また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1367672 全員に公開 雪山ハイキング蔵王・面白山・船形山

泉三山8字周回

日程 2018年01月27日(土) [日帰り]
メンバー
天候概ね風雪 泉ヶ岳山頂付近は痛い風雪
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.2〜1.3(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち92%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間50分
休憩
27分
合計
6時間17分
Sスタート地点(駐車場)08:2308:33水神コース登山口09:50黒鼻山11:00黒鼻北端ピーク11:08夏道交差11:40袖泉西端11:4112:03泉ヶ岳12:1612:41三叉路12:4713:21北泉ヶ岳13:38三叉路13:3913:46うぐいす坂13:4714:02水神14:0714:13水神平14:31水神コース登山口14:40ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
下山時の水神〜駐車場以外は,先行トレースなく,スノーシューで膝下ラッセル
過去天気図(気象庁) 2018年01月の天気図 [pdf]

写真

最初はよい天気。黒鼻山に至る杉林の上部
2018年01月27日 09:02撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初はよい天気。黒鼻山に至る杉林の上部
1
沢上部。土塁の一部が切り取られ,ゲート状に。ここからカラマツ?林に入る。
2018年01月27日 09:21撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢上部。土塁の一部が切り取られ,ゲート状に。ここからカラマツ?林に入る。
黒鼻山頂。強い冬型で後白髭は期待していないがやはり見えない。引き返す途中,二人パーティーとスライド。黒鼻で人と会うことないので,びっくり。
2018年01月27日 09:52撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒鼻山頂。強い冬型で後白髭は期待していないがやはり見えない。引き返す途中,二人パーティーとスライド。黒鼻で人と会うことないので,びっくり。
1
黒鼻尾根と勝手に読んでいたら,ヤマレコ記事で葡萄原峰という立派なお名前があるとのこと。失礼しました。
2018年01月27日 11:01撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒鼻尾根と勝手に読んでいたら,ヤマレコ記事で葡萄原峰という立派なお名前があるとのこと。失礼しました。
3
夏道と交差するあたりからの樹林越しの袖泉
2018年01月27日 11:08撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夏道と交差するあたりからの樹林越しの袖泉
ひざ川の源流部を越して,今日一番の登りに取りつく。やぶのない疎林で好きなところを登る。
2018年01月27日 11:09撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ひざ川の源流部を越して,今日一番の登りに取りつく。やぶのない疎林で好きなところを登る。
1
いったん登って,テラス状のところ。ここからの50mが急登で,雪では踏ん張りがきかないので,木につかまって登る。ワカンの方が取り回ししやすいが,スノーシューで強引に突破。
2018年01月27日 11:26撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いったん登って,テラス状のところ。ここからの50mが急登で,雪では踏ん張りがきかないので,木につかまって登る。ワカンの方が取り回ししやすいが,スノーシューで強引に突破。
1
袖泉の肩にでたところ。みなさんは下山に使うようだが,かなり急,どう降りるのだろう?
2018年01月27日 11:41撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
袖泉の肩にでたところ。みなさんは下山に使うようだが,かなり急,どう降りるのだろう?
1
袖泉の夏道合流側。
2018年01月27日 11:49撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
袖泉の夏道合流側。
3
泉ヶ岳山頂にも一応寄る。人が多い。写真では穏やかだが風雪が痛い。日和らず,戻って北泉に向かう。途中,黒鼻スライド二人組と会う。自分のトレースで袖泉経由とのこと。お恥ずかしい。
2018年01月27日 12:09撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
泉ヶ岳山頂にも一応寄る。人が多い。写真では穏やかだが風雪が痛い。日和らず,戻って北泉に向かう。途中,黒鼻スライド二人組と会う。自分のトレースで袖泉経由とのこと。お恥ずかしい。
1
北泉。標識も雪の下。この後は水神経由で戻るが,水神までトレースなし。珍しい。水神からは用水路状態。
2018年01月27日 13:23撮影 by SO-04E, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北泉。標識も雪の下。この後は水神経由で戻るが,水神までトレースなし。珍しい。水神からは用水路状態。
2

感想/記録
by yamkoi

強い冬型で県境は悪天候だろうが,ちょっと宮城よりの泉ヶ岳はそれほどでもないのがこの山域の良いところで,泉3山に袖泉も加えて8字周回で回ってみることに。
まずは黒鼻山。北泉からの下山路にとれば楽なのはわかっているが,トレースなしでのラッセルを楽しむには最初が黒鼻。案の定トレースはなく,スノーシューでひざ下に雪を踏む感触が楽しめる。山頂を踏んだ後,戻って長い尾根沿いに夏道に下り,交差してひざ川を越えて,袖泉に登り返す。やぶのない疎林でどこでも登れるが最後は急登で樹林につかまりながらになる。
開放的な袖泉からいったん泉ヶ岳まで登り,また,戻って北泉に。その後は水神経由で戻るが,水神〜駐車場間以外はトレースがなく,ほぼラッセル。三叉路まで戻って楽できるかと期待したが,スキートレースが三叉路周辺にわずかにあるだけ。珍しい。おかげでたっぷり歩いて日頃の不摂生を穴埋め?
訪問者数:287人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

急登 スノーシュー カラマツ
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ