また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1368066 全員に公開 ハイキング九州・沖縄

青井岳(薩摩街道〜国見山〜ケラガツカ)

日程 2018年01月27日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
宮崎交通 バス停「七瀬谷」
コミュニティバス バス停「岩屋野公民館前」
http://www.kyushu-bus.net/6_kmi/6_btt/takajo.pdf
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間31分
休憩
30分
合計
5時間1分
Sスタート地点08:1009:10国見山09:2010:00ケラガツカ11:10青井岳11:3013:11ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
眺望は無いですが、ゆったりとハイキングが楽しめました。ただ、下山するときに道がよくわからないというのと、水っぽい道が多いので足元に注意が必要でした。
コース状況/
危険箇所等
■岩屋野からケラガツカ
倒木は多いもののそれほど迷わずいけます。国見峠の分岐から薩摩街道を離れて右手に進みます。
■ケラガツカから青井岳
青井岳に行くには、来た方向に戻り気味で右手の尾根の方を降りて行く感じです。山頂を通り過ぎて行く道を進むと青井岳に行かずに岩屋野に戻る道に降りてしまいます。
■青井岳から下山
青井岳頂上から青井岳駅方向に進んで途中岩屋野方向へ分岐するのでですが、岩屋野方向への1Kmぐらいは道標もなく、落ち葉と藪で道らしい道も見当たらない中を尾根に沿って降りていくしか無いでです。そのうち沢の音が聞こえてくると赤いリボンがある箇所があり、林道が見えてきます。
■沢沿いに岩屋野まで
林道を横切って沢に降りると沢沿いに広めの道がありますが、倒木等を回避しなければならないので沢の石を渡ることが何度かありましたが、沢の濡れている石は滑るのと、乾いている石も安定していないことがあるので注意が必要です。
その他周辺情報岩屋野から10号に出たところに、山茶屋という定食屋があります。
過去天気図(気象庁) 2018年01月の天気図 [pdf]

写真

岩屋野公民館です。無人です。薩摩街道を推しているらしく、ウェルカムな感じでした。トイレも使えます。
2018年01月27日 08:07撮影 by ASUS_Z00ED, ASUS
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩屋野公民館です。無人です。薩摩街道を推しているらしく、ウェルカムな感じでした。トイレも使えます。
公民館に向かいに熊野神社があります。
2018年01月27日 08:07撮影 by ASUS_Z00ED, ASUS
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
公民館に向かいに熊野神社があります。
薩摩街道の歴史が書いてあります。島津久光が生麦事件のあとに通ったという話が載ってます。西郷どんとか大久保どんも通っただろうなあと。
2018年01月27日 08:08撮影 by ASUS_Z00ED, ASUS
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薩摩街道の歴史が書いてあります。島津久光が生麦事件のあとに通ったという話が載ってます。西郷どんとか大久保どんも通っただろうなあと。
民家の壁の薩摩街道の案内に従って左折します。
2018年01月27日 08:12撮影 by ASUS_Z00ED, ASUS
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
民家の壁の薩摩街道の案内に従って左折します。
手前の家の後ろを進みます。
2018年01月27日 08:13撮影 by ASUS_Z00ED, ASUS
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
手前の家の後ろを進みます。
たまに倒木がありますが、こんな遊歩道的な道が国見峠まで続きます。
2018年01月27日 08:39撮影 by ASUS_Z00ED, ASUS
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
たまに倒木がありますが、こんな遊歩道的な道が国見峠まで続きます。
ゆく先々に山の神がおわします。
2018年01月27日 08:50撮影 by ASUS_Z00ED, ASUS
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゆく先々に山の神がおわします。
国見峠の案内板なんですが、国見山の頂上へ行くには左の山の神の方へ行きます。ケラガツカに行くには斜め右の堀切の方向です。
2018年01月27日 08:58撮影 by ASUS_Z00ED, ASUS
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
国見峠の案内板なんですが、国見山の頂上へ行くには左の山の神の方へ行きます。ケラガツカに行くには斜め右の堀切の方向です。
国見山の頂上です。
2018年01月27日 09:05撮影 by ASUS_Z00ED, ASUS
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
国見山の頂上です。
眺望は無いですw
2018年01月27日 09:15撮影 by ASUS_Z00ED, ASUS
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
眺望は無いですw
国見山から降りて、案内板のところを堀切方向へ20mぐらい進んだところです。和石(よれし)と読むんだなぁと。
和石方向に行くと薩摩街道に戻りますので直進します。
街道から外れるので道幅が狭くなりますが、わかりやすい道です。
2018年01月27日 09:20撮影 by ASUS_Z00ED, ASUS
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
国見山から降りて、案内板のところを堀切方向へ20mぐらい進んだところです。和石(よれし)と読むんだなぁと。
和石方向に行くと薩摩街道に戻りますので直進します。
街道から外れるので道幅が狭くなりますが、わかりやすい道です。
ケラガツカの5分前表示
2018年01月27日 09:55撮影 by ASUS_Z00ED, ASUS
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ケラガツカの5分前表示
ケラガツカ頂上です。右手から来た感じになりますが、青井岳行くには、また右手に戻って別の尾根を降りていきます。
2018年01月27日 09:57撮影 by ASUS_Z00ED, ASUS
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ケラガツカ頂上です。右手から来た感じになりますが、青井岳行くには、また右手に戻って別の尾根を降りていきます。
途中何かのピークが。。
2018年01月27日 10:18撮影 by ASUS_Z00ED, ASUS
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中何かのピークが。。
ここからがちょっと急になります。ここで一旦休憩しました。
2018年01月27日 10:51撮影 by ASUS_Z00ED, ASUS
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからがちょっと急になります。ここで一旦休憩しました。
青井岳5分前
2018年01月27日 11:09撮影 by ASUS_Z00ED, ASUS
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青井岳5分前
青井岳頂上。
2018年01月27日 11:13撮影 by ASUS_Z00ED, ASUS
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青井岳頂上。
やっぱり眺望なし!
2018年01月27日 11:13撮影 by ASUS_Z00ED, ASUS
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっぱり眺望なし!
木々の隙間から、高千穂峰が見えたり見えなかったり。。
2018年01月27日 11:14撮影 by ASUS_Z00ED, ASUS
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木々の隙間から、高千穂峰が見えたり見えなかったり。。
帰りの道。青井岳の駅の方に降りておく道を進んで途中岩屋野に分岐があるはずなのですが見つかりませんでした。赤いリボンも無いので、地図を頼りに尾根伝いに降りてきて、やっと道っぽいところを見つけた箇所です。
2018年01月27日 11:52撮影 by ASUS_Z00ED, ASUS
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りの道。青井岳の駅の方に降りておく道を進んで途中岩屋野に分岐があるはずなのですが見つかりませんでした。赤いリボンも無いので、地図を頼りに尾根伝いに降りてきて、やっと道っぽいところを見つけた箇所です。
人の気配が。。ここから下方向に林道が見えるのですが、降りられそうな場所がない。。
2018年01月27日 11:57撮影 by ASUS_Z00ED, ASUS
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
人の気配が。。ここから下方向に林道が見えるのですが、降りられそうな場所がない。。
沢の方に印があったので沢伝いに降りました。倒木があるし、石は滑るしで危ないです。
2018年01月27日 12:00撮影 by ASUS_Z00ED, ASUS
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢の方に印があったので沢伝いに降りました。倒木があるし、石は滑るしで危ないです。
降りてきた沢ですね。
2018年01月27日 12:04撮影 by ASUS_Z00ED, ASUS
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
降りてきた沢ですね。
林道でも帰れそうなのですが、遠回りっぽいのでさっきの沢が合流する沢に降りました。
2018年01月27日 12:06撮影 by ASUS_Z00ED, ASUS
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道でも帰れそうなのですが、遠回りっぽいのでさっきの沢が合流する沢に降りました。
そこにも割りと道幅の広い道があるのですが、倒木が多いので、沢の石を渡りながら回避です。
2018年01月27日 12:10撮影 by ASUS_Z00ED, ASUS
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そこにも割りと道幅の広い道があるのですが、倒木が多いので、沢の石を渡りながら回避です。
昔、炭焼き小屋とかあったんでしょうね。石垣があります。
2018年01月27日 12:23撮影 by ASUS_Z00ED, ASUS
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昔、炭焼き小屋とかあったんでしょうね。石垣があります。
だんだん道が広くなってきて車が停められそうな場所が。。
2018年01月27日 12:37撮影 by ASUS_Z00ED, ASUS
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
だんだん道が広くなってきて車が停められそうな場所が。。
さっきの林道との合流ポイントですかね。
2018年01月27日 12:40撮影 by ASUS_Z00ED, ASUS
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さっきの林道との合流ポイントですかね。
沢がたくさんあって、林道も水に浸っている感じです。結構靴が汚れます。
2018年01月27日 12:53撮影 by ASUS_Z00ED, ASUS
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢がたくさんあって、林道も水に浸っている感じです。結構靴が汚れます。
岩屋野の集落が見えてきます。
2018年01月27日 13:05撮影 by ASUS_Z00ED, ASUS
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩屋野の集落が見えてきます。
遠くに見えるのがケラガツカです。
2018年01月27日 13:06撮影 by ASUS_Z00ED, ASUS
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠くに見えるのがケラガツカです。

感想/記録

昔の人達が通った、薩摩街道を通りつつピークハントができるというのはなかなかオツな感じでした。ちょうど西郷どんをドラマでやっているので、あの登場人物達も通ったのかなぁと思うと感慨深いですね。
今度は、高岡の方から岩屋野の方まで薩摩街道で来てみようかと思いました。
訪問者数:130人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

林道 倒木 道標
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ