また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1328517 全員に公開 ハイキング八ヶ岳・蓼科

天狗岳

日程 2017年11月25日(土) 〜 2017年11月26日(日)
メンバー
天候晴れたけど強風
アクセス
利用交通機関
車・バイク
渋の湯 日1000円 入浴1000円(受付10時から15時)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち59%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
10分
休憩
0分
合計
10分
Sスタート地点07:1007:20宿泊地
2日目
山行
4時間44分
休憩
1時間15分
合計
5時間59分
黒百合ヒュッテ08:0008:04中山峠08:0608:10見晴らし台08:19中山分岐08:2008:35中山08:3608:38中山展望台08:5409:32高見石小屋09:3509:36高見石09:3709:59白駒荘10:25青苔荘10:2710:40白駒荘10:4310:48白駒の池10:51白駒分岐10:5211:40丸山11:4311:54高見石小屋12:0112:03高見石12:0612:07高見石小屋12:3712:54賽ノ河原地蔵12:5613:59渋御殿湯G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
1日目 渋の湯→クロユリヒュッテ→東天狗岳→西天狗岳→クロユリヒュッテテント場
コース状況/
危険箇所等
黒百合ヒュッテまで 渋の湯近くは凍結。あとは積雪
中山峠から天狗岳へは積雪&強風
天狗岳から本沢温泉は強風
ニュウへはすねまで積雪

装備

個人装備 テント(1) アンダーシート(1) テントマット シュラフ(冬用)(1) マットレス(1) シュラフカバー(1) コッフェル(1) 火器(1) レインウェア上下(1)ハードシェル上下 ヘッドバンド ビーニー 冬季用グローブ(薄手)(厚手) ミドルレイヤー(薄手) 長袖ドライレイヤー ベースレイヤー インナーグローブ ダウン上下

写真

ノーマルタイヤでは渋ノ湯までの道が走れなくてチェーンつけました
2017年11月25日 07:00撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ノーマルタイヤでは渋ノ湯までの道が走れなくてチェーンつけました
登山口からクロユリヒュッテテントへ、積雪ありました
2017年11月25日 08:17撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口からクロユリヒュッテテントへ、積雪ありました
中山展望台
2017年11月26日 08:47撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中山展望台
高見石小屋から急坂コースで白駒池へ。あまり踏み跡はありませんでした
2017年11月26日 09:38撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高見石小屋から急坂コースで白駒池へ。あまり踏み跡はありませんでした
白駒池周辺の積雪深は10cmくらい
2017年11月26日 10:03撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白駒池周辺の積雪深は10cmくらい
白駒池は真っ白でした。
2017年11月26日 10:06撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白駒池は真っ白でした。
白駒池周辺の木道
2017年11月26日 10:17撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白駒池周辺の木道
青苔荘のテント場
2017年11月26日 10:27撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青苔荘のテント場
白駒池は凍結していて歩けました
2017年11月26日 10:36撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白駒池は凍結していて歩けました
白駒池からなだらかコースで高見石小屋へ
2017年11月26日 11:31撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白駒池からなだらかコースで高見石小屋へ
高見石小屋から渋の湯途中の賽の河原。石の隙間はまた埋まってませんでした。
2017年11月26日 12:57撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高見石小屋から渋の湯途中の賽の河原。石の隙間はまた埋まってませんでした。
撮影機材:

感想/記録
by hamac

携帯(DOCOMO)渋の湯は使えた。
森に入ると使えず

渋の湯駐車場のオープン時間に合わせ車を走らせたが、ノーマルタイヤでは駐車場の100m手前辺りで積雪により登れなくなり、チェーンを装着して駐車、装着に手こずっていると複数台の車が駐車場に向かっていった。また融雪剤を日の出ぐらいの時間に撒いていた。
天気は曇り、渋の湯の登山口からの登りは凍っていたがステップがありアイゼン無しでも歩けた。高見石への分岐から上は柔らかい積雪のため結局天狗岳の登りまではアイゼンは不要だった。
山荘で休憩し天狗の奥庭から天狗岳を目指したがレインスパッツではすねまでの積雪では靴を濡らす可能性があるため断念、中山峠経由で天狗岳に登頂、風が強くバラクラバ無しでは鼻がもげそうなくらい寒かった。予定では本沢温泉に行く予定だったが風が強いためクロユリヒュッテに戻りテント設営、山荘でホットワインを飲みながら小屋宿泊の方々と雑談、晴れ間が広がっていた。もう一度天狗岳に登頂する気にはなれずごろごろして夜に星を見て睡眠落ち。
翌朝名前に惹かれニュウに向かったが分岐からすぐに踏み跡が無くなり予定変更で中山展望台を経由して白駒池に行った。冬季閉鎖中の白駒荘についたら対岸から楽しそうな声が聞こえたが自分は踏み跡が見えない池を時計回りに周りに回り青苔荘に到着、ここのまえで池の上を歩いている人達がいた。白駒池は氷結しており自分も歩いて白駒荘に行き。高見石まで登り澄み切った空と空気でしばし休憩、高見石小屋でコーヒーをいただき賽の河原を経由して下山した。
訪問者数:20人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ