほどの標高差を降りてきたところが広河原峠。
榛原川からの登山道との交差点になります。
2017年12月02日 11:11撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
100mほどの標高差を降りてきたところが広河原峠。
榛原川からの登山道との交差点になります。
1
植生の研究でしょうか。
そう言えば静岡大学の演習林になっているはずだ。
2017年12月02日 11:25撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
植生の研究でしょうか。
そう言えば静岡大学の演習林になっているはずだ。
大きなミズナラ。
久々にお会いできました。
2017年12月02日 11:27撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大きなミズナラ。
久々にお会いできました。
3
板取山1513.3m。
山犬段からちょうど1時間。
2017年12月02日 11:35撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
板取山1513.3m。
山犬段からちょうど1時間。
5
真ん前に見えるのは前黒法師岳。
ちょうど明るくなって見える稜線が寸又からのルート。
雲が無ければ聖岳が見えるんだけど・・・
寒いので早々に退散。
2017年12月02日 11:36撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真ん前に見えるのは前黒法師岳。
ちょうど明るくなって見える稜線が寸又からのルート。
雲が無ければ聖岳が見えるんだけど・・・
寒いので早々に退散。
2
最近良く見る小看板。
山頂名バージョンは初めて見ました。
2017年12月02日 11:41撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最近良く見る小看板。
山頂名バージョンは初めて見ました。
2
陽が差せば暖かいけど、気温はだいたい2〜3度あたり。
2017年12月02日 11:45撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
陽が差せば暖かいけど、気温はだいたい2〜3度あたり。
1
大ミズナラ再び。
あれ、もう戻ってるの(笑
そうです、根性無しなので天水は止めました。
2017年12月02日 11:48撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大ミズナラ再び。
あれ、もう戻ってるの(笑
そうです、根性無しなので天水は止めました。
2
小看板の火の用心バージョン。
個人なのか組織なのか解らないけど、名前の無いところが好もしいです。
説教臭くならないようにお願いします(笑
2017年12月02日 12:04撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小看板の火の用心バージョン。
個人なのか組織なのか解らないけど、名前の無いところが好もしいです。
説教臭くならないようにお願いします(笑
1
ここにも川根本町の看板。
やる気が感じられる???
2017年12月02日 12:06撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここにも川根本町の看板。
やる気が感じられる???
ホーキ薙直前。
登山道が稜線から北の斜面へ着け替えられていました。
2017年12月02日 12:11撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ホーキ薙直前。
登山道が稜線から北の斜面へ着け替えられていました。
新しい道からホーキ薙。
2017年12月02日 12:13撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新しい道からホーキ薙。
1
工事現場から南方面。
2017年12月02日 12:14撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
工事現場から南方面。
さあ、八丁段を登って帰るか。
なんてことはせず、右側の舗装路を歩きました。
もちろん黒法師を見ながら歩くためです(笑
2017年12月02日 12:15撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さあ、八丁段を登って帰るか。
なんてことはせず、右側の舗装路を歩きました。
もちろん黒法師を見ながら歩くためです(笑
3
再び山犬段。
板取山から1時間。
つまり往路・復路とも同じ時間が掛かった。
2017年12月02日 12:39撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再び山犬段。
板取山から1時間。
つまり往路・復路とも同じ時間が掛かった。
2
やっぱり冬は魔法瓶。
なんてったって簡単だもの。
2017年12月02日 12:43撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっぱり冬は魔法瓶。
なんてったって簡単だもの。
2
自分は象印、連れはTIGER。
どっちも600ml。
カップラーメンとコーヒーが充分作れます。
2017年12月02日 12:43撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
自分は象印、連れはTIGER。
どっちも600ml。
カップラーメンとコーヒーが充分作れます。
3
さあ、帰ろう。
これから車のある南尾根登山口まで林道をテクテク。
2017年12月02日 13:06撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さあ、帰ろう。
これから車のある南尾根登山口まで林道をテクテク。
1
林道の整備(というより崩落の補修)が数か所で行われていました。
皆さんのおかげで山犬段なんて辺境まで車で入れる。
2017年12月02日 13:21撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道の整備(というより崩落の補修)が数か所で行われていました。
皆さんのおかげで山犬段なんて辺境まで車で入れる。
2
これは・・・雪?
1個所だけ残ってました。
2017年12月02日 13:27撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これは・・・雪?
1個所だけ残ってました。
1
25分ほどで水場まで到達。
岩を伝ってくる水です。
2017年12月02日 13:30撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
25分ほどで水場まで到達。
岩を伝ってくる水です。
足元は面白いことになってました。
2017年12月02日 13:30撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足元は面白いことになってました。
2
ようやく車だ。
山犬段から40分ほど。
5時間半の山遊び終了です。
2017年12月02日 13:48撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく車だ。
山犬段から40分ほど。
5時間半の山遊び終了です。
1
おまけ
ウッドハウスおろくぼより下の方は紅葉の真っ最中。
2017年12月02日 14:17撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おまけ
ウッドハウスおろくぼより下の方は紅葉の真っ最中。
4

感想/記録

晴天予報にほだされて展望の良さそうな近所のお山へ。
最初は大札山の予定でしたが、さすがに軽すぎるので蕎麦粒山経由で天水へと計画を変更。
が、雲が結構残っちゃったので、途中の板取山で引き返し。
今回、登山道でお会いしたのは2組だけで、いつものように静かな山行を堪能(笑
次に来るのは雪が降ってからか、それとも来年のヤシオの季節か。

【登山口〜蕎麦粒山】
全般的に踏み跡明確。稜線歩きが多いので迷う要素はほとんどありません。
多少凸凹しますが、キツイ登り降りは無い(はず)なのでご安心を。
途中、富士山から南アまで見える展望地があります。
【蕎麦粒山〜山犬段】
ゆるい降りの道です。
左手には深南部の山並みが見え隠れします。
【山犬段〜板取山】
しばらくコンクリの舗装路歩きです。
途中で右手への登り口があり、すこし強めの斜面を行けば八丁段。
(今回は行ってません)
そのままコンクリを登って行くとホーキ薙の工事現場。
その後は一つ鞍部を越えれば板取山です。
【山犬段への林道】
普通車でも山犬段へ到達できますが、地上高が低めの車だと底を擦ります。
なので自分は行きません(行けません〜)。
訪問者数:117人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ