また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1367611 全員に公開 ハイキング 中国

小五郎山(金山谷〜向峠)

情報量の目安: B
-拍手
日程 2014年09月21日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
金山谷の登山口の広場に数台駐車可能
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間31分
休憩
2時間3分
合計
6時間34分
S駐車場(金山谷ルート側)12:0312:28大栂入口13:1714:48小五郎山15:5916:56小五郎山登山口16:5918:37駐車場(金山谷ルート側)18:37ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
金山谷からのルートは若い登山道だが、鉱山跡の遺構が多く残り退屈させない。
向峠ルートは文句のない立派な登山道。
その他周辺情報宇佐郷へ下りると深谷峡温泉、六日市にも六日市温泉がある。
宿泊地は向峠から車で20分の所に雙津峡温泉錦パレスがある。
過去天気図(気象庁) 2014年09月の天気図 [pdf]

写真

金山谷登山口近くの広場
駐車場と札が立っているので停めていいはず
2014年09月21日 11:37撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金山谷登山口近くの広場
駐車場と札が立っているので停めていいはず
金山谷鉱山ルート登山口
2014年09月21日 12:01撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金山谷鉱山ルート登山口
オンドル跡地
火を焚き床下に煙りを送り床石を温める暖房設備。
石で組んだダクトが残っている
2014年09月21日 12:06撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オンドル跡地
火を焚き床下に煙りを送り床石を温める暖房設備。
石で組んだダクトが残っている
大栂への分岐
寄り道してみる
2014年09月21日 12:36撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大栂への分岐
寄り道してみる
かつてのテレビ共聴アンテナの残骸
2014年09月21日 13:11撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かつてのテレビ共聴アンテナの残骸
小五郎山鉱山の案内板
2014年09月21日 14:01撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小五郎山鉱山の案内板
坑道は数か所ある
2014年09月21日 14:13撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
坑道は数か所ある
ツチアケビ
気持ちの悪い植物だがたまに見かける
2014年09月21日 14:16撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツチアケビ
気持ちの悪い植物だがたまに見かける
坑道 内部
2014年09月21日 14:32撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
坑道 内部
坑道 外観
2014年09月21日 14:32撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
坑道 外観
美美さんのプレート
2014年09月21日 14:49撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
美美さんのプレート
小五郎山山頂
2014年09月21日 14:49撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小五郎山山頂
鬼ケ城山と大峰山
2014年09月21日 15:03撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鬼ケ城山と大峰山
高鉢山が真下に見える
2014年09月21日 15:39撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高鉢山が真下に見える
向峠への登山道は西中国山地ならではの道
2014年09月21日 16:04撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
向峠への登山道は西中国山地ならではの道
獣除けのフェンス
2014年09月21日 17:17撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
獣除けのフェンス
向峠溝の記念碑
2014年09月21日 17:19撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
向峠溝の記念碑
向峠は台地(正確には河岸段丘)にあるので空が広い
2014年09月21日 17:20撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
向峠は台地(正確には河岸段丘)にあるので空が広い
宇佐川、深谷川が100m下の谷に流れる河岸段丘で農業用水には困っていた。江戸時代に深谷川の5km上流から取水し用水路を引いたのが向峠溝。これに沿って金山谷へ歩く。
2014年09月21日 17:26撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宇佐川、深谷川が100m下の谷に流れる河岸段丘で農業用水には困っていた。江戸時代に深谷川の5km上流から取水し用水路を引いたのが向峠溝。これに沿って金山谷へ歩く。
車道になる
2014年09月21日 17:44撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車道になる
立派な水路峡
2014年09月21日 18:09撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立派な水路峡
金山谷の取水地点
2014年09月21日 18:29撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金山谷の取水地点
金山谷に着いた頃には日が暮れていた
2014年09月21日 18:34撮影 by DSC-RX100M2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金山谷に着いた頃には日が暮れていた

感想/記録

6〜7時間のコースだが。向峠〜金山谷の徒歩が辛い。複数人で行くのなら両方に車を置けばいいだろう。
中国山地の山深さを気軽に味わうには絶好のコースだと思う。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:189人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

アケビ
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ