また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1370291 全員に公開 山滑走白馬・鹿島槍・五竜

小日向山bc

日程 2018年01月29日(月) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候小雪&ガス
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間30分
休憩
10分
合計
4時間40分
S二股08:0011:20小日向山11:3012:40二股G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
北東面の沢雪崩ました
過去天気図(気象庁) 2018年01月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ハードシェル タイツ 靴下 グローブ 予備手袋 防寒着 ネックウォーマー バラクラバ 毛帽子 ブーツ ザック ビーコン スコップ ゾンデ 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 針金 ガムテープ 常備薬 携帯 サングラス ツェルト ストック ナイフ カメラ ビンディング スキー板 シール

写真

標高差1100m程で3時間くらいで登れそうだったので宿で朝飯食べて二股ゲート前からスタート
2018年01月29日 07:54撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高差1100m程で3時間くらいで登れそうだったので宿で朝飯食べて二股ゲート前からスタート
奥の滝沢手前から猿倉林道を離れて尾根へ取り付く
2018年01月29日 08:07撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥の滝沢手前から猿倉林道を離れて尾根へ取り付く
シールがほとんど効かずにスリップしまくり体力消耗
30分ちかくロスした
2018年01月29日 08:34撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シールがほとんど効かずにスリップしまくり体力消耗
30分ちかくロスした
急登・細尾根をクリアすると登りやすい斜面に
2018年01月29日 09:13撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急登・細尾根をクリアすると登りやすい斜面に
無駄に体力消耗してもうここから快適そうな斜面へ滑りたくなるが我慢
2018年01月29日 09:13撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無駄に体力消耗してもうここから快適そうな斜面へ滑りたくなるが我慢
今年から軽量スーパーファットを手に入れた仲間は元気です
年々ハイクスピードが速くなってきているような気がする
2018年01月29日 09:31撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今年から軽量スーパーファットを手に入れた仲間は元気です
年々ハイクスピードが速くなってきているような気がする
突然現れる巨木
2018年01月29日 09:31撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
突然現れる巨木
スリップしまくり2時間歩いて無駄に疲れたので少しだけお願いして巨木の下で休憩させてもらう
2018年01月29日 09:55撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スリップしまくり2時間歩いて無駄に疲れたので少しだけお願いして巨木の下で休憩させてもらう
少し休憩して再びハイク開始
2018年01月29日 10:08撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し休憩して再びハイク開始
1508のポコは上手く南側から巻いてクリア
2018年01月29日 10:38撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1508のポコは上手く南側から巻いてクリア
1650m付近で南尾根と合流
雪庇の弱点から這い上がる
2018年01月29日 10:50撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1650m付近で南尾根と合流
雪庇の弱点から這い上がる
時折太陽も見えて視界も今のところ良好
2018年01月29日 11:02撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時折太陽も見えて視界も今のところ良好
途中にある美味しそうな面ツルオープン滑りたいが我慢我慢
2018年01月29日 11:13撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中にある美味しそうな面ツルオープン滑りたいが我慢我慢
ハイク開始から3時間半で山頂直下の北東の沢へドロップ
視界は悪い
先頭の自分がノール斜面へ入った瞬間雪崩発生して左側に交わす
このまま谷滑走は危険と判断して右の尾根へ上がり尾根滑走へ切り替える
尾根上からデブリは1600m付近の左カーブまで流れていたのを確認
2018年01月29日 11:32撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハイク開始から3時間半で山頂直下の北東の沢へドロップ
視界は悪い
先頭の自分がノール斜面へ入った瞬間雪崩発生して左側に交わす
このまま谷滑走は危険と判断して右の尾根へ上がり尾根滑走へ切り替える
尾根上からデブリは1600m付近の左カーブまで流れていたのを確認
雪崩た斜面
尾根上からさらに右の沢斜面へ少しでも入りかけたら再び雪崩発生
2018年01月29日 12:01撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪崩た斜面
尾根上からさらに右の沢斜面へ少しでも入りかけたら再び雪崩発生
視界無し雪崩やすい超危険なコンディションだったので藪尾根を滑り高度を下げる
2018年01月29日 12:09撮影 by Canon EOS 7D Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
視界無し雪崩やすい超危険なコンディションだったので藪尾根を滑り高度を下げる
2回目の雪崩もかなり下のブナ林手前まで到達
2018年01月29日 12:09撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2回目の雪崩もかなり下のブナ林手前まで到達
この先のブナ林からはやりたい放題滑走
2018年01月29日 12:09撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この先のブナ林からはやりたい放題滑走
猿倉林道へ合流してボブスレーかとおもいきやリセットされて手漕ぎも少々あり
2018年01月29日 12:20撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
猿倉林道へ合流してボブスレーかとおもいきやリセットされて手漕ぎも少々あり
無事に下山してグリンデルで昼飯食べて帰宅
2018年01月29日 12:41撮影 by FinePix XP120 XP121 XP125, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事に下山してグリンデルで昼飯食べて帰宅
撮影機材:

感想/記録

宿で朝起きて降雪があれば若栗周回しまくり激パウ祭り予定だったがほぼ降雪なし。
降雪も無かったし天気も良くないので比較的標高の低い小日向山へ行ったことなかったので行く事に。
登りの前日トレースに薄っすら降雪で超スリッピー、トレース外してラッセルしても少しましになるがスリッピー斜面で苦戦して体力と時間消耗。
標高1400m近くになると新雪も増えてシールの効きもアップしてやっと普段通り登りやすくなる。
1508mのポコは南側から上手く巻いて南尾根との合流地点で雪庇を這い上がる。
目指す北東の沢手前にもそそられる斜面沢山あるが我慢して目的の沢へ。
始めの中斜面は超安定雪だったがノール急斜面へ入った瞬間雪崩れたので沢滑りは危険と判断して右の尾根滑りへ切り替え。
尾根滑り後さらに右の谷へ少し傾斜した場所でターンすると再び雪崩発生。
ガス&雪崩の超危険コンディションだったので斜度が落ちるまで藪尾根を滑る。
下部のブナ林は安全だったのでやりたい放題滑り猿倉林道へ合流してショートカットもしながら無事下山。
下山後はおきまりのグリンデルでチーズハンバーグ定食を食べて帰宅。


訪問者数:331人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

ガス 急登 林道 雪庇 雪崩 ブナ クリ ブス
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ