また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1367671 全員に公開 雪山ハイキング丹沢

烏尾山・行者ヶ岳〜塔ノ岳は遠かった〜

日程 2018年01月27日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
轍が深く、かつ盛り上がった雪がガリガリに凍っているため、車高の低い車では時々腹をこすりました。戸沢まで行きたかったのですが、これ以上こすると大変なので断念。烏尾尾根から登ることにして、登山口前のスペースに停めました。

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.1〜1.2(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち41%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間41分
休憩
1時間37分
合計
6時間18分
S烏尾尾根登山口08:1309:07スパッツ装着09:1309:34チェーンスパイク装着09:4610:07小休止10:1311:02烏尾山11:1611:47行者ヶ岳11:4812:11政次郎ノ頭12:5814:02チェーンスパイク外し14:1214:13戸沢山荘14:1414:18作治小屋14:30新茅山荘14:31烏尾尾根登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
本当は塔ノ岳まで行く予定でしたが、戸沢まで行けず烏尾尾根を登ることにした時点で、力量的に無理なようでした。
コース状況/
危険箇所等
この日はチェーンスパイクで問題なかったですが、踏み跡の薄いところもあり、結構疲れました。政次郎尾根の方はしっかり踏まれていました。
過去天気図(気象庁) 2018年01月の天気図 [pdf]

写真

最初は雪のない道を歩いていきます。しょっぱなから急ですが。
2018年01月27日 08:14撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初は雪のない道を歩いていきます。しょっぱなから急ですが。
だんだんと雪が出てきました。
2018年01月27日 08:18撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
だんだんと雪が出てきました。
一面の雪です。
2018年01月27日 08:51撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一面の雪です。
吹き溜まりになっているところでは、20cm以上あるようです。
2018年01月27日 09:07撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
吹き溜まりになっているところでは、20cm以上あるようです。
富士山がきれいに!
2018年01月27日 09:52撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山がきれいに!
この辺りから、地味に足が重くなってきました。意外と疲れて来てます。
2018年01月27日 10:49撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りから、地味に足が重くなってきました。意外と疲れて来てます。
すばらしい景色です。この辺りで、もう塔ノ岳まで行かなくていいかな、と安易な気持ちが芽生えてきてます(笑)
2018年01月27日 10:57撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すばらしい景色です。この辺りで、もう塔ノ岳まで行かなくていいかな、と安易な気持ちが芽生えてきてます(笑)
コースタイムの1.5倍ぐらいかかって、やっと烏尾山頂に着きました!この景色がご褒美です。
2018年01月27日 11:01撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コースタイムの1.5倍ぐらいかかって、やっと烏尾山頂に着きました!この景色がご褒美です。
三ノ塔がどっしりと。
2018年01月27日 11:01撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ノ塔がどっしりと。
小屋はしまっているみたいですね。
2018年01月27日 11:01撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋はしまっているみたいですね。
小屋の横手には富士山がどーんと!
2018年01月27日 11:01撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋の横手には富士山がどーんと!
海も大島もバッチリ見えてます!
2018年01月27日 11:12撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
海も大島もバッチリ見えてます!
左に長い三ノ塔尾根、右にもっと長い大倉尾根(笑)。
登って来た烏尾尾根は、頭だけがちょこっと。急なわけです。
2018年01月27日 11:12撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左に長い三ノ塔尾根、右にもっと長い大倉尾根(笑)。
登って来た烏尾尾根は、頭だけがちょこっと。急なわけです。
テーブルが埋もれるまでには至ってません。
2018年01月27日 11:15撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テーブルが埋もれるまでには至ってません。
とりあえず、(政次郎の頭から下る気満々で)塔ノ岳に向かいます。
2018年01月27日 11:17撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とりあえず、(政次郎の頭から下る気満々で)塔ノ岳に向かいます。
普段はなんてこともない場所も、足元がガタガタなため、よろけちゃまずいと緊張します。
2018年01月27日 11:21撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
普段はなんてこともない場所も、足元がガタガタなため、よろけちゃまずいと緊張します。
平らなところでは、富士山を堪能します。
2018年01月27日 11:26撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平らなところでは、富士山を堪能します。
途中で写真を撮る余裕もないまま、行者ヶ岳に到着!
2018年01月27日 11:47撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中で写真を撮る余裕もないまま、行者ヶ岳に到着!
結構怖かった鎖場の下り。雪があるのとないのとでは大違いでした!
2018年01月27日 12:02撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
結構怖かった鎖場の下り。雪があるのとないのとでは大違いでした!
ガレ場を渡る途中で振り返って。いい眺めです。
2018年01月27日 12:06撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガレ場を渡る途中で振り返って。いい眺めです。
大山はどっしり!
2018年01月27日 12:09撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大山はどっしり!
その右に三ノ塔と海。
2018年01月27日 12:09撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その右に三ノ塔と海。
政次郎ノ頭から塔ノ岳。近いようで遠いですね(涙)
2018年01月27日 12:14撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
政次郎ノ頭から塔ノ岳。近いようで遠いですね(涙)
あーあ。もう富士山にも雲が出てきたか・・・(と自分に言い訳)。塔ノ岳はあきらめます。
2018年01月27日 12:17撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あーあ。もう富士山にも雲が出てきたか・・・(と自分に言い訳)。塔ノ岳はあきらめます。
真鶴半島と伊豆高原が海の反射で浮かび上がってます。
眺めもいいので、ここでお昼にしました。
2018年01月27日 12:18撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真鶴半島と伊豆高原が海の反射で浮かび上がってます。
眺めもいいので、ここでお昼にしました。
政次郎尾根への分岐。超急斜面をトラバースしてるので、右にこけたら止まりません。。。ちょっと緊張します。
2018年01月27日 12:59撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
政次郎尾根への分岐。超急斜面をトラバースしてるので、右にこけたら止まりません。。。ちょっと緊張します。
怖いトラバースはそんなに長くはなかったので、無事下まで降りてこれました。
2018年01月27日 14:13撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
怖いトラバースはそんなに長くはなかったので、無事下まで降りてこれました。
林道を歩いて、烏尾尾根登山口まで戻ってきました。
2018年01月27日 14:34撮影 by DMC-GX7, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道を歩いて、烏尾尾根登山口まで戻ってきました。

感想/記録

表尾根は両脇が削れているところもあり、普段はなんでもなかったところが、雪で足元が不安定になると、結構怖い場所になるのだと思い知らされました。特に、岩場の通過は雪混じりになると難易度UP!また、政次郎ノ頭からの下りは、最初は急斜面の巻き道なのですが、足元の雪がかなり緩んできていて、踏み抜いてよろけたらアウトなので、けっこう緊張しました。
訪問者数:30人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

鎖場 林道 巻き道 高原 ガレ
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ