また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1368302 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走九州・沖縄

桴海於茂登岳・ウマヌファ岳

日程 2018年01月27日(土) [日帰り]
メンバー
天候曇り時々雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク
登山口まではレンタカー
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間30分
休憩
30分
合計
6時間0分
Sスタート地点08:3010:20ウマヌファ岳10:4011:50桴海於茂登岳12:0014:30ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
桴海於茂登岳からの下山はリボンを見失ったため、コンパスに従い北に強引に下山したもの
コース状況/
危険箇所等
リボン・テープを見落とさないこと
いずれの山も最後20分は藪漕ぎ状態になるので、同じルートを戻れるよう確認しつつ登った方がよい
過去天気図(気象庁) 2018年01月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ ズボン 靴下 グローブ 雨具 ザック 行動食 非常食 地図(地形図) コンパス GPS 携帯 時計 カメラ

写真

登山口のサトウキビ畑
ちょうど画面中央の踏み跡を入っていく
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口のサトウキビ畑
ちょうど画面中央の踏み跡を入っていく
イノシシ除けの柵。この1つのみ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イノシシ除けの柵。この1つのみ
ウマヌファ岳との分岐点
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ウマヌファ岳との分岐点
ウマヌファ岳山頂からの桴海於茂登岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ウマヌファ岳山頂からの桴海於茂登岳
桴海於茂登岳の三角点
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
桴海於茂登岳の三角点
三角点は360度藪だが、更に少し漕ぐと展望あり
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角点は360度藪だが、更に少し漕ぐと展望あり

感想/記録

石垣島はもともと於茂登岳(沖縄県最高峰)に登るために来たのでしたが、桴海於茂登岳の方が遥かに面白そうだったため、こちらを優先して登りに来ました。
密林の中を進んでいくため、道はあってないようなもので、リボンやテープをとにかく見落とさないようにするのが第一です。見落とした瞬間から藪漕ぎ登山になります。
知花食堂からのルートは目印が多めに付いているので、見落とさなければ問題ありません。ウマヌファ岳との分岐は目印が南北両方についているので判断できました。ウマヌファ岳だけの登りは最後15分くらい藪漕ぎに近い状態になりますが、それほどきつくはありません。山頂は大岩がゴロゴロしていますが、三角点は残念ながら発見できませんでした。
分岐に戻って桴海於茂登岳方面へ進みますが、桴海於茂登岳の最後の20分はリュウキュウチクの藪漕ぎになります。かなり密度が高いので掻き分けるのもかなり疲れます。そんな藪漕ぎでもときどきリボンが付いているので、突き進むと三角点のある空間に行き当たります。この山はあの藪漕ぎを同じルートで戻って来られるかがキモです。私はテープを辿って少し右のルートを下ったらしく、途中でテープがなくなって完全に行き詰りました。
結局GPSで現在位置を確認し、北に向けて無理矢理下山したのですが、山肌は崩れやすく、川は滝が数か所あるのでヘツる必要があり、藪はリュウキュウチクで固くて手ごわいですので、やはりテープを見落とさないようにするのが一番です。
訪問者数:259人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

縦走
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ