また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1362602 全員に公開 山滑走白馬・鹿島槍・五竜

辰尾山

日程 2018年01月18日(木) [日帰り]
メンバー , その他メンバー2人
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
路面に雪が無かったので、国尻集落付近の広く除雪されている路肩に駐車しました。
降雪時や除雪作業が始まる前は止めたほうがよいでしょう。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間29分
休憩
51分
合計
3時間20分
Sスタート地点10:0812:00辰尾山12:5113:28ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
小沢沿いに稜線まで登ります。下部は沢が埋まっていませんでした。
その他周辺情報近くに姫川温泉があります。
過去天気図(気象庁) 2018年01月の天気図 [pdf]

写真

駐車地点から雨飾山
2018年01月18日 10:10撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車地点から雨飾山
幅広く除雪されていたので余裕で駐車
2018年01月18日 10:10撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
幅広く除雪されていたので余裕で駐車
1
最初は杉林
2018年01月18日 10:12撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初は杉林
沢は埋まっていません
2018年01月18日 11:01撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢は埋まっていません
林道終点?の土場のようです
奥に見えるのは大峰峠からの稜線
2018年01月18日 11:15撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道終点?の土場のようです
奥に見えるのは大峰峠からの稜線
中央奥が辰尾山山頂
2018年01月18日 11:26撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央奥が辰尾山山頂
熊棚あり
2018年01月18日 11:45撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熊棚あり
1
辰尾山山頂は刈り払いされていました
2018年01月18日 11:58撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
辰尾山山頂は刈り払いされていました
山頂から、海谷三山と雨飾山
2018年01月18日 12:28撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂から、海谷三山と雨飾山
2
大渚山〜真那板山
2018年01月18日 12:28撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大渚山〜真那板山
1
駒ヶ岳と鬼ヶ面山
2018年01月18日 12:29撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駒ヶ岳と鬼ヶ面山
1
山頂直下は薮っぽい
2018年01月18日 12:53撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂直下は薮っぽい
少し開けた斜面だが、先日の雨でグザグサの雪でした
2018年01月18日 13:01撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し開けた斜面だが、先日の雨でグザグサの雪でした
穴も開いているので滑走は慎重に
2018年01月18日 13:04撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
穴も開いているので滑走は慎重に
撮影機材:

感想/記録

1月というのに雨が降り、今朝も霧雨がちらついていた。こんな日に高いところへ行ってもアイスバーンで苦労しそうなので糸魚川の里山に登った。辰尾山は大峰峠を挟んで赤禿山と対峙する山である。標高は低いし針葉樹がびっしりと植林されていて滑る場所などなさそうであるが、安曇野のTさんの記録を参考にして何とかスキーで山頂を往復してきた。雨と高温で雪はグサグサ、板は潜り快適な滑走はままならずであったが、新雪の時には北面滑走も組み合わせればそこそこ良さそうである。
山頂には数日前のスキーのトレースあり、Tさん達のものと思われます。
訪問者数:291人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

林道 アイスバーン
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ