また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1369284 全員に公開 山滑走志賀・草津・四阿山・浅間

篭ノ登内院@上小・湯ノ丸

日程 2018年01月28日(日) [日帰り]
メンバー
天候高曇り
・去年より雪が少ない気がした。
・全体的に笹が出ており踏み貫き多し。
・東篭ノ登ピークで-12℃。
アクセス
利用交通機関
車・バイク
湯ノ丸スキー場第六駐車場利用
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

0650 第六駐車場発
0840 雲上の丘 ※途中からシールトラブルで片足登行
0915 池の平駐車場
1030 東篭ノ登
1220 篭ノ登内院
1410 湯ノ丸スキー場着
コース状況/
危険箇所等
・篭ノ登山北面
滑走できるところは無い。ジャングルジムに泣く。
・その他
ラッセルは概ね踝〜脛。一人ラッセルに泣く。
・スノーモビルに注意
送電線下にトレース複数。段差から飛び出されると避けられないと思う。
過去天気図(気象庁) 2018年01月の天気図 [pdf]

装備

備考 atomic168:金具の位置が後ろすぎる感じ。真上に乗れず閉口した。
BCX6:セメダイン補強成功。浸水なし。
Gecko:池の平へのブッシュ登りで剥がれたが、日光浴して復旧。
    篭ノ登と最後の登りでは剥がれず。
ウエアは概ね〇
上:青ジャケ・SWIX・カッター・毛・化繊
下:水色パンツ・SWIX・毛・化繊

写真

0646 代車で貸してもらった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
0646 代車で貸してもらった。
1
0743 植林帯でシールトラブル。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
0743 植林帯でシールトラブル。
1
0834 頂稜にあがる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
0834 頂稜にあがる。
1
0842 ふじさんみえた!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
0842 ふじさんみえた!
1
0857 板とシールを温めて復旧。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
0857 板とシールを温めて復旧。
2
0912 露出が合ってるのこれだけ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
0912 露出が合ってるのこれだけ。
1
0957 コルの上に出た。湯ノ丸山と北アルプス。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
0957 コルの上に出た。湯ノ丸山と北アルプス。
1
1031 風ツヨシ。久々にハナゲが凍った。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1031 風ツヨシ。久々にハナゲが凍った。
1
1032 烏帽子・湯ノ丸・西篭。北アは前線に捕まった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1032 烏帽子・湯ノ丸・西篭。北アは前線に捕まった。
1
1032 妙高・火打はまだセーフ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1032 妙高・火打はまだセーフ。
1
1036 これから下る斜面。四阿山、風格あるね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1036 これから下る斜面。四阿山、風格あるね。
1
1219 本谷出合。埋まってないよ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1219 本谷出合。埋まってないよ。
1
1219 嬬恋と草津。合掌。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1219 嬬恋と草津。合掌。
2
1219 村上山と同コンタくらいで左岸の斜面に取りつく。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1219 村上山と同コンタくらいで左岸の斜面に取りつく。
2
1327 地吹雪。踏み貫きながら。泣ける(笑)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1327 地吹雪。踏み貫きながら。泣ける(笑)
2
1343 スキー場みえた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1343 スキー場みえた。
1
1448 おはぎ、旨かった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1448 おはぎ、旨かった。
2

感想/記録

山へ行かない理由を他者に求めてしまうのは何か違う気がしたので、迷いはあるものの雪山へ行くことにした。土曜日にKくんと日光白根で池巡りを計画していたけれど、所々の事情により日曜に一人で出撃。行き場所に悩んだけど、初めて池の平に行った時以来、気になっていた篭ノ登北面を徘徊してきた。

先月、草津の雪が例年の2倍との報道もあったけど、湯ノ丸あたりの雪は意外と少なかった。締まってもおらず踏み貫き混じりのラッセルに終始する。おまけにシールトラブルが発生し延々トラバースを強いられた。シーロイファーの唄を口笛しながらノタノタ歩く。やはり低温だと貼付けシールは弱い。
肝心の篭ノ登北面はブッシュだらけ。ここまでひどいのは初めてかも。北横の東面の方がマシに感じた。腕くらいの太さのタンネばかりが密生しているのだが、なんでこうなるんだろう。日照?土壌?寒冷?いずれにしても成長を即す要素はない土地らしい。意外と細っこい樹でも樹齢50年とかかもしれない。北面の谷はとても静かで、頂稜の風が嘘みたいだった。笹が顔を出した雪原は寂寥感があったけど。最後はシーハイルの歌を口ずさみながらシコシコ歩く。

とりあえずは、長年の目標を達成してみたけどなんだかイマイチな感じ。とはいうものの、ほぼフルラッセルの一日を右ひざも左股関節も痛めることなく動けたのが収穫。ここのところの山歩きの効果かな。春には東北の山へ行きたいところ。
 
訪問者数:241人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

左岸 コル 出合 吹雪
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ