ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の地名 > 東篭ノ登山

東篭ノ登山(ひがしかごのとやま)

最終更新者 alpsdake
基本情報
標高 2227.2m
場所 北緯36度25分09秒, 東経138度26分49秒
砕石が広がる広い360度の展望
八ヶ岳、北アルプス、奥秩父の山々、すぐ近くに日本百名山の浅間山などの展望がある。
一等三角点の山
山頂

東篭ノ登山の日の出・日の入り時刻

02/23(木) 02/24(金) 02/25(土) 02/26(日) 02/27(月) 02/28(火) 03/01(水)
日の出 6時17分 6時16分 6時14分 6時13分 6時12分 6時10分 6時9分
日の入り 17時44分 17時45分 17時46分 17時47分 17時48分 17時49分 17時50分

東篭ノ登山 (標高2227.2m)付近の気温

2月の気温(推定値)
最高気温
-6.3
平均気温
-10.3
最低気温
-16.5
Loading...

周辺の平年の気象状況

2月の気象
日照時間 5.6 時間/日
降水量 1.6 mm/日
最深積雪 56 cm
気象データの範囲(1km四方)
Loading...
Loading...
Loading...
※本ページ記載の気象データは、国土交通省が公開している国土数値情報をもとに推定を行ったものであり、現在の気象情報を示すものではありません。登山の際は必ず山の天気予報 ヤマテンなどの山の気象予報をご確認の上お出かけください。

関連する写真リスト

振り返ると篭ノ登山と東篭ノ登山、雲海の向こうに四阿山。
同じく東・西篭ノ登山。
東篭ノ登山へ登り返す。
東篭ノ登山山頂。後方は浅間山。
東篭ノ登山と浅間山を望む。

山の解説 - [出典:Wikipedia]

湯の丸高原(または、湯ノ丸高原)(ゆのまるこうげん)は、上信越高原国立公園に属し、湯ノ丸山の東側、浅間連峰の西側に位置する、長野県東御市と群馬県吾妻郡嬬恋村にまたがる、標高1,800〜2,000mの高原地帯である。
気候は、亜高山帯で湯ノ丸高原一帯は、別名「花高原」と呼ばれている。
スキー場など各種レジャー施設があり、6月下旬ごろは国の天然記念物である、60万株のレンゲツツジ大群落が一斉に咲き、冬は湯の丸スキー場として、観光客が多く訪れ、賑わいを見せている。

付近の山

この場所に関連する本

この場所を通る登山ルート

「東篭ノ登山」 に関連する記録(最新10件)

志賀・草津・四阿山・浅間
  6   4 
kou1001, その他8人
2017年02月13日(日帰り)
志賀・草津・四阿山・浅間
  60     10 
2017年02月04日(日帰り)
志賀・草津・四阿山・浅間
  17    11 
2017年01月29日(日帰り)
志賀・草津・四阿山・浅間
  46    94 
sugi0700, その他1人
2017年01月28日(2日間)
志賀・草津・四阿山・浅間
  87    19 
oguramienananopapaannakoba, その他6人
2017年01月28日(2日間)
志賀・草津・四阿山・浅間
  12    15 
2017年01月25日(日帰り)
志賀・草津・四阿山・浅間
  14   7 
2017年01月07日(日帰り)
志賀・草津・四阿山・浅間
  129    37  14 
2017年01月07日(2日間)
志賀・草津・四阿山・浅間
  52   10 
2017年01月03日(日帰り)
志賀・草津・四阿山・浅間
  37    19 
Shanks, その他1人
2017年01月02日(日帰り)
ページの先頭へ