また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1363774 全員に公開 雪山ハイキング日光・那須・筑波

雪遊びに行こう!(赤薙山スノートレッキング?)

日程 2018年01月20日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ☼
アクセス
利用交通機関
車・バイク
往路:自宅=🚙(R4〜R119〜霧降高原道路)⇒霧降高原キスゲ平園地
復路:霧降高原キスゲ平園地=🚙⇒日光和の代温泉 やしおの湯=(R120〜R119〜R4)⇒自宅
※今回は高速道路利用せず。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち62%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間34分
休憩
1時間11分
合計
4時間45分
S霧降高原駐車場08:2008:35八平ヶ原分岐08:3609:00小丸山展望台09:0309:12小丸山09:15丸山分岐09:2510:00焼石金剛10:39赤薙山11:3511:54焼石11:5512:35丸山分岐12:40小丸山展望台13:04霧降高原駐車場13:05ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
・階段のところどころに残っている雪は凍っていますので注意必要。
・小丸山まではアイゼンの必要はありません。
・小丸山以降赤薙山まで雪道になります。
 吹き溜まりで踏抜くと腰のあたりまで埋まる個所もありますので
 コース取りに注意しましょう。
その他周辺情報キスゲ平園地駐車場は無料。第3駐車場に24時間使用可能のトイレがあります。
冬季はシャッターが閉まっていますので自分で開け閉めして使用します。

下山後の立ち寄り湯
 日光和の代温泉 やしおの湯(¥510)
 ※帰り道とは逆方向ですが日光に来ると必ず立ち寄るお気に入りの温泉です。
  
過去天気図(気象庁) 2018年01月の天気図 [pdf]

写真

キスゲ平園地第1駐車場から赤薙山方面。なんと雪が少ないΣ( ̄□ ̄|||)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キスゲ平園地第1駐車場から赤薙山方面。なんと雪が少ないΣ( ̄□ ̄|||)
雪が少ないと言う事は1445段の階段のほとんどを登らなければならないと言う事。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪が少ないと言う事は1445段の階段のほとんどを登らなければならないと言う事。
階段179段のポイントから右へ散策路を進むと、まだなんとなく雪原です。この散策路で348段のポイントまで階段をエスケープ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
階段179段のポイントから右へ散策路を進むと、まだなんとなく雪原です。この散策路で348段のポイントまで階段をエスケープ。
なんとなく雪原にいる風の写真を撮っておこう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんとなく雪原にいる風の写真を撮っておこう。
1
348段のポイントで振り返る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
348段のポイントで振り返る。
避難小屋のところで階段はおよそ半分。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
避難小屋のところで階段はおよそ半分。
1
何とか階段を登り切り小丸山展望台に到着。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何とか階段を登り切り小丸山展望台に到着。
1
展望台からのパノラマ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望台からのパノラマ
さあ先に進みましょう。小丸山展望台までくれば以降は雪かと期待していましたが・・・まだのよう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さあ先に進みましょう。小丸山展望台までくれば以降は雪かと期待していましたが・・・まだのよう。
小丸山
先に見える赤薙山は雪があります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小丸山
先に見える赤薙山は雪があります。
丸山から10分ほど登った辺りから登山道が雪に覆われ始めましたので以降の雪に備えて装着。
本日は10本爪です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丸山から10分ほど登った辺りから登山道が雪に覆われ始めましたので以降の雪に備えて装着。
本日は10本爪です。
1
焼石金剛
この辺りから雪が多くなり始めました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
焼石金剛
この辺りから雪が多くなり始めました。
いかにも雪原にいますと言ったアピール写真。
誰に何のためにアピールするのでしょう??
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いかにも雪原にいますと言ったアピール写真。
誰に何のためにアピールするのでしょう??
1
女峰山と赤薙山の分岐にて1枚。以降樹林帯の急な登りになり写真を撮る余裕なし。
( ´艸`)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
女峰山と赤薙山の分岐にて1枚。以降樹林帯の急な登りになり写真を撮る余裕なし。
( ´艸`)
1
そして山頂に到着。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして山頂に到着。
1
また一枚。けして頭から光線を放っているわけではありません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
また一枚。けして頭から光線を放っているわけではありません。
1
木には霧氷(雪?)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木には霧氷(雪?)
残念ながら女峰山は雲に隠されました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
残念ながら女峰山は雲に隠されました。
本日の昼食は「お汁粉」
小豆缶を使ったので小豆たっぷりです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日の昼食は「お汁粉」
小豆缶を使ったので小豆たっぷりです。
2
冬山ならではの自然の造形美
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
冬山ならではの自然の造形美
山頂直下の急斜面を下る途中、踏抜いたところで何故か1枚。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂直下の急斜面を下る途中、踏抜いたところで何故か1枚。
1
樹林帯の中は結構雪が残っています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林帯の中は結構雪が残っています。
雲が上がってきたようです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲が上がってきたようです。
あらあら前方は白くなってきています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あらあら前方は白くなってきています。
あらら雪山っぽくなっちゃいました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あらら雪山っぽくなっちゃいました。
焼石
なかなか良い眺めです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
焼石
なかなか良い眺めです。
1
丸山側の斜面には結構雪が残っていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丸山側の斜面には結構雪が残っていました。
そこで今回のニューアイテム装着して試しに歩いてみました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そこで今回のニューアイテム装着して試しに歩いてみました。
1
小丸山展望台まで戻ってきました。
今日は雪がないからこの斜面を下まで駆け降りる事が出来ません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小丸山展望台まで戻ってきました。
今日は雪がないからこの斜面を下まで駆け降りる事が出来ません。
仕方ないので階段を下ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仕方ないので階段を下ります。

感想/記録
by ozawa

今回はスノートレッキングを楽しもうと計画。

あまりメジャーではないコースが静かでよいかなと
霧降の滝から隠れ三滝と大山を巡る計画で出発しました。
ところが霧降の滝駐車場に着いて雪のゆの字も無く、
大山の斜面も全く雪は無し。
急きょキスゲ平園地まで上がって赤薙山に変更しました。

ここのところ天気が良かったせいか雪が少なく
階段はほぼ雪無し。
キスゲ平も斜面のほんの少ししか雪がない状況でした。
しかし遠くに見える赤薙山は白かったので多少なりとも
雪の上を歩けるだろうと信じて出発しました。
ずーっと階段を登るのはつまらないので、
階段の途中から散策路にエスケープしてできる限り雪の上へ。
丸山以降は少しづつ雪が多くなり赤薙山と女峰山の分岐辺りからは
雪の量もそこそこでスノートレッキングの目的を果たす事が出来ました。
山頂では冬ならではの自然の造形美を楽しみました。
雪が締まっていたので今回は出番がないと思っていたニューアイテム
「ワカン」ですが、途中で比較的雪が締まっていない斜面を見つけて試し履き。
ワカンで歩くのって結構楽しいかも。
※今度は新雪で使ってみたいものです。

当初予定していたコースではありませんでしたが
満足のいくスノートレッキングが楽しめました。


訪問者数:374人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/10/19
投稿数: 308
2018/1/21 18:47
 ワカンの履き心地はどうでしたか。
雪を求めてフレシキブルにコース変更とは流石です。
私も先シーズンにワカンを購入したのですが、まだ未使用です。
履き心地は如何でしたか?
明日、午後雪の予報が出てますが、近場の低山で雪山ハイキングが出来ると良いですね〜。
でも、近所の雪かきは、ちょっとやりたくないなぁ〜は贅沢ですね。
登録日: 2012/7/30
投稿数: 45
2018/1/21 20:58
 Re: ワカンの履き心地はどうでしたか。
hikeさん こんばんは
赤薙山は昨年3月にも雪の中歩いていたので
急な変更でもルートに不安がありませんでしたので
切り替えがききました。
ワカンの履き心地についてですが、
背負っている間は重みを感じていましたが
履いて歩きだすとほとんど重さを感じませんでした。
歩幅や左右の足の間隔はさほど意識することなく
普段の山歩きの感じとあまり変わらなかったように思います。
雪の上での安定性はかなり向上すると思いますが、
思っていた以上に沈み込みます。
※オーバーウエイトなのか体重の掛け方に問題があるのか
沈み込みが多少軽減される道具としては
かなり有効だと思います。
これから雪が降る時期ですから奥武蔵辺りも楽しみになりますね。

今年も元気に山歩きを楽しみましょう

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

アイゼン 避難小屋 霧氷
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ