また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1360887 全員に公開 雪山ハイキング阿蘇・九重

御池〜中岳

日程 2018年01月15日(月) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
長崎〜九重インター〜牧ノ戸峠
チェーンを準備していましたが、ノーマルタイヤのままで駐車場到着しました
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.2〜1.3(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち81%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間24分
休憩
45分
合計
6時間9分
S牧ノ戸峠09:1909:31第一展望所09:3709:56沓掛山10:0210:29ブロッコリーの丘10:47扇ヶ鼻分岐10:5111:06星生山分岐11:0711:44久住分れ11:4512:25九重山12:4213:13久住分れ13:1414:14星生山分岐14:23扇ヶ鼻分岐14:2514:37ブロッコリーの丘14:3915:02沓掛山15:0415:17第一展望所15:2015:28牧ノ戸峠15:28ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
牧ノ戸峠〜御池〜中岳〜御池〜牧ノ戸峠
コース状況/
危険箇所等
牧ノ戸峠の登山口からアイゼン装着
雪も残っており、凍結もしてました
終日装着したままでした
その他周辺情報帰りは、黒川温泉に宿泊
過去天気図(気象庁) 2018年01月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 飲料 レジャーシート 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 常備薬 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ストック カメラ

写真

牧の戸登山口から出発です
御池〜中岳へ
行けたら久住山も目指します
2018年01月15日 09:15撮影 by iPhone 8 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
牧の戸登山口から出発です
御池〜中岳へ
行けたら久住山も目指します
4
雪のトンネル
2018年01月15日 10:26撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪のトンネル
2
御池です
怖いので真ん中迄行けませんでした
2018年01月15日 12:08撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御池です
怖いので真ん中迄行けませんでした
1
もうすぐ中岳です
少し左足が痛み出しました
久住山は諦めます
2018年01月15日 12:29撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もうすぐ中岳です
少し左足が痛み出しました
久住山は諦めます
1
中岳山頂
やっと九州本土最高峰に来ました
2018年01月15日 12:36撮影 by iPhone 8 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中岳山頂
やっと九州本土最高峰に来ました
1
左足が痛いです
最後の下り坂が怖いです
2018年01月15日 14:29撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左足が痛いです
最後の下り坂が怖いです
1
やっと登山口が見えてきました
奥様はピンピンしてます
2018年01月15日 15:27撮影 by iPhone 8 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと登山口が見えてきました
奥様はピンピンしてます
1

感想/記録

代休を頂き奥様と黒川温泉に旅行へ
ついでに、九重連山か由布岳に行こうと言うことになりました
奥様の希望は、九重連山
御池によって、中岳に行き余力と時間があれば久住山も登る事にしました
駐車場に着くとガスでどんよりな感じでした
途中までは、何もなく順調に進んで行きました
御池を歩き中岳へ
山頂の手前で左足にいつもの違和感が発生
久住山は諦めました
下山中は、霧が凍った様な粒が顔に当り痛かったです
久住山避難小屋で昼食後に出発すると完全に痛みが出だしました
ゆっくりと無理せず歩いて何とか帰ってきました
ずっとガスがかかったままで展望は有りませんでしたが、雪景色を楽しみ事が出来て良かったです
山行中は、殆どの方が、アイゼンを装着してました
自分達も、終日装着したままでした

帰りに売店で山バッチを買うのを楽しみにしてましたが休みでした
次回の楽しみにします


訪問者数:322人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ