また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1354917 全員に公開 ハイキング近畿

生駒山から飯盛山へ

日程 2018年01月07日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ後曇り
アクセス
利用交通機関
電車
近鉄生駒駅
JR学研都市線四條畷駅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間3分
休憩
1時間22分
合計
6時間25分
S生駒駅10:0711:32生駒山11:3712:34燈籠ゲート12:4113:11阪奈道陸橋13:1513:34室池14:0814:24権現の滝14:3115:15飯盛山15:3516:07四條畷神社16:1216:32四條畷駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危険箇所はありません
飯盛山頂上から四條畷神社にかけて急斜面の階段
過去天気図(気象庁) 2018年01月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 非常食 飲料 レジャーシート 予備電池 GPS 筆記用具 常備薬 携帯 タオル ストック カメラ

写真

生駒駅から出発します
2018年01月07日 10:14撮影 by HX-DC15 , Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
生駒駅から出発します
1
山麓ハイキングルートを行く予定を急きょ変更して宝山寺へ。この参道の左側の登山道を上がります
2018年01月07日 10:47撮影 by HX-DC15 , Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山麓ハイキングルートを行く予定を急きょ変更して宝山寺へ。この参道の左側の登山道を上がります
1
ケーブル線に沿った直登登山道、大人数の団体さん他、歩行者多し。
2018年01月07日 10:53撮影 by HX-DC15 , Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ケーブル線に沿った直登登山道、大人数の団体さん他、歩行者多し。
生駒山上に到着
2018年01月07日 11:31撮影 by HX-DC15 , Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
生駒山上に到着
1
暮れに来た時は真っ白で展望が望めなかったが、この日は一転、クリアに展望が広がっていました。
2018年01月07日 11:42撮影 by HX-DC15 , Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
暮れに来た時は真っ白で展望が望めなかったが、この日は一転、クリアに展望が広がっていました。
1
神戸の辺りもくっきり
2018年01月07日 11:43撮影 by HX-DC15 , Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
神戸の辺りもくっきり
1
縦走路を通って灯篭ゲート広場に到着。ここから縦走路を北に向かいます。やや荒れ気味。
2018年01月07日 12:34撮影 by HX-DC15 , Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
縦走路を通って灯篭ゲート広場に到着。ここから縦走路を北に向かいます。やや荒れ気味。
阪奈道路に出ました。歩道橋の下に大阪側住道から来る近鉄バスの終点登山口バス停。ローカル路線バスの旅で太川さんと蛭子さんが降り立ったところですね。
2018年01月07日 13:13撮影 by HX-DC15 , Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
阪奈道路に出ました。歩道橋の下に大阪側住道から来る近鉄バスの終点登山口バス停。ローカル路線バスの旅で太川さんと蛭子さんが降り立ったところですね。
ここから再び縦走路北に入ります。基本丘の上の尾根筋。
2018年01月07日 13:14撮影 by HX-DC15 , Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから再び縦走路北に入ります。基本丘の上の尾根筋。
室池に到着。紅葉の時期に来たい風景です。近くの展望台で昼食タイム。
2018年01月07日 13:35撮影 by HX-DC15 , Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
室池に到着。紅葉の時期に来たい風景です。近くの展望台で昼食タイム。
1
むろいけ園地を西側に出て山を下り、谷筋になる権現川ハイキングコースに出ます。上流にある権現の滝。
2018年01月07日 14:33撮影 by HX-DC15 , Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
むろいけ園地を西側に出て山を下り、谷筋になる権現川ハイキングコースに出ます。上流にある権現の滝。
1
権現川ハイキングコースを下って飯盛山直下からジグザグに上がるとすぐ飯盛山山頂に到着。
2018年01月07日 15:19撮影 by HX-DC15 , Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
権現川ハイキングコースを下って飯盛山直下からジグザグに上がるとすぐ飯盛山山頂に到着。
1
ここからの展望は抜群、生駒山よりずっと標高は低いが、平地に近い分、目の前に大阪の町が広がっています。
2018年01月07日 15:33撮影 by HX-DC15 , Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからの展望は抜群、生駒山よりずっと標高は低いが、平地に近い分、目の前に大阪の町が広がっています。
2
大阪平野一望、日が西に移って海面がキラキラしているのも見えます。大阪平野一望のパノラマ動画はYoutubeで。
https://youtu.be/a2oGEZHmX8I拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大阪平野一望、日が西に移って海面がキラキラしているのも見えます。大阪平野一望のパノラマ動画はYoutubeで。
https://youtu.be/a2oGEZHmX8I
2
吹田、豊中方面のパノラマ、淀川、遠景に六甲山が見えています。拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す吹田、豊中方面のパノラマ、淀川、遠景に六甲山が見えています。
2
望遠で見えるのは明石海峡大橋か?拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す望遠で見えるのは明石海峡大橋か?
2
飯盛山は標高300mほどの低山ですが、北側斜面、四條畷神社に向かっては急斜面の連続。ほぼ階段が設置されていますが、登りたくはない急角度です。四條畷神社に到着。
2018年01月07日 16:11撮影 by HX-DC15 , Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
飯盛山は標高300mほどの低山ですが、北側斜面、四條畷神社に向かっては急斜面の連続。ほぼ階段が設置されていますが、登りたくはない急角度です。四條畷神社に到着。
1

感想/記録

暮れに灯篭ゲートから南に縦走した時にそう言えば生駒縦走路は北にも延びているんだということに思いつき、今年の山行始めは縦走路北に行くことにした。スタートは暮れと同じ時間に生駒駅を出発、暮れと同様、生駒山麓遊歩道を通って灯篭ゲートに向かうつもりだったが、歩きはじめてから気が変わり、宝山寺に向かい、ケーブル線路に沿って直登する登山路で生駒山上を目指した。この3連休に山行始めの人が多かったのか、登山路でも生駒山上でも暮れに来た時よりずっと多くの登山者に出会った。生駒山奈良県側斜面にいる時は晴れており、登りということもあって汗をかくほどだったが、山上に上がるととても寒く、以後、最後までずっと寒かった。
生駒縦走路は灯篭ゲートから北はゴルフ場脇の山道の下りだが、所々土が流れていて整備状況は南よりやや悪い。ほどなくアスファルト舗装の道に出て阪奈道路までは舗装路を歩く。この区間が足にくる。阪奈道路を渡ると再び植林帯の中の山道になり、少し上がった後、下ってむろいけ園地内の遊歩道に入る。室池の中堤を越えてからは、少し登った後、一気に斜面を下り、権現川の谷筋まで下って行く。権現川に沿って下り続けて飯盛山の直下にぶち当たると左に返してジグザグに山頂に上がって行く。飯盛山山頂は展望が抜群。交野山も低山ながら展望のいい山だが、ここのほうが大阪の中心部に面している分、景色がいい。夕日の時間に来たいスポットだ。飯盛山から北斜面の下りは激下りで斜面としてはかなりの急斜面だが、ほぼずっと丸太の階段が設置されている。登って来るのは嫌なコースだ。夕日を見に来るには辛そう。
訪問者数:397人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

紅葉 直登 山行 クリ 縦走
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ