また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1358340 全員に公開 雪山ハイキング北海道

恵山 スカイ沢遡行

日程 2018年01月13日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
0分
休憩
4時間30分
合計
4時間30分
Sスタート地点11:0011:00恵山展望台15:3015:30ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
沢中まで下るルートは登山道を進んで右側に開けた笹原が出たらすぐに道をはずしてまっすぐ進む。多くの人はもう少し先の看板がある箇所から道をはずして進んでいる(こちらにはデポ旗ベタうち。
当方のルートは沢に向かってまっすぐすすみ、右に下る斜面方向の変化を感じながらトラバり降りていくとスカイ沢F1下に吸い込まれる微沢に入る。
スカイ沢には大きな滝が2つ(F1奥にまだあったかもしれない)、5m以下の段差が2つほど。ダブルアックスでいけば、アイスクライミングが楽しめる。今回の結氷はまだまだといった感じ。融雪水で夏期にはないほどの水量はあるが、もともと温泉質なので凍りにくいのかもしれない。
過去天気図(気象庁) 2018年01月の天気図 [pdf]

写真

スカイ沢F1。プロテクションのとれないスラブの岩盤にナメ滝15m。結氷薄くフリー直登は断念。
2018年01月13日 11:35撮影 by ASUS_X008DB, asus
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スカイ沢F1。プロテクションのとれないスラブの岩盤にナメ滝15m。結氷薄くフリー直登は断念。
1
スカイ沢大滝。つらら状20mくらい。氷の裏には音が聞こえるくらい滔々と水が流れていた。
2018年01月13日 12:13撮影 by ASUS_X008DB, asus
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スカイ沢大滝。つらら状20mくらい。氷の裏には音が聞こえるくらい滔々と水が流れていた。
沢中は所々ゴルジュ地形。木は密で雪崩は怖くない。
2018年01月13日 13:19撮影 by ASUS_X008DB, asus
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢中は所々ゴルジュ地形。木は密で雪崩は怖くない。
1
スカイ沢からピークに向けてリッジやらルンゼを登る
2018年01月13日 14:17撮影 by ASUS_X008DB, asus
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スカイ沢からピークに向けてリッジやらルンゼを登る
西側稜線。青森が近い。
2018年01月13日 14:41撮影 by ASUS_X008DB, asus
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西側稜線。青森が近い。
2
振り返って
2018年01月13日 14:48撮影 by ASUS_X008DB, asus
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って
2
全景。左側の黒くて大きな岩はマルチの練習ができるかもしれない。岩の東側にはルンゼもちらほら。
2018年01月13日 15:18撮影 by ASUS_X008DB, asus
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
全景。左側の黒くて大きな岩はマルチの練習ができるかもしれない。岩の東側にはルンゼもちらほら。
1

感想/記録
by okre

(もう少し後になれば)アイスがあって、沢を抜ければマルチで遊べるリッジや巨岩があって、と思いがけずバラエティに富んだルートに出会えました。
何より函館から近いのは道南クライマーにはありがたい限りです。
訪問者数:406人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ